PR

【注目のIEO第2弾】フィナンシェトークン(FNCT)は儲かる?今後のスケジュール、コインチェックで実施

フィナンシェ(FiNANCiE)トークンの買い方

公開前の暗号資産(仮想通貨)を一番安く買うたった1つの方法。それが IEOです。

Coincheck(コインチェック)IEO第2弾「フィナンシェトークン(FNCT)」の購入申し込みが2023年2月21日から始まっています。

購入申込みを開始してからわずか1時間で販売総額(調達目標金額)10億6600万円を突破しています。抽選のため2023年3月7日まで申し込み可能です。

ゆう
ゆう

投資に絶対はないけど、私は全力投球します!

2021年にコインチェックで実施したIEO 第1弾「パレットトークン(PLT)」も購入申込み開始後わずか6分で目標金額を達成しています。

その後、IEO 第1弾「パレットトークン(PLT)は、コインチェック上場直後に10倍以上の爆上げを記録しています。パレットトークンが大成功した理由は次の通りです。

  • 日本国内初のIEOという付加価値
  • 将来有望な銘柄を厳選し、コインチェックで実施
  • 価格が最高23.4倍に!(販売価格4.05円→最高95円)

今回実施されているコインチェックIEO第2弾のフィナンシェトークン(FNCT)は、コインチェックのみで購入可能です。

本記事では、フィナンシェトークンの特徴やスケジュール、実際に儲かるのか?について分かりやすく解説します。

» プレスリリース「フィナンシェトークン(FNCT)のIEO、申込金額が10億6600万円を突破」

  1. フィナンシェトークン(FNCT)はズバリ稼げる?儲かるのか?
  2. フィナンシェトークン(FNCT)のスケジュール【2023年2月21日購入申込開始】
  3. フィナンシェトークン(FNCT)の将来性、価格は?
  4. IEO(Initial Exchange Offering)とは? – 取引所で将来有望な銘柄を厳選 –
    1. 取引所がプロジェクト審査、トークン販売を行う
    2. IEOの特徴やメリット – プロジェクトの信頼性向上 –
  5. フィナンシェトークン(FNCT)の課題やデメリット
    1. 通貨価値の担保がされていない
    2. 通貨価値が不安定(値動きが大きい)
    3. 不正取引などによる損失の補償がされない
  6. IEO第2弾のフィナンシェ(FiNANCiE)とは? – 本田圭佑、長友佑都がアドバイザー –
  7. フィナンシェ(FiNANCiE)とは? – NFT事業やクラウドファンディングを展開 –
    1. トークンを使ってクラウドファンディングができる
    2. 代表者の國光 宏尚とは? – 国内で最も仮想通貨に精通する経営者 –
  8. フィナンシェトークン(FNCT)の購入方法・買い方
    1. フィナンシェトークン(FNCT)の参加条件
  9. 2023年以降に実施される注目のIEO3選
    1. エルフ(ELF)とは?ELF Masters(エルフマスターズ)で利用されるゲームトークン
    2. YAYとは?バーチャルコミュニティ「Yay!」内で利用できる独自トークン
    3. NIDTとは?世界へ発信する新しいアイドルグループで使われるトークン
  10. フィナンシェトークン(FNCT)に関するQ&A
    1. FiNANCiE(フィナンシェ)トークンのスケジュールを教えてください。
    2. フィナンシェトークンは儲かる?稼げるの?
    3. 注目のIEO第二弾フィナンシェトークンのまとめ

フィナンシェトークン(FNCT)はズバリ稼げる?儲かるのか?

私はズバリ稼げる!と考えています。投資に「絶対儲かる!」はないですが、フィナンシェトークンは勝てる確率が限りなく高い投資かなと考えています。

私が勝率が高いと考える理由は下記のとおりです。

  • IEOでは、仮想通貨取引所の厳しい審査を通過したプロジェクトのみ資金調達を行える
  • 審査の基準は取引所によって異なりますが、コインチェックは国内No. 1の仮想通貨取引所
  • セキュリティの厳しい国内取引所というだけでもIEOの審査はかなり厳しい
  • 需要が高い!購入申込み開始わずか1時間で販売総額(調達目標金額)10億6600万円を突破

そのため、コインチェックは厳しい審査を設け、上場後に利益が見込めるプロジェクトしか採用しません。

ゆう
ゆう

もしいい加減な審査をすると、詐欺まがいのプロジェクトもトークンを発行できて、投資したユーザーが損をします。

そうなれば、いい加減な審査をしたコインチェックの信頼はだだ落ちだからね。

コインチェックのIEOは結果として次の大きなメリットがあります。

  • 詐欺プロジェクトに投資してしまうリスクがない
  • トークン上場後も価格が高騰しやすく稼ぎやすい

コインチェックIEO 第1弾「パレットトークン(PLT)は、上場直後に10倍以上の爆上げを記録し、大成功しています。理由は下記のとおり。

  • 日本国内初のIEOという付加価値
  • 将来有望な銘柄を厳選し、コインチェックで実施
  • 価格が最高23.4倍に!(販売価格4.05円→最高95円)

上記のことから、私はフィナンシェトークンを儲かる可能性が高いと考え、全力で購入しにいきます。

投資である以上、リスクがあることに変わりはありません。Coincheckからの2度目のIEOということで幅広い人に注目されていますが、必ず儲かるというわけではありません。

特に、上場直後の仮想通貨の値動きは非常に激しく、売買のタイミングがずれると思っていた利益を得られないばかりか、損失を負うリスクもあります。

「フィナンシェトークンは絶対儲かる」と思い込まず、自分で情報収集に努めましょう。自分のリスク許容範囲や余剰資金で、余裕をもって申し込むのが良いでしょう。

フィナンシェトークンの購入申し込みには、コインチェックの口座が必要となります。

フィナンシェトークンを買えるのはコインチェックだけ!

フィナンシェトークン(FNCT)のスケジュール【2023年2月21日購入申込開始】

Coincheck IEOの第2弾のフィナンシェトークン(FNCT)の購入申し込みは現在実施中です。

フィナンシェトークンのスケジュールとIEO第1弾「パレットトークン」の申込倍率、金額の表を右欄に掲載します。スケジュールは下記の通りです。

通貨名

フィナンシェトークン

【参考】パレットトークン
購入申込み開始2023年2月21日 12時2021年7月 1日 12時
購入申込み終了2023年3月7日 12時2021年7月15日 18時
トークンの受渡し2023年3月8日〜9日2021年7月20日(抽選)
トークン取扱開始2023年3月16日 12時2021年7月29日 12時
申込口座数63,853 口座
申込金額224.5億円
販売総額9.3億円
申込倍率
(申込金額合計/販売総額)
24.11 倍
公式HP詳細を見る詳細を見る

» プレスリリース フィナンシェとコインチェック、「フィナンシェトークン(FNCT)」のIEOを2月21日に実施

» パレットトークン(PLT)特徴と価格予想、将来性、買い方|コインチェックIEO第1弾

フィナンシェトークン(FNCT)の将来性、価格は?

フィナンシェトークンの将来性が高いポイントは以下の5点です。

  • 国内、海外問わず取引所で新規上場する可能性が高い
  • 需要が高いNFT関連のプロジェクト
  • 日本の大企業からも複数支持されている
  • 現在、開発段階で今後も進化し改良される
  • 今後ステーキングが可能となる

フィナンシェトークンが今後、コインチェック以外の国内取引所や世界の大手取引所のBinance(バイナンス)、Coinbase(コインベース)で取扱開始すれば、需要が高まり価格が上昇する可能性が高いです!

IEO(Initial Exchange Offering)とは? – 取引所で将来有望な銘柄を厳選 –

IEO(Initial Exchange Offering)の販売モデルやメリットを紹介します。

  • 取引所がプロジェクト審査、トークン販売を行う
  • IEOの特徴やメリット

取引所がプロジェクト審査、トークン販売を行う

IEO(Initial Exchange Offering)とは、企業やプロジェクト等がユーティリティ・トークンを電子的に発行することです。

資金調達を行う仕組みICO(Initial Coin Offering)のなかでも、仮想通貨取引所が主体となってプロジェクト審査、トークン販売を行うモデル。

IEOの特徴やメリット – プロジェクトの信頼性向上 –

IEOは従来のICO(Initial Coin Offering)と比較すると次のメリットがあります。

  • プロジェクトの信頼性向上(仮想通貨取引所で審査)
  • 流動性が担保されやすい(新規上場を前提とした資金調達)

IEOは、資金調達したい企業がトークンを発行し、その販売を取引所に委託。取引所は自社での上場・販売を前提に、発行するトークンだけでなく、発行元企業についても十分に調査します。

海外大手の仮想通貨取引所バイナンスでは、新たなインセンティブ設計の手段としてIEOがすでに活用されています。

≫ バイナンスのIEO結果はこちら(バイナンスで一番安く仮想通貨を買う方法)

フィナンシェトークン(FNCT)の課題やデメリット

ここまで、フィナンシェトークン(FNCT)のメリットや特徴に焦点をあてましたが、フィナンシェトークンのデメリットや課題について包み隠さず解説します。

通貨価値の担保がされていない

一番のネックは価値の担保がされていないこと。

  • 日本円や米ドルとは違い「発行体」がなく、通貨価値が保証されていない

つまり、「フィナンシェトークンは必要ない」という考えが広がり、需要が下がると価値も下がってしまう可能性があります。

ただ、仮想通貨の需要は年々増加傾向にあり、エルサルバドルの法定通貨に選定されたり、決済手段として利用されています。

今後、需要が0になるとは考えがたいです。

通貨価値が不安定(値動きが大きい)

仮想通貨は地位を確立できていないため、米ドルや日本円などと比べ値動きが大きいです。

通貨価値が安定しない主な理由は次の通りです。

  • 仮想通貨の歴史は浅く通貨の価値がまだ分からない点がある
  • 規制が万全でなく市場操作されるリスクがある
  • 投機商品として取引されることが多い

逆転の発想でいえば、値動きが大きいため短期的に資金を増やす目的では有効です。

不正取引などによる損失の補償がされない

法整備や取引所の体制が発展途上の段階であるため、不正取引などで損失がでた場合でも補償がなされない可能性があります。

ただ、現在の仮想通貨取引では「交換業者」と「顧客」が持っている仮想通貨は別々に保管・管理されているためリスクは低いといえます。

IEO第2弾のフィナンシェ(FiNANCiE)とは? – 本田圭佑、長友佑都がアドバイザー –

フィナンシェトークン(FiNANCiE)を知ろう

CoincheckのIEO第2弾の「フィナンシェトークン」とは株式会社フィナンシェが発行する仮想通貨です。

株式会社フィナンシェはgumi創業者「國光宏尚」氏が代表を務めています。事業内容はNFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開しています。

サッカー選手の本田圭佑や長友佑都がアドバイザー

現在はJ1サッカークラブ「湘南ベルマーレ」やTリーグ優勝の卓球プロチーム「琉球アスティーダ」などのスポーツクラブのトークンを中心として、トークンの発行・販売、企画・運用を行っています。

引用:株式会社フィナンシェ

フィナンシェトークンはNFTプラットフォームに用いられる仮想通貨で、今後もさらに注目される可能性が高いといえます。

» NFTアート徹底解説!特徴と価格予想、将来性、購入方法、買い方|出品方法

フィナンシェ(FiNANCiE)とは? – NFT事業やクラウドファンディングを展開 –

株式会社フィナンシェは、ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開。

トークン(FT&NFT)の発行、企画・運用により新しい価値を生み出すトークンエコノミーの実現を目指しています。

会社名フィナンシェ|FiNANCiE
住所東京都渋谷区26-1セルリアンタワー15F
設立2019年1月
代表者國光 宏尚
事業内容ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やトークン型のクラウドファンディング
アドバイザー本田 圭佑
長友 佑都
佐藤 ノア
箕輪 厚介
三浦 崇宏
宮口 あや
平野 淳也
石塚 亮
会社HPhttps://financie.jp/

フィナンシェでは今後さらに、映画やアニメなどのエンターテインメント分野へもクラウドファンディングを進めていく予定です。

クラブトークンだけでなく、NFTの発行や運用も行っていて、NFTの流通の面で「Coincheck NFT(β版)」との連携も見込まれます。

NFTについて詳しくは「NFTアートの購入手順とやり方|活用方法や課題、問題点」で解説しています。

トークンを使ってクラウドファンディングができる

フィナンシェは、ブロックチェーンベースで構築される新しいジャンルのクラウドファンディングサービス。

  • トークンを利用してプロジェクトのオーナーを金銭的に支援
  • ミッションに参加して活動の直接サポート
  • トークン保有者はオーナーから限定特典(オフ会参加・限定グッズなど)を受ける権利を獲得

フィナンシェが従来のクラウドファンディングと異なるのは、単発の支援では終わらない仕組み。

「クラブトークン」というサービス内の通貨を使って、継続的に活動を支援しながら、オーナーとトークンホルダーによるコミュニティ活性化を目指しています。

代表者の國光 宏尚とは? – 国内で最も仮想通貨に精通する経営者 –

フィナンシェ代表取締役の國光 宏尚氏は、上場企業gumiの創業者であり代表取締役社長(2021年7月に退任)。これまで仮想通貨関連のファンドで出資を進めてきました。

会社名株式会社gumi
住所東京都新宿区西新宿4-34-7 住友不動産西新宿ビル5号館3階
設立2007年6月
代表者川本 寛之
事業内容モバイルオンラインゲーム事業
XR事業(VR、AR、MR等)
ブロックチェーン事業
会社HPhttps://gu3.co.jp/company/history/
※XRとは、VR(Virtual Reality)、AR(Augmented Reality)、MR(Mixed Reality)を指します。

國光 宏尚氏はブロックチェーンやNFT(非代替性トークン)、DeFi(分散型金融)のイーサリアム(ETH)経済圏など、国内で最も仮想通貨に精通する経営者として有名です。

フィナンシェの國光CEOが関わっているキャプテン翼のブロックチェーンゲームについて、詳しくは「【キャプテン翼RIVALS(ライバルズ)】ブロックチェーンゲームの攻略方法、稼げる?IEOも実施予定」で解説しています。

日本で仮想通貨フィナンシェトークンを購入できる取引所はIEO第2弾を実施するコインチェックだけです。口座開設から入金、購入までの手続きの流れは以下の通りです。

  1. コインチェックで口座開設(無料)をする
  2. コインチェックに日本円を入金する
  3. コインチェックでフィナンシェトークンの購入申込(抽選)する

フィナンシェトークンを買えるのはコインチェックだけ!

フィナンシェトークン(FNCT)の参加条件

フィナンシェトークンの主な参加条件・手数料率は次の通り。

販売枚数26億枚
販売価格0.41円/FNCT
1口あたりの数量10,000FNCT(4,100円)
申込口数上限2,000口(820万円)
販売手数料8%
日本円ロック・申込時に口座の払込金額相当の日本円がロック
・ロック中は外部送金・仮想通貨の購入はできない
抽選方法口数ごとに抽選を実施するランダム抽選(部分当選あり)
コインチェックの口座開設必須

コインチェックIEO第二弾のフィナンシェトークンは、2022年5月にGMOコイン実施された「FCRトークン」の暴落の影響で参加を見送るユーザーが多いと予想していましたが、

購入申込みの開始からわずか1時間で販売総額(調達目標金額)10億6600万円を突破しました。抽選となるため、2023年3月7日まで申し込み可能です。

ゆう
ゆう

投資に絶対はないけど、私は勝てると見込んで全力投球します!

2023年以降に実施される注目のIEO3選

2023年以降に実施される「FNCT」以外で注目の「IEO」3銘柄は次の通りです。

IEO銘柄サービス発行元スケジュール取引所詳しく解説


ELF
P2E型ブロックチェーンゲームHashPalette2023年中ビットフライヤー詳細を見る

YAY
匿名通話ができるSNSナナメウエ2023年中ビットフライヤー詳細を見る


NIDT
アイドル関連プロジェクトオーバース2023年初DMM bitcoin
コインブック
詳細を見る

エルフ(ELF)とは?ELF Masters(エルフマスターズ)で利用されるゲームトークン

出典:ELF Masters公式サイト

「ELF」はHashPaletteが開発するP2E型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters(エルフマスターズ)」で利用されるトークン。

  • エルフとマスターとともに世界を冒険するファンタジーアドベンチャー
  • ゲームをプレイすることによって、パレットトークン(PLT)を報酬として獲得
  • 今後は段階的に独自のガバナンストークンであるELFトークンに代替されていく予定

エルフ(ELF)について詳しくは「【要注目】ELF Masters(エルフマスターズ)とは?biFlyer(ビットフライヤー)で実施予定のIEOを徹底解説!」で解説しています。

YAYとは?バーチャルコミュニティ「Yay!」内で利用できる独自トークン

「Yay!」はグループ通話や同じ趣味を持つユーザー同士で集まれる機能が特徴の通話アプリです。ユーザー数500万人を超えています。

  • 匿名でやり取りができて、個別チャットでは電話可能
  • 学生を対象としたコミュニケーションアプリ「ひま部」がベース
  • 10〜20代が中心ユーザー

「YAY」トークンは、ビットフライヤーのIEOによって発行予定の仮想通貨。

バーチャルコミュニティ「Yay!」内で利用できる独自トークンになります。Yay!上でトークンエコノミーを形成すると発表されており、今後の展開に期待です。

詳しくは「【注目のIEO】Yay!(イェイ)とは?biFlyer(ビットフライヤー)×ナナメウエで実施予定」で解説しています。

NIDTとは?世界へ発信する新しいアイドルグループで使われるトークン

「NIDT」とは、Nippon Idle Token(日本アイドルトークン)の略で、メタバースなどの事業を展開する「株式会社オーバース」と仮想通貨取引所DMM BitcoinでのIEOで発行予定の仮想通貨。

  • オーバースは、従来のアイドルグループにはない「ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」をミッション
  • 世界に向けて発信する新しいアイドルグループを創造するプロジェクトを展開
  • 総合プロデューサーは、AKB48や乃木坂46などを手掛けたことで知られる秋元康

NFT(非代替性トークン)技術を使ったデジタルグッズの提供や、メタバースを通じた世界へのアイドル活動の発信を計画しています。

詳しくは「【注目のIEO】バーチャルアイドル「オーバース」とは?IEO予定のNIDTを徹底解説!」で解説しています。

フィナンシェトークン(FNCT)に関するQ&A

FiNANCiE(フィナンシェ)に関するQ&Aを見ていきましょう。次の通り。

  • フィナンシェトークンのスケジュールを教えてください。
  • フィナンシェトークンは儲かるの?

FiNANCiE(フィナンシェ)トークンのスケジュールを教えてください。

フィナンシェトークンのスケジュールは下記のとおりです。

参考にコインチェックIEO第1弾「パレットトークン」の申込倍率、金額の表も右欄に掲載します。今冬にIEOを実施と発表がありました。

通貨名

フィナンシェトークン

【参考】パレットトークン
購入申込み開始2023年2月21日 12時2021年7月 1日 12時
購入申込み終了2023年3月7日 12時2021年7月15日 18時
トークンの受渡し2023年3月8日〜9日2021年7月20日(抽選)
トークン取扱開始2023年3月16日 12時2021年7月29日 12時
申込口座数63,853 口座
申込金額224.5億円
販売総額9.3億円
申込倍率
(申込金額合計/販売総額)
24.11 倍
公式HP詳細を見る詳細を見る

Coincheck IEOの第1弾のパレットトークン(PLT)のスケジュールをもとに、フィナンシェトークン(FNCT)のスケジュールの発表がありました。

» プレスリリース フィナンシェとコインチェック、「フィナンシェトークン(FNCT)」のIEOを2月21日に実施

フィナンシェトークンは儲かる?稼げるの?

投資である以上、リスクがあることに変わりはありません。Coincheckからの2度目のIEOということで幅広い人に注目されていますが、必ず儲かるというわけではありません。

特に、上場直後の仮想通貨の値動きは非常に激しく、売買のタイミングがずれると思っていた利益を得られないばかりか、損失を負うリスクもあります。

「フィナンシェトークンは絶対儲かる」と思い込まず、自分で情報収集に努めましょう。自分のリスク許容範囲や余剰資金で、余裕をもって申し込むのが良いでしょう。

フィナンシェトークンの購入申し込みには、コインチェックの口座が必要となります。

注目のIEO第二弾フィナンシェトークンのまとめ

コインチェック、IEO第2弾 フィナンシェトークン申込開始 3月7日まで

本記事では将来性も期待できるフィナンシェトークンの特徴や仕組み、IEOについて紹介しました。

Coincheck(コインチェック)IEO第1弾のパレットトークンで大成功をおさめ、IEO第2弾の申込を現在実施中(2023年3月7日まで申込可能)です。

パレットトークンが大成功した理由は下記のとおりです。

  • 日本国内初のIEOという付加価値
  • 将来有望な銘柄を厳選し、コインチェックで実施
  • 価格が最高23.4倍に!(販売価格4.05円→最高95円)

私はフィナンシェトークンについて、IEO第1弾のパレットトークン(PLT)以上の可能性を感じています。

コインチェックIEO第1弾でも大成功をおさめましたが、IEO第2弾のフィナンシェトークンでも大きな成功をおさめると期待しています。

フィナンシェトークンを買えるのはコインチェックだけ!

当ブログでは、投資や仮想通貨などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

» コインチェック(Coincheck)徹底解説!買い方や始め方、評判・口コミ、手数料は?

コメント