【ダウンロード14万を誇るゲーム】クロスリンクがIOSTブロックチェーンを活用|暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)

IOSTブロックチェーン技術を活用したゲーム開発・コンサルティングを行う、株式会社プラチナエッグ(代表:竹村也哉、本社:東京都文京区本郷)が、IOSTパブリックチェーンのトークン規格のひとつである IRC-722 を使ったNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス“TOKEN LINK (トークンリンク) ベータ版“のサービスを開始しました。

IOSTの日本での活用事例

ゲーム分野でのIOST活用

プラチナエッグが提供するGPS連動戦略ゲーム“CROSSLINK クロスリンク“は、 2020年9月のリリース以来、 ダウンロード数14万を超えています。 現実と仮想の連動した世界の中で、 ユーザーはヒーローになり地球外生命体と戦いながら、 活動の貢献度によって報酬を獲得できます。 GPSを連動させて、 仮想世界の中でゲームヒーローが行動を判断して戦いながら目的地に向かわせることもできます。 

GPS連動戦略ゲーム“CROSSLINK クロスリンク“でIOSTトークンでゲーム内アクセサリの購入が可能になりました。 また仮想世界の土地も同じ様にNFT化によって売買することができます。

出典:IOSTより

医療分野でのIOST活用

日本では、 利用者のプライバシーを考慮した(自分のデータは自分で管理する)医療データ共有の実証実験で、株式会社エバーシステムにおいて、IOSTブロックチェーンが選定されました。

  • 株式会社エバーシステム(2018年、 2019年 CEDECに登壇) 
    ブロックチェーン技術を活用した電力取引と医療データの実証実験、 エンターテイメント・アプリケーションの開発実績。IOSTプラットフォームでの開発を行う。 
出典:株式会社エバーシステムより

その他にIOSTブロックチェーンとして、 エンターテイメント・ゲームから公共サービスまで、 さまざま形で活用できます。 このようなデジタル資産が、 二次市場で取り扱われることにより、教育コンテンツ、 ハイアマチュアのクリエーターやアーティストの作品、 それらを組み合わせたチャリティー活動への応用が可能です。 

教育分野での活用、貢献

IOSTは2018年に日本での活動を開始してから教育への貢献を続けています。

2020年までの2年間で、 8つの大学と専門学校、 300名以上の学生たちにブロックチェーン技術の理解と可能性についてのワークショップを無償で行っています。その中でブロックチェーン技術とゲームについては、 学生たちにとっても興味をそそる話題になっています。

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

コメント

タイトルとURLをコピーしました