【ワンコイン500円で購入】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックとは|3つのおすすめポイント

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)で億万長者が続出し「億り人」が話題になっています。

そのため、暗号資産(仮想通貨)に手を出してみたいという方が非常に多いですよね。

しかし、暗号資産(仮想通貨)、特にビットコインがどんなものなのか、どこで購入できるのかわからないという方も多いはずです。

そのような疑問を初心者の方に、暗号資産取引所とはなんなのか、始め方、いくらから買うことができるのか、おすすめの仮想通貨取引所をわかりやすく解説していきます。

■ 初心者の方が仮想通貨を購入するなら、まずはコインチェック(Coincheck)が一番おすすめ。
 

関連:Coincheck(コインチェック)|NFTの特徴と仕組みをわかりやすく解説

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックとは

国内大手取引所「コインチェック」は、2018年に、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入っていて、金融庁に認可された安全性の高い仮想通貨交換業者です。

コインチェック(Coincheck)で無料で口座開設できます。ビットコイン等の仮想通貨が500円から購入ができます。

IOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の16種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。

日本でIOSTを取り扱っているのはコインチェック(Coincheck)ただ1つ
 

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

関連:【2021年版】暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後の価格予想と将来性 

コインチェック

マネックスグループの企業理念

MONEXとはMONEYのYを一歩進め、一足先の未来の金融を表わしています。 
常に変化し続ける未来に向けて、マネックスグループは、最先端のIT技術、世界標準の金融知識を備え、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインし、更には新しい時代の金融を再定義し、全ての個人の投資・経済活動をサポートすることを目指します。

出典:マネックスグループHP

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

コインチェック

コインチェック利用の3つのポイント

暗号資産(仮想通貨)初心者や投資家が抑えておきたい、3つのポイントを紹介します。

1. 使いやすさと安心感

コインチェックはライトユーザー向けに作られており、国内取引所のなかでも、販売所のデザインやアプリの使いやすさで知られ、初心者にオススメしやすい取引所です。

専用のスマホアプリの見やすさには定評があり、特にウィジェット機能の騰落率は多くのトレーダーが重宝しているのではないでしょうか。

出典;コインチェックのウィジェット機能

販売所では、ローソク足の見方や板取引のやり方がわからない初心者でも、手軽に仮想通貨を売買可能です。スプレッドの開きがあるものの、簡単売買の使いやすさは世界中の取引所と比較しても、大きく抜きん出ていると言えるでしょう。

また、コインチェックは、2018年1月に発生した仮想通貨ネムの不正流出事件を受け、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入りました。このため、国内有数の資本力と金融ノウハウを持つマネックスグループの安心感があります。

■ 初心者の方が仮想通貨を購入するなら、まずはコインチェック(Coincheck)が一番おすすめ。
 

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

関連:暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックの売買代金「収益の柱に成長」

関連:コインチェック、日本初のIEOに向けエンタメ特化形チェーン「Palette」のテストネット参加

2. 取り扱い銘柄数が国内最多

コインチェックは国内の取引所の中でも新しい暗号資産(仮想通貨)のアルトコインの上場に積極的です。

XLM(ステラルーメン)やIOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の16種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。(2021年4月7日時点)

暗号資産(仮想通貨)の取引を行うにあたって発生する手数料を「取引手数料」と呼びます。

コインチェックではビットコイン取引所の取引手数料が無料です。指値注文で頻繁に取引を行うトレーダーにはありがたい仕様です。

また、コインチェックは新しい銘柄だけでなく、新しい資産に対しても意欲的な姿勢を見せています。ブロックチェーンゲームなど様々な業界で導入が進むNFT(non-fungible token)に関して、コインチェックは取引するためのマーケットプレイスを開設すると発表しています。

3. 初心者向けのサービスも充実

『CoinCheckつみたて』サービスでは、「暗号資産(仮想通貨)保有したいが、忙しくて手が回らない…」「取引所の板取引はよくわからない」そのようなニーズに答えるため、コインチェックでは、株式でいう積立NISAと同じようなサービス暗号資産(仮想通貨)のつみたてプランを導入しています。

積み立て投資は「ドル・コスト平均法」とも呼ばれ、ビットコインのように価格変動の大きな金融商品について、一定金額かつタイミングを分散して定期的に買い続けることで、安定して資産を増やすのに向いていることから、長期的な資産形成に向いているというメリットがあります。

一方で、市場高騰時などは買値と売値のスプレッドが大きく開くため、注意が必要です。

コインチェックでは、月1万円~10万円の積み立てが可能で、500円単位で金額を選ぶことができます。

長期保有している仮想通貨を有効利用する手だてとして、貸仮想通貨サービスも行っています。

ほかにも、『Coincheckガス』や『Coincheckでんき』など、生活インフラと直結したサービスもあるので、役立つものはないかチェックしておきましょう。

コインチェックでは、ほかにも最大年率5%の貸仮想通貨(レンディング)サービスがあり、資産運用の面でもサービスが充実しているといえるでしょう。

コインチェックのサービス概要

コインチェックでは、取引所と販売所という2つの機能を備えています。

取引所とは、買い手と売り手が直接板取引を行えるもので、手数料が安い代わりに最低限のトレード知識と手間がかかります。

販売所とは、取引所が仮想通貨をユーザーに販売するサービス。簡単かつ即座に購入可能な代わりに、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が存在します。

コインチェック

取り扱い銘柄(2021年4月時点)16種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • XRP(リップル)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラ(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • クオンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

海外の暗号通貨(仮想通貨)の大手取引所のバイナンスでも購入可能です。日本より取引手数料が安いので、海外取引所ではNo. 1です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました