2021-03

暗号資産(仮想通貨)

米国大手VISAが米ドルステーブルコイン(USDC)|暗号資産(仮想通貨)決済開始

決済カードネットワークのVisa(ビザ)は、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン基盤のステーブルコインであるUSDCによる決済を認める方針を発表。 ステーブルコイン(USDC)とは サークル(Circle)とコイン...
暗号資産(仮想通貨)

【未来の技術】IOSTのブロックチェーン技術を活用したPHR(医療データ)導入|暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)IOSTの現在価格は5.37円(2021年3月28日22時時点)となっています。今後、更なる価格の上昇が期待されます。 IOSTは非常に将来性の高い通貨であり、今後、医療との連携に向けた今後の動向を解説していきま...
暗号資産(仮想通貨)

DeFi(分散型金融)の特徴と仕組みをわかりやすく解説|暗号資産(仮想通貨)

DeFi(分散型金融)とは DeFi(分散型金融)とは、ブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションを表す用語。 一般的にはイーサリアム上に構築されたプロトコルやアプリ群を意味し、これらは全てスマートコントラクト(契約の...
暗号資産(仮想通貨)

大手取引所バイナンス決済サービス「BinancePay(バイナンスペイ)」、支払いに対応|33銘柄|暗号資産(仮想通貨)

Binance Payが小売店の決済に対応 大手の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンス(Binance)は2021年3月12日に決済サービス「Binance Pay(バイナンスペイ)」が、小売店の支払いに対応したことを発表...
暗号資産(仮想通貨)

ネム(XEM)保有者を対象にしたシンボル(XYM)付与「スナップショット」完了|暗号資産(仮想通貨)

新通貨シンボル(XYM)のスナップショットが完了 暗号資産ネム(XEM)保有者を対象にしたシンボル(XYM)付与に向けた「スナップショット(権利確定日時)」とファイナライズが完了した。 新通貨シンボル(XYM)は2021年3月...
暗号資産(仮想通貨)

コインチェック(Coincheck)の売買代金「収益の柱に成長」|暗号資産(仮想通貨)取引所

コインチェックの売買高を適時開示へ マネックスグループは2021年3月10日、2021年4月より新たにコインチェック株式会社の「取引所・販売所における暗号資産売買代金」をウェブサイトに掲載することを発表した。 適時開示では、2...
暗号資産(仮想通貨)

コインチェック、エンタメ特化形チェーン「パレット(Palette)」のテストネット参加|暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェック(Coincheck)は、2021年7月1日に「Coincheck IEO」で日本初の試みとしてIEOを実施することを発表しました。 関連:【2021年7月1日開始】コインチェックで日本初の...
暗号資産(仮想通貨)

IOSTが日本を拠点とするHashPaletteと提携!グローバルユーザー向けにNFTを最適化|暗号資産(仮想通貨)

出典:IOSTHP IOSTxハッシュパレット 2021年3月2日、IOSTは、日本を拠点とするHashPaletteブロックチェーンネットワークに参加する最初のプロジェクトの1つとして発表されました。 Hashpalette...
暗号資産(仮想通貨)

IOSTで医療情報を共有、電力取引システムの共同実験|仮想通貨(暗号資産)

オンチェーンとオフチェーンを組み合わせた、ユーザーが安全にデータを管理する仕組みを構築 仮想通貨(暗号資産)IOSTのブロックチェーン技術を活用したアプリケーション開発を行う、エバーシステム株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表:和田...
タイトルとURLをコピーしました