【顧客満足4年連続1位】JACリクルートメントの評判!リベ大両学長もオススメ

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)は、非公開求人が豊富で、特に30代~50代のキャリアアップに利用がおすすめです。

登録は無料で、約1,200名の在籍コンサルタントの対応が丁寧、専門性が高いと口コミでも評判で、ハイクラス・ミドルクラス転職のオリコン顧客満足度調査で4年連続1位の実績を持つ転職エージェント。

JACリクルートメントの会社概要、サービス内容から登録の流れを解説します。

  1. リベラルアーツ大学の両学長もオススメの転職エージェント
  2. JACリクルートメントの会社概要
  3. JACリクルートメントの2022年の決算状況
    1. JACリクルートメントの2022年の取り組み状況
  4. 取り扱い求人社数は12,350社、求人情報の約6割はWEBサイトに公開されていない
    1. 世界11カ国に広がるネットワーク、国内大手やグローバル企業の採用案件が多い
      1. イギリス、ドイツ、シンガポールやマレーシアなど世界11ヶ国に拠点
    2. 対応・サポート専門性が高く94.7%が知人や友人におすすめしたい
      1. JACリクルートメントのコンサルタントは各業界に精通、安心して相談できる
      2. 転職活動の始めから転職後のフォローまで対応やサポートが丁寧
  5. 良い評判が多い一方で悪い評判も!JACリクルートメントの注意点・デメリット、口コミ
    1. 職務経験やスキル次第では求人紹介がない場合も?注意が必要
      1. マネジメントなどの業務経験を重視する内容の求人案件が多く、20代向けは少ない
  6. JACリクルートメントを利用した転職活動の流れ
    1. 公式WEBサイトで無料登録
    2. 約1,200名の担当キャリアコンサルタントとの面談・求人紹介
      1. JACリクルートメントのキャリア面談は平日19時半まで実施、電話も可能
    3. 3. 書類選考・面接(コンサルタントによる面接対策やサポートも)初めてでも安心
    4. 4. 内定・入社(転職活動の開始から入社までサポート)
  7. まとめ

リベラルアーツ大学の両学長もオススメの転職エージェント

両学長がいつも言っているのは『転職にはリスクがあるけど、転職活動にはリスクがない。自分の収入アップにも繋がる可能性があるから、まず行動してみよう!』ということ。

確かに自分の収入もアップする可能性もあるし、内定が出たとしても、条件が折り合わなければやめればいいだけと納得させられます。

今回は、両学長の動画を1つ残らず視聴しているリベ大マニアの自分が、両学長おすすめのJACリクルートメントに関する情報をすべてまとめましたので紹介します。 

リベ大両学長おすすめの転職エージェント3選

JACリクルートメントの会社概要

会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
本社所在地〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14階
Tel. 03-5259-9221
設立1988年3月7日
資本金6億7,226万円
事業内容人材紹介事業 
厚生労働大臣許可番号:13-ユ-010227
子会社株式会社 JAC International
株式会社シー・シー・コンサルティング
JAC Recruitment International Ltd
株式会社バンテージポイント
拠点世界11ヵ国・25拠点
国内拠点東京本社 北関東支店 横浜支店 名古屋支店 静岡支店
大阪支店 京都支店 神戸支店 中国支店 福岡支店
海外拠点シンガポール
マレーシア(クアラルンプール/ジョホール/ペナン)
インドネシア(ジャカルタ) タイ(バンコク/チョンブリ)
中国(上海/香港特別行政区) 韓国(ソウル)
ベトナム(ホーチミン/ハノイ) インド(グルガオン)
英国(ロンドン) ドイツ(デュッセルドルフ)
従業員数1,503名
(内訳)
JAC Recruitment:1,036名
JAC International:29名
シー・シー・コンサルティング:24名
JAC Recruitment International:383名
(バンテージポイント:31名の合計/2022年3月末現在)
中途採用比率2019年度末:78% 2020年度末:61%
2021年度末:94%
(JAC Recruitment 日本のみ/公表日:2022年6月9日)

JACリクルートメントの2022年の決算状況

JACリクルートメントの2022年の取り組み状況

2022年の国内求人広告の状況
・有効求人倍率は堅調維持、特定業界除き求人意欲は高い
・サービス提供の行動規範“JAC Standard”の策定を開始
 →グループ全体に適用、階層ごとの指導概要とハンドブックを作成
・認知度向上・求職者募集の広告投資をマスメディア含め拡充
 →5月からTVCMの放映開始を予定
・コンサルタント採用のさらなる強化
 →採用担当部門の整備と増員、関連予算も増額
国内求人広告事業
・成功報酬型商品へのシフトを図り月次売上高は順調に回復、3月は単月黒字に
海外人材事業
・シンガポール、マレーシア、韓国、英国、ドイツなどでは業績回復
・一方、中国などアジアの一部でCOVID-19によるロックダウンがいまだ影響

取り扱い求人社数は12,350社、求人情報の約6割はWEBサイトに公開されていない

JACリクルートメントの取り扱い求人社数は12,350社あり、名前を聞いただけで分かる大手企業など幅広い。

  • メディカルや金融
  • ITなど専門性の高い業界にも対応

転職支援実績は、技術系から営業、経営・事業計画、総務・人事まで転職支援対象職種が幅広く、JACリクルートメントの求人情報の約6割はWEBサイトに掲載されていない情報です。独占求人も多いのも特徴。

世界11カ国に広がるネットワーク、国内大手やグローバル企業の採用案件が多い

JACリクルートメントの運営会社・株式会社ジェイエイシーリクルートメントには世界11ヶ国に拠点があり、外資系企業やグローバル企業などの求人が多い点も特徴です。

イギリス、ドイツ、シンガポールやマレーシアなど世界11ヶ国に拠点

JACリクルートメントの運営会社・株式会社ジェイエイシーリクルートメントは1975年にイギリスで創業の日系転職エージェントからスタート。

  • イギリス、ドイツ、シンガポールやマレーシアなど世界11ヶ国に拠点を展開
  • 海外拠点を活かした外資系企業や海外進出企業の求人紹介に強い

グローバル企業や海外の仕事では、自分のスキル次第でより高い年収のポジションに就くことも可能

対応・サポート専門性が高く94.7%が知人や友人におすすめしたい

JACリクルートメントの担当コンサルタントは各業界や職種別の、専門性の高い転職のプロの点も利用メリット。

94.7%の利用者が知人や友人におすすめしたいと回答する(2021年JACリクルートメント公式サイトのアンケート調査結果)など、実際の利用者の評価も高い転職エージェントです。

転職エージェントの選び方は、求人数やサービス内容に加えて担当コンサルタントの力量や自分との相性も重要です。

総勢約1200名の業界・職種別コンサルタントによる丁寧な対応・サポートでもJACリクルートメントはおすすめのサービスです。

JACリクルートメントのコンサルタントは各業界に精通、安心して相談できる

他の総合転職エージェントと比較して、JACリクルートメントには各業界出身者のコンサルタントも多く、業界の専門知識にも精通し、専門職でも的確なキャリアコンサルティングが可能な点が強み。

転職支援実績も豊富です。職務経歴書など応募書類の書き方や面接準備のサービスもあり、安心して相談できます。

転職活動の始めから転職後のフォローまで対応やサポートが丁寧

JACリクルートメントの担当コンサルタントは転職活動の始めから転職後のフォローまで対応やサポートが丁寧。評価が高い理由は次の通りです。

  • 担当コンサルタントの転職支援経験
  • 企業の最新情報を活用した職務経歴書類作成や面接対策
  • 面接の日程調整、面接後のフィードバック、内定後の雇用条件の交渉まで転職のプロによる手厚いサポート

転職エージェントの利用は、詳細な企業情報や不採用理由など、転職サイトでは教えてもらえない情報を知れるという点でも大きなメリットです。

約43万人の転職活動の支援実績があるJACリクルートメントは、豊富な転職市場の情報や求人紹介実績を活かした転職支援で安心できると、口コミでも評判の転職エージェントです。

オリコン顧客満足度調査→『ハイクラス・ミドルクラス転職』部門で4年連続総合1位

良い評判が多い一方で悪い評判も!JACリクルートメントの注意点・デメリット、口コミ

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)の登録・利用者の口コミを紹介します。高年収で質の高い求人やコンサルタントの対応について良い評判が多い一方で悪い内容の評判や口コミも。JACリクルートメントの注意点やデメリットを紹介します。

職務経験やスキル次第では求人紹介がない場合も?注意が必要

JACリクルートメントは高年収の求人が多いと評判ですが、自分の職務経験やスキル次第ではコンサルタントとの面談後に求人を紹介してもらえない場合もある点に注意が必要です。

30歳以上で年収やキャリアアップしたい場合でも、条件によっては転職の支援が難しい可能性もある点はJACリクルートメントのデメリットです。

一方で公式サイトで自分の希望条件に合う仕事がなくても、非公開求人から紹介可能な場合もあります。専門性の高いスキルや職務経験があれば他の転職サイトや転職エージェントと併せて登録するのがおすすめ!

他の転職エージェントにも高年収案件はあり、JACリクルートメントと他の転職支援サービスの併用で成功確率も高まり、おすすめです。

マネジメントなどの業務経験を重視する内容の求人案件が多く、20代向けは少ない

JACリクルートメントなどハイクラス求人に特化した転職エージェントや転職サイトでは、マネジメント経験や職務経歴など業務経験を重視する内容の求人案件が多く、若手向けの案件は少ない場合がほとんど。

20代や第二新卒で年収・キャリアアップ希望の場合は、マイナビエージェントなど他の総合転職エージェントに登録し、年収・キャリアアップ可能な案件の紹介を受けるのもおすすめです。

複数の転職支援サービスに登録、利用すればキャリアアップや転職成功可能性も高まります。

JACリクルートメントを利用した転職活動の流れ

JACリクルートメントのサービスを利用する流れを紹介します。

公式WEBサイトで無料登録

JACリクルートメントのサービスの利用には、まず公式WEBサイトで無料会員登録が必要です。

  • 会員登録画面でメールアドレスを登録
  • 受信したメールのURLから会員登録に進みます
  • 登録内容は氏名や電話番号などの連絡先、直近の職務経歴や年収など、履歴書・職務経歴書があればアップロードも可能
  • 登録完了後、JACリクルートメントの担当者から連絡が入り、面談に進みます(すべて無料で利用可能
  • 自分の市場価値が知りたい、今後のキャリアについて相談したい方にも口コミの評判が良く、まずは無料登録がおすすめ

登録時は簡単な経歴の入力だけでサービスの利用を開始できる転職エージェントもある一方、JACリクルートメントでは詳細な情報の登録が最初に必要で、まとまった時間がある時の登録手続きがおすすめです。

約1,200名の担当キャリアコンサルタントとの面談・求人紹介

JACリクルートメントの担当コンサルタント(キャリアコンサルティングアドバイザー)とのキャリア面談では、

  • 転職目的・希望条件の確認
  • スキル・キャリアの棚卸
  • キャリアプランについてアドバイスを受けます。

JACリクルートメントの約1,200名のキャリアコンサルタントは各業界・職種に精通し、オリコン顧客満足度調査でも4年連続1位を獲得しています。専門知識豊富で対応が丁寧と評判も良く、60~90分のカウンセリングではキャリアに関する悩みを安心して相談できます。

面談では、面談内容をもとに公開・非公開求人から自分におすすめの求人情報の紹介もあります。

JACリクルートメントのキャリア面談は平日19時半まで実施、電話も可能

JACリクルートメントのキャリア面談は各オフィス(東京、埼玉、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島)で、平日夜19時半まで実施しています。

仕事帰りにも参加できる上、電話面談も可能で、就業中の方も利用しやすいと口コミでの評判も高いです!

3. 書類選考・面接(コンサルタントによる面接対策やサポートも)初めてでも安心

求人紹介の中から気になる企業・仕事があれば、担当コンサルタントを通じ、企業へ推薦、書類選考に進みます。

履歴書や職務経歴書など応募書類の添削さポートもあります。面接対策などのアドバイスも可能で、面接の日程調整もJACリクルートメントがサポートし、初めての転職活動でも安心と口コミでも良い評判です。

4. 内定・入社(転職活動の開始から入社までサポート)

最終面接後、JACリクルートメントから内定の連絡を受けます。内定後はJACリクルートメントの担当者が企業と条件交渉や入社時期の調整を代行してくれます。

新しい会社へスムーズに転職できるようなサポートも充実しています。転職活動から入社までサポートが丁寧と評判も良く、おすすめの転職エージェントです。

まとめ

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)のサービス内容やおすすめの理由、利用者の評判や口コミを紹介しました。

JACリクルートメントは国内大手や外資・グローバル企業など取引企業が多く、質の高い高年収求人も多い、おすすめの転職エージェントです。

リベ大の両学長がいつも言っているのは『転職にはリスクがあるけど、転職活動にはリスクがない。自分の収入アップにも繋がる可能性があるから、まず行動してみよう!』ということ。

また、両学長は、「エージェントとは相性の良し悪しもあるので、できれば複数のエージェントに登録してみた方が良い!」と動画で伝えています。迷ったら複数登録がオススメです。

この記事を書いた人
ゆう

2017年からCoincheckで仮想通貨投資スタート #BTC |資金2万円から250万円 (125倍以上)📈投資を始めたとき知りたかった情報を惜しみなく発信します。|GMOインターネット関連(仮想通貨取引所グループ)所属|暗号資産/仮想通貨のブログ運営💻初心者が気をつけるポイントを分かりやすく解説します。

ゆうをフォローする
Twitterフォロー
お金を貯める
ゆうをフォローする
くり部/仮想通貨カレッジ

コメント