NCASH(エヌキャッシュ)徹底解説!特徴と価格予想、将来性、買い方

エヌキャッシュ(ncash)の買い方を解説

NCASH(エヌキャッシュ/Nucleus Vision)は、ハーバード大学発の暗号資産(仮想通貨)として、多くの人の関心を集めています。

  • 日本は未上場(取扱いなし)

購入方法は「コインチェック」「ビットバンク(bitbank)」でXRPやIOSTなどの暗号資産(仮想通貨)を購入し、海外取引所に移すことでNucleus Vision(NCASH)が購入できます。

注目のNCASH(エヌキャッシュ)とはどんなコインなのか、その特徴や価格と将来性、取り扱っている取引所について分かりやすく解説します。

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

暗号資産(仮想通貨)NCASH(エヌキャッシュ)の概要

2014年にハーバード大学で設立の小売業者向け顧客識別システムを開発した組織のことをNCASH(エヌキャッシュ)といいます。

IONセンサーという独自の非接触識別システムを使って来店客を識別し、購入履歴や行動などのデータ分析を行うシステムを開発しています。

今後のプロジェクト内容(ホワイトペーパーのロードマップ)

名門ハーバード大学発の暗号資産(仮想通貨)プロジェクトで、2022年までの予定がホワイトペーパーのロードマップに記載されています。

世界的に有名なintel(NASDAQ上場)とパートナーシップ提携

NCASH(エヌキャッシュ)の将来性については、サービス面、開発メンバー、ビジネスパートナーの点でも好材料が揃っています。

  • 世界的に有名なintel(NASDAQ上場)とパートナーシップ提携
  • インドの国際的な小売ブランドのGini&Jonyで運用

すでに大企業との提携実績があるということは、プロジェクトとして非常に期待ができます。

NCASH(エヌキャッシュ)の特徴や将来性

NCASH(エヌキャッシュ)のもつ特徴を3つ紹介します。

独自センサーを使ったIoT(モノのインターネット)プラットフォームを構築

NCASH(エヌキャッシュ)は購入履歴や行動などのデータ分析を行うシステムを開発しています。

オンラインショップで行われているデータ分析やマーケティングを実店舗でも可能にするシステムです。

NCASH(エヌキャッシュ)は、独自センサーを使ったIoT(モノのインターネット)プラットフォームを構築しており、NCASHはERC20トークンでプラットフォーム内にて使用されます。

NCASH(エヌキャッシュ)が小売業界を変革する

インターネットの発達は、ECサイトを誕生させました。多くの消費者は利便性の高い各種のオンラインショップを利用して買い物できるようにます。

最近では評判が高く安心なオンラインショップであれば、それほど疑わず実物を見なくとも商品を購入するようになってきています。

実店舗のデメリットとしては、どんな嗜好を持った顧客が来店しているのかが分からないため、通常、店員は話をしながら顧客が何を求めているのかを知ろうと努力し、商品を提案します。

その点、オンラインではログイン時点で顧客の属性や嗜好を容易に特定できます。

顧客の属性が特定できるので、それまでの履歴から購買にいたるデータ分析が簡単にでき、顧客が何を求めているのか推測でき、おすすめ商品をレコメンドしやすくなります。

ところが、実店舗でもNCASH(エヌキャッシュ)を利用することで、これまで難しかった顧客の購買活動を簡単に把握できるようになります。

NCASH(エヌキャッシュ)には顧客の店舗訪問や、店内を見て回る経路、お気に入りの製品やブランド、顧客が店内で次にとる行動を予測する機能があるからです。

これにより、店員は顧客の嗜好をヒアリングすることなく、顧客におすすめ商品をレコメンドできます。

小売業界以外への展開

NCASH(エヌキャッシュ)が変革対象としているのは小売業界だけでなく、他業種への応用も視野に入れています。例えば、ホームセキュリティシステムで、独自のIoTセンサーを使って潜在的な脅威や、侵入者を特定し、ブロックチェーンを介して関係者にデータを送信することも考えられています。

同様に、ホームセキュリティシステムを応用して、スマートコミュニティやスマートシティ、農業、交通、医療などの分野に向けた大規模アプリケーションが提供できるようになることでしょう。

NCASH(エヌキャッシュ)の課題やデメリット

ここまで、NCASH(エヌキャッシュ)のメリットや特徴に焦点をあてましたが、NCASHのデメリットや課題について包み隠さず解説します

通貨価値の担保がされていない

NCASH一番のネックは価値の担保がされていないこと。

  • NCASHは日本円や米ドルとは違い「発行体」がなく、通貨価値が保証されていない

つまり、世界的に「NCASHは必要ない」という考えが広がり、需要が下がってしまうと価値も下がってしまう可能性があります。

ただ、暗号資産の需要は年々増加傾向にあり、エルサルバドルの法定通貨に選定されたり、決済手段として利用されるなど、需要が0になるとは考えがたいです。

通貨価値が不安定(値動きが大きい)

まだ通貨としての地位が確立できておらず、米ドルや日本円などと比べ値動きが大きい点です。

通貨価値が安定しない主な理由は次の通りです。

  • 暗号資産の歴史は浅く通貨の価値がまだ分からない点がある
  • 規制が万全でなく市場操作されるリスクがある
  • 投機商品として取引されることが多い

逆転の発想でいえば、今は値動きが大きいため短期的に資金を増やす目的では有効です。

不正取引などによる損失の補償がされない

法整備や取引所の体制が発展途上の段階であるため、不正取引などで損失がでた場合でも補償がなされない可能性があります。

ただ、現在の暗号資産取引では「交換業者」と「顧客」が持っている仮想通貨は別々に保管・管理されているためリスクは低いといえます。

NCASH(エヌキャッシュ)の4つのテクノロジー

NCASH(エヌキャッシュ)独自のIONセンサー

即座に約200m以内の顧客を識別し、温度・動き・加速度などがわかるようになっています。
小売業界以外でも、いろいろな場面で応用可能なテクノロジーとなります。

Orbit(ブロックチェーンネットワーク)

Orbitは顧客ID・顧客データ・NCASHトークンの情報を正確かつ安全に、全ての関係者やシステム間で参照できる独自のブロックチェーンネットワークです。

収集した情報をディープラーニングで分析するNEURON

NEURONは、独自のIONセンサーとOrbitで収集したデータをディープラーニングで分析して、リアルタイムで顧客像を作成します。

顧客の詳細を知る、小売業者の指南役のような存在です。

ネットワーク加入店でポイントとして使われるNCASH

店舗側が顧客の各種行動(来店、店内周回等)に対して、顧客にポイントを付与するほか、顧客側はNCASHをポイント還元として店頭で利用もできます。

NCASH(エヌキャッシュ)の取引価格は?

NCASH(エヌキャッシュ)は2018年2月末に公開されました。公開後に買われた時は日本円でいうと4円ほどで、その後3月に2円近くまで下落し、2022年5月時点は1円以下と低位圏にあります。

他の多くの通貨と異なり、暴騰相場での売り残りがあるわけではないので、売り物が少なく上昇しやすいと考えられます。

つまり、NCASH(エヌキャッシュ)には2017年末から2018年1月初旬の大暴騰相場の影響が全くありませんので、近い将来に仮想通貨の大相場があれば素直に上昇していく可能性の高いコインです。

NCASH(エヌキャッシュ)は今後要注目の暗号資産

NCASH(エヌキャッシュ)には、他の暗号資産にはない、いくつかの大きなメリットがあります。

まず、公開時期が2018年2月末なので、暴騰相場を経験しておらず、売り物が少ないため価格が上昇しやすいこと、また、プロジェクトの実需面でもすでに実績があり、開発がかなり進んでいるという安心感があります。

さらに、Intelなどの大企業との提携もあり、IoT関連銘柄としても期待されていることなどの好材料があります。

≫ 米国上場している世界最大手コインベース(Coinbase)の特徴を知りたい方はこちら

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

» コインチェック(Coincheck)徹底解説!買い方や始め方、評判・口コミ、手数料は?

» ビットコイン2,500円分もらえる!コインチェック(Coincheck)新規口座開設キャンペーン実施中!

この記事を書いた人
ゆう

2016年からCoincheckで仮想通貨投資スタート|資金2.5万円から250万円 (100倍以上)|仮想通貨の始め方や基礎知識、NFTゲーム、Gamefiについて発信📱暗号資産/仮想通貨ブログ運営中🥇初心者に必ず知ってもらいたいキャンペーンやお得情報、注意点を惜しみなく公開します。

ゆうをフォローする
Twitterフォロー
通貨(銘柄)
ゆうをフォローする
くり部/仮想通貨カレッジ

コメント