【未来の技術】暗号資産(仮想通貨)IOSTのブロックチェーン技術を活用したPHR(医療データ)の導入|計り知れない価値!

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)IOSTの現在価格は5.37円(2021年3月28日22時時点)となっています。今後、更なる価格の上昇が期待されます。

IOSTは非常に将来性の高い通貨であり、今後、医療との連携に向けた今後の動向を解説していきます。

IOSTブロックチェーンの技術を活用したPHR(医療データ)の導入

IOSTとPHR(医療データ)との連携

PHR(Personal Health Record)とは、個人が管理できる医療健康データのことです。

毎日の血圧や歩数といったバイタルデータを含む様々な情報を記録し、自らの健康状態を可視化することでセルフメディケーションに生かすことができます。

2020年6月から進めてきた医療データ共有プロジェクト"プラクス"において、IOSTのブロックチェーン技術(改ざんのない状態で医療・健康記録を保存等)を活用し、アプリケーション開発を行うエバーシステム株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表:和田 隆夫)、大学発ヘルステックベンチャーのプラクス株式会社(本社:大阪府八尾市、代表:坂上 博俊)とともにIOSTを活用した医療分野での取り組みが進められています。

出典:PR TIMES

現在は実証実験段階ですが、将来的に医療分野での活用が本格化すると、暗号資産(仮想通貨)IOSTの更なる価格の上昇が期待されます。

関連レポート:【IOST実証実験】健康手帳プロジェクト第1フェーズ報告書

コインチェック

医療分野での将来性

医療記録の相互運用時も正確な情報の利用が可能になります。

医療健康データが引き継がれないことによる無駄な再検査回避や、連絡がないための薬の副作用の抑制など、実現することによるメリットは非常に高いものがあります。

IOSTのブロックチェーン上にデータが蓄積されていけば、医療健康データを個人が特定できないように加工した上で、ビッグデータとして、研究目的で提供することも可能になり、予防医学等の分野で技術的な進歩が期待できます。

ブロックチェーン技術とは

ビットコインで実証されたブロックチェーン技術は耐障害性、耐改ざん性に優れた技術として、主に金融分野を中心に広がっています。

世界的にはブロックチェーンの技術は金融分野以外で活用されています。サプライチェーンや医療・ヘルスケアなどへの応用が進んでいて、エストニアなどのブロックチェーンの先進国ではすでに実用段階に入っています。

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました