仮想通貨

暗号資産(仮想通貨)

ジャック・ドーシーCEO(Twitter、スクエア)|ビットコイン(BTC) 今後のサービスで重要な役割

Twitter、スクエアでのビットコインの活用 ■暗号資産(仮想通貨)の更なる価値上昇!  ○ Twitter、スクエア社に導入することで暗号資産の更なる価値上昇 ○ Amazon(アマゾン)等の大手企業への導入の可能性 ツイッタ...
暗号資産(仮想通貨)

【パレットトークン(PLT)7/29取扱開始】コインチェック(Coincheck)で日本初のIEO実施|わずか6分で目標金額!

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェック(Coincheck)は、2021年7月1日に「Coincheck IEO」で日本初の試みとしてIEOを現在、実施。7月15日 18:00で受付終了しています。(先着順ではなく、ランダム抽選) ...
暗号資産(仮想通貨)

【期待大】IOST(アイオーエスティー)今後の価格予想と将来性|暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)IOSTは、日本でも様々な分野ですでに活用されていること、将来的な活用機会、新たな仮想通貨取引所に上場する可能性もあり、さらに価格は上がっていくことでしょう。 ■ IOSTの国内での活用事例 ○ 再生可能エネルギー...
暗号資産(仮想通貨)

ネム(NEM)のシンボルとは?将来性や今後の動きを解説!

シンボル(Symbol)XYMは、開発者、企業、個人向けに設計された次世代のエンタープライズ規格のブロックチェーンであり、開発に4年間を要し、ネム(XEM)の集大成の通貨です。 関連:【期待大】新通貨シンボル(Symbol)チェーン...
暗号資産(仮想通貨)

PayPal、Visaが大手仮想通貨ベンチャー投資ファンドの資金調達に参加

ビットコインは、2020年から2021年にかけて堅調に値上げしてましたが、ネガティブニュースで下落しています。 大きな下落のきっかけは、2021年5月にテスラ社がBTCでの決済の停止を発表したり、中国の金融機関における仮想通貨の取り...
暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクとは|おすすめポイント

ビットバンクはビットバンク株式会社が運営する2014年5月に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所です。ビットバンクの2021年5月現在の取り扱いコインは以下の9種類となります。 bitbankの無料登録はこちら ■ シンプル...
暗号資産(仮想通貨)

【ワンコイン500円で購入】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックとは|3つのおすすめポイント

暗号資産(仮想通貨)で億万長者が続出し「億り人」が話題になっています。 そのため、暗号資産(仮想通貨)に手を出してみたいという方が非常に多いですよね。 しかし、暗号資産(仮想通貨)、特にビットコインがどんなものなのか、どこで購...
暗号資産(仮想通貨)

アメリカ大手マスターカード暗号資産(仮想通貨)へ2021年内に本格参入|直接決済に対応

大手金融企業マスターカードが仮想通貨の決済参入 決済会社大手のマスターカード(MasterCard)は、暗号資産(仮想通貨)での直接決済に対応する計画を発表しました。 我々は仮想通貨と決済の将来に向けて準備を整えており、202...
暗号資産(仮想通貨)

【2021年版】暗号資産(仮想通貨)Nucleus Vision(NCASH)の価格予想と将来性

Nucleus Vision(NCASH)は、ハーバード大学発の暗号資産(仮想通貨)として、多くの人の関心を集めています。 2018年2月26日に世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所 Binance(バイナンス)に上場しています。 ...
暗号資産(仮想通貨)

LINEの暗号資産(仮想通貨)LINK(LN)ブロックチェーン|2021年のプロジェクト計画を発表

LINEと暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーン LINEは、2011年にメッセンジャーアプリ”LINE”をリリースし、2021年時点で世界の約1億8,500万人以上が利用している人気のメッセンジャーアプリです。 LINEはさ...
タイトルとURLをコピーしました