日本円のステーブルコイン(JPYA)がIOSTブロックチェーンで公開

暗号資産(仮想通貨)

日本円のステーブルコイン (JPYA) に

2021 年 5 月 18 日のプレス リリースによると、日本円のステーブルコイン (JPYA) は、超高速でガス効率の良い PoB を利用した IOST パブリック チェーンで公開されました。 

これは、IOSTと、17万回以上ダウンロードされた人気のCrossLinkゲームとIOSTベースのNFTプラットフォームであるTokenLinkで最もよく知られている日本の熟練したブロックチェーンゲームおよびサービス開発者であるPlatinum Eggチームとの長期パートナーシップに続くものです。 

日本円のステーブルコインが作成されていますが、まだ普及していません。 

JPYA は、2021年1月に発表されたHUSDの統合に続いて、IOSTで発行された2番目のステーブルコインです。分散型アプリケーションを開発するために、使いやすく安全でガス効率の良いブロックチェーンを探している開発者にとって、IOST は簡単な選択です。

コインチェック

Javascript スマート コントラクトのおかげで、ステーブルコインとDAppsを起動するために、開発者が使いやすいように設計されています。これは、習得が簡単で、機能上の制限がほとんどありません。

ガスのコストが高い他のブロックチェーンと比較して、IOSTは実質的に無料であり、少量の取引に最適なオプションです。

IOSTの共同創設者兼CEOであるJimmyZhongは、次のようにコメントしています。

「日本市場からのIOSTへの大きな上昇と継続的な関心の高まりにより、迅速で安価な取引に最適化された日本円のステーブルコインの発売は、この活気に満ちた重要な市場に対応し続けるための重要なステップです。これは、エコシステムでユーザーの成長を促進するという 2021 年の重要な目標の 1 つとも一致しています。

IOSTチームは、アジア市場におけるブロックチェーンと仮想通貨の成長において重要な役割を果たし続けることを目指していますが、チームはグローバルなフットプリントを拡大することも視野に入れており、2021年以降に向けた野心的なグローバル拡大計画をいくつか持っています。」

プラチナエッグの創業者兼最高経営責任者である竹村成也氏は次のように述べています。

「JPYAは、様々な判例をもとに有識者と議論した結果生まれた、誰もが購入してプリペイド決済の手段として扱うことができる日本円リンクステーブルコイン(IRC-20)です。17万ダウンロードを超える人気ゲーム「CrossLink」や、CrossLinkと連携したNFTマーケットである「TokenLink」など、自社や他社と共同で開発・運営する商品を含め、JPYAが創り出すエコシステムを構築していく予定です。

今後はスマートコントラクトなどJPYAで利用可能な技術を開発・提供することで、日本のブロックチェーン産業の発展に貢献していきます。」

日本でのIOSTの爆発的な成長

IOSTは、日本市場で29番目に準拠したコインであり、日本の金融庁、トレーディングプラットフォーム監視アライアンスによって承認されており、日本で最も準拠している取引所であるコインチェックにリストされている14番目のコインです。 

IOSTの日本での堅実で大規模な開発実績は、本当に称賛に値する偉業です。

関連:【2021年版】暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後の価格予想と将来性

関連:暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック|3つのおすすめポイント

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

コインチェック
bitbank
ビットバンクは専用アプリが使いやすいです。
60種類以上の豊富な分析ツールが搭載。シンプルで簡単に操作できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました