mineo(マイネオ)の支払い方法は3種類!デビットカード・プリペイドカード、口座振替も使える

  • 格安SIMを持ちたいけど、クレジットカードの審査に落ちて契約できない
  • 債務整理中でクレジットカードを持てないけど、格安SIMを契約したい

格安SIMや携帯電話料金の支払いは、クレジットカード払いを基本としている会社がほとんどですが、mineoならデビットカードで支払いできます。

mineoの3つの支払い方法があります。

  1. クレジットカード
  2. 口座振替
  3. デビットカード・プリペイドカード

口座振替はeo光ネットを契約している限定で、デビットカードやプリペイドカードは確実に使えるわけではないので注意が必要です。

この記事ではmineoのデビットカード支払いの注意点や、mineoのデビットカードの口コミも紹介します。

mineo(マイネオ)の支払い方法は3種類

mineo(マイネオ)の料金の支払い方法は主に以下の3種類があります。

  1. クレジットカード
  2. 口座振替
  3. デビットカード・プリペイドカード

他社の格安SIMでは、クレジットカードしか受け付けていない場合が多いですが、mineoでは口座振替やデビットカードの支払い方法を選択できます。

PayPayやLINE Payなどの電子マネーの支払いには対応していません。

支払い方法①:クレジットカード - 一番オーソドックスな支払い方法 –

mineoの支払い方法は、クレジットカードが基本となっています。

クレジットカード以外の支払い方法は、“例外的”な方法となっているため、特別な理由がない限りはクレジットカード払いとなります。

mineoでは次の会社が発行するクレジットカードの支払いが可能です。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • American Express

(参考:mineoユーザーサポート|よくあるご質問

支払い方法②:口座振替 - eo光ネットとmineoのセット契約が必要 –

mineoは口座振替にも対応していますが、利用できる人は一部に限定(下記参照)されています。

  • 光回線の「eo光ネット」とmineoをセットで契約中で、支払い方法「口座振替」を選択している場合のみ

注意が必要なのは、eo光は関西エリアのみで展開されている光回線サービスです。

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 福井県

対象エリア外(関東や九州、東海など)に住んでいる方はeo光を契約できないので、口座振替を使えません。

支払い方法③:デビットカード・プリペイドカード – 公式サイトにも明記 –

mineoはデビットカードやプリペイドカード支払いに対応しています。公式サイトにも明記されていて安心して利用できます。

デビットカード・プリペイドカードがお支払いにご利用いただけます。

※ 発行会社によっては、電気、ガスなどの公共料金や携帯電話料金などへのご利用を制限されている場合がございます。発行会社にお問い合わせください。

mineoユーザーサポート|よくあるご質問

ただし、「デビットカードやプリペイドカードはご登録いただけない場合があります。」と記載されています。理由は次のことが考えられます。

  • 街の買い物等の即時取引がメインで、スマホの支払いに対応していないカードもあるから
  • 電気やガスなど公共料金に限定し、スマホ料金の支払いには対応していないカードもあるから

どのカードが登録できるかは、申請して審査が通るまでわからないことが多いです。

デビットカード・プリペイドカードで支払いするメリット

mineoで、デビットカード・プリペイドカードの支払い方法を選ぶメリットは次のとおり。

  • 審査がゆるく、クレジットカードが無くても契約できる
  • SNS上でも使えると話題のデビットカードが複数あり

デビットカード・プリペイドカードは、クレジットカードと仕組みが異なるため、利用するハードルが低いことが特徴です。

審査がゆるく、クレジットカードが無くても契約できる

  • 格安SIMを持ちたいけど、クレジットカードの審査に落ちて契約できない
  • 債務整理中でクレジットカードを持てないけど、格安SIMを契約したい

上記のような人でもデビットカードであれば、mineoを契約できる可能性があります。理由は、カードの審査がクレジットカードよりもゆるく、比較的作りやすいからです。

SNS上でも使えると話題のデビットカードが複数あり

mineo(マイネオ)で、公式に「支払いに使える」と説明されているデビットカードやプリペイドカードはありません。

申し込んでみないと実際にmineoの支払いに使えるかどうかがわからない。参考情報として、SNS上のmineoの支払いに関する口コミを調査しました。

あくまで一般の人の口コミにため「絶対に使える」とは断言できませんが、ジャパンネット銀行(現PayPay銀行)のデビットカードは使えたという口コミを複数確認できました。

mineoの評判や口コミは「【最新版】mineo(マイネオ)のメリット・デメリットは?評判や口コミは良好!」で解説しています。

mineoをデビットカードで支払う際の注意点

mineoをデビットカードで支払う際は、登録できない場合があることに加え、次の点には注意が必要です。

  • デビットカードやプリペイドカードの残高不足に注意が必要

詳しく解説していきます。

デビットカードやプリペイドカードは残高不足に注意が必要

デビットカードやプリペイドカードでmineoを契約する場合に注意したいのが、残高不足です。

  • 残高不足の状態だと、月額料金が引き落とされません
  • 常に十分な残高を確保しておくように、気をつけましょう

念のため、月末には残高を確認しておき、余裕を持たせて銀行口座に入金しておくようにして下さい。

mineoの支払い方法に関するまとめ

mineo(マイネオ)の支払い方法について紹介しました。mineoはクレジットカード以外にも、口座振替やデビットカードやプリペイドカードを利用できます。

  • 関西地方のeo光ユーザーであれば、支払い方法を口座振替できる
  • ハードルは高いが、デビットカードやプリペイドカードでも支払い可能

むずかしい事情がない限りは、mineoを申し込む前にクレジットカードを発行しておくことがおすすめです。

この記事を書いた人
ゆう

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。趣味は山登りやサイクリングなど。スポーツ観戦も好きです。

暗号資産との関わりを少し紹介します。
2016年からCoincheckで仮想通貨投資をスタート(投資7年目)。資金2.5万円から250万円 (100倍以上)になりました。

当ブログでは、初心者に必ず知ってほしい「お🉐!キャンペーン情報や投資ポイント、注意点」を惜しみなく公開します。

これからもよろしくお願いします。

ゆうをフォローする
Twitterフォロー
格安SIMに変えて投資資金をGET
ゆうをフォローする
くり部/仮想通貨カレッジ

コメント