【国内初】LINE BlockchainがJリーグとライセンス契約|NFT、暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)

JリーグとLINEが国内初のライセンス契約を締結し、シミュレーションゲームの提供を予定しています。

LINEが作る新たな経済圏(LINEトークエコノミー)の加速がさらに期待され、暗号資産全体の価格上昇に繋がります。

LINEのネットワークで使用される暗号資産(仮想通貨)LINKは、世界中の多くのユーザーが日常生活でアクセスするLINEと連携することで、広く流通させることが期待できます。

非常に注目度の高い通貨ですので、今後の動向などを解説していきます。

関連:LINEの暗号資産(仮想通貨)LINK(LN)ブロックチェーン|2021年のプロジェクト計画を発表

関連:NFT (非代替性トークン)の特徴と仕組み|楽天、LINE続々参入

LINE Blockchainを採用したシミュレーションゲーム

2021明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全42クラブ800名以上の選手が実名実写で登場するシミュレーションゲームです。

LINE BlockchainがJリーグに選ばれた理由3選
暗号資産(仮想通貨)に馴染みのない人々の利用を見込んでいる
○ LINEアプリが国内8,900万人の利用者に親しまれている
安心して取引ができる環境が整備されている

ユーザーはクラブのオーナー兼監督となり、自分自身のクラブを作り上げリーグの頂点を目指します。

多数のオンラインゲームと同様に基本無料ですぐにプレイすることが可能です。

ゲーム内で育成した選手のカードをNFT化しユーザー間で売買することができ、ユーザーは「実際のスポーツシーンのような体験」をすることができる。

Jリーグの今後の展望
○ シミュレーションゲームやその他のスポーツへの展開。国内にとどまらずグローバルでの展開
○ ゲームに限らず、スポーツ団体・選手、サポーターにとって有益なサービスを企画開発

【Sorare】ブロックチェーンを活用したスポーツゲーム

ブロックチェーンを活用したスポーツゲームでは「Sorare」が有名です。

2021年8月3日にコインチェックが提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」において取り扱いを開始しています。

2021年8月17日より、ネイマール選手や長友佑都選手スター選手49名のNFTをコインチェックで限定販売することが決まっています。

Sorareの特徴

世界中のサッカーファンとゲームファンの間で人気の作品です。

「Sorare」のカード販売量は、世界140か国で月間7,000万ドル(約80億円)を突破しています。

Sorareは、ユーザーはクラブ公式のサッカー選手のデジタルカードを取引することができ、現実のサッカーの試合の戦績がゲームのスコアに反映されます。

ゲーム内で成績上位にランクインすると、暗号資産(仮想通貨)やレアカードなどの賞品を受け取ることが可能です。

関連:Coincheck NFTの特徴と仕組みをわかりやすく解説

関連:【初心者向け厳選】登録必須のおすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所

コインチェック

まとめ

LINEが作る新たな経済圏(LINEトークエコノミー)の加速がさらに期待され、暗号資産全体の価格上昇に繋がります。

LINEのネットワークで使用される暗号資産(仮想通貨)LINKは、世界中の多くのユーザーが日常生活でアクセスするLINEと連携することで、広く流通させることが期待できます。

LINE BlockchainがJリーグに選ばれた理由3選
暗号資産(仮想通貨)に馴染みのない人々の利用を見込んでいる
○ LINEアプリが国内8,900万人の利用者に親しまれている
安心して取引ができる環境が整備されている

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました