暗号資産ネム(XEM)保有者を対象にしたシンボル(XYM)付与「スナップショット(権利確定日時)」完了

暗号資産(仮想通貨)

新通貨シンボル(XYM)のスナップショットが完了

暗号資産ネム(XEM)保有者を対象にしたシンボル(XYM)付与に向けた「スナップショット(権利確定日時)」とファイナライズが完了した。

新通貨シンボル(XYM)は2021年3月15日(月)にローンチされる。

実施されたスナップショットを基準に、XEM保有量に応じてシンボル(XYM)ローンチ時に1:1の比率で配布されるが、新たな仮想通貨の扱いとなるため、日本国内での取り扱いについては、金融庁など規制当局の承認を待つ必要があり、すぐに取り扱いが開始されないことも想定される。

出典:コインチェックHP

海外の暗号資産(仮想通貨)の大手取引所のバイナンスであれば、発表はまだされていないが早い段階で取引可能になると思われます。日本より取引手数料が安いので、海外取引所ではNo. 1です。

We can confirm that Snapshot happened at approx 04:29 UTC on 12 March at a block height of 3,105,500. Symbol Mainnet launch now follows on 15 March 2021, exact time to be confirmed. #NEM #news#Symbolplatform #snapshot #update #launchpic.twitter.com/Bh4CevLDyu— NEM (@NEMofficial) March 12, 2021

出典:symbolcountdown.com/

  

ネム公式によると、スナップショット実行ブロック(#3,105,500)から360ブロック経過してファイナライズされることで完全な状態となる。予期せぬ攻撃などでブロックチェーンのロールバックが起きた場合に権利を失う可能性があるため、万全を期すのであれば、XEMの移動はそれまで待つ必要があるというものだ。

コインチェック

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック無料開設

海外の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)で無料開設

シンボル(XYM)とは

シンボル(XYM)はNEMグループが開発を手がけるネムブロックチェーンの大型アップデートによってローンチされる新チェーン。以前はカタパルト(Catapault)と呼ばれていた。

シンボル(XYM)の大きな特徴はエンタープライズ向けのハイブリッドチェーンである点。

関連:ネム(NEM)のシンボルとは?将来性や今後の動き(スナップショット)を解説!

ハイブリッドブロックチェーンとは

ハイブリッドブロックチェーンとは、パブリックチェーンとプライベートチェーンの両方の機能を提供することができる。

ブロックチェーンは大きく分けて、公に公開される「パブリック型」と、内部向けの「プライベート型」に分類できる。

この二つにはそれぞれ独特の課題が存在しており、エンタープライズ(法人向け製品)で採用する時のハードルになっている。

このような中、シンボル(XYM)は、プライベートチェーンとパブリックチェーンの両方と互換性があり、両方の長所を生かし、短所をカバーすることができる。

相互運用性を考慮して設計されており、ユーザーは、許可型のエコシステムをプライベートチェーン上に保存し、また、分散化された情報ハブとしてのパブリックチェーンと自由に通信することが可能。

オープンでありながら安全性が高い環境になることが期待される。

さらにネムのAPIは、既存のエンタープライズシステムや、他のネットワーク、ブロックチェーンとのシームレスな統合を保証するものとなっている。

分散化

Symbolのパブリックチェーンは、完全に分散化された台帳で、ハーベスティング(新しいブロックを生成し報酬を得ること)のメカニズム、トークン報酬、および最新のプルーフオブステークプラス(PoS+)コンセンサスを使用して、ノードがネットワークをアクティブにサポートし続けるようにする。

Symbolのコードはすべて完全にオープンソースで透明なものとなっている。

取引に暗号化されたメッセージを掲載可能

パブリックチェーン、プライベートチェーン両方で、トランザクションに暗号化されたメッセージを簡単に追加可能。

トランザクションは第三者にも表示されるが、メッセージ内容はブロックチェーンを保護するのと同じハッシュで保護され、受信者の署名がある場合にのみ読み取ることができる仕組みとなっている。

こうした特徴の他にも、Symbolはエラーやネットワーク攻撃に対してより回復力を備えており、高速である。

以上のような特徴を持ったSymbolは、ピアツーピアの国際決済、貴重品の追跡、アートワークの信憑性の証明、CBDC(中央銀行デジタル通貨)のプラットフォームの提供まで、 様々な用途へのソリューションになることが期待されている。

ネム(NEM)ブロックチェーンの採用事例

ネムは、トークン発行を巡る規制に準拠したフレームワークを構築しており、最近の採用事例では、リトアニアの中銀発行デジタル通貨(CBDC)などがある。

特に新ブロックチェーンSymbolは、セキュリティトークンの発行や管理に役立つ機能を多数装備しており、データ保護や証券法の徹底したコンプライアンスを可能にするものとなっている。

新通貨XYM(ジム)はSymbolのネイティブ通貨。最大供給量は約90億(8,999,999,999XYM)に設定されており、この内およそ73億XYMがスナップショットのXEM保有量に応じてローンチ時に割り当てられる。

国内取引所は、混乱を避けるため、スナップショット前後から送金制限など一部機能を停止していたが、取引は順次再開している。新通貨付与の権利落ちに伴い、ネム(XEM)価格は大幅下落している。

シンボル(XYM)は今後さまざまな分野で活用が想定されており、将来的にも活用されたり、また、新たな暗号資産(仮想通貨)取引所に上場する可能性もあり、さらに価格は上がっていくことでしょう。

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック無料開設

海外の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)で無料開設


コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました