ブロックチェーン技術を徹底解説!ビットコインの活用だけではない革新的技術

本記事では、次世代の社会基盤となりうる可能性を秘めた技術「ブロックチェーン」について、以下の2点について解説します。

ブロックチェーン技術はデジタル時代の革新的技術ともいわれており、今や暗号資産(仮想通貨)にとどまらず、金融分野からそのほかの分野にも実用化に向けて実証実験の動きが加速しています。

  • ビットコインを支えるブロックチェーンの技術
  • ブロックチェーン技術の面白い特徴

コインチェックでは、国内初のIEOで大成功をおさめ、第2弾が実施されます。申し込みを検討している方は、コインチェック(Coincheck)で口座開設しておくことをおすすめします。(申し込みが殺到することが予想されるため)

無料で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資を始めれるお得なキャンペーンを実施中です。

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

ビットコインを支えるブロックチェーンの技術とは?

ブロックチェーンは数百から数千以個のビットコイン(BTC)の取引記録(トランザクション)をまとめたブロックをみんなで手分けして承認し、1本のチェーン(鎖)の形で共有しています。

ブロックチェーンはみんなで手分けした管理方法

ブロックチェーンは、サーバーで一元管理されているのではなく、世界中に散らばった複数のコンピューターにまったく同じものが保存されています。

国や企業が中心で管理・運営するセンター方式ではなく、個々のユーザー同士をネットワークで結んで直接データをやりとりする「ピア・トゥー・ピア(P2P)」を採用しています。

ピア・トゥー・ピア(P2P:Peer to Peer)とは
特定の誰かが管理しているのではなく、ネットワークに参加するユーザー同士でデータをやり取りする仕組み

いままでのネットワークは、中央集権型の一元管理されたものが主流ですが、ブロックチェーンでは相互に管理する分散型となっています。

ブロックチェーンの技術には、さまざまな暗号アルゴリズムを活用しているため、改ざんされにくいデータ構造を有しています。これらの仕組みや技術、管理方法により、高いセキュリティーを担保でき、データの耐改ざん性・透明性が実現できるとされています。

さらに今後は拡張の幅が広がることにより、単に送金システムだけでなく、さまざまな経済活動のプラットフォームとなる可能性を秘めています。

ビットコインの取引は世界中で24時間、365日行われている

ビットコインの1つひとつの取引は「トランザクション」と呼ばれ、すべてのトランザクションは「AさんからBさんへ1BTC移動する」という形で記録されます。

ビットコインの取引は世界中で24時間、365日行われています。取引内容もすべてオープンになっています。Blockchain.com では、最新のトランザクションがリアルタイムで更新されていくのがわかります。

ビットコインの取引はお互いに承認し合ってはじめて成立します。そこで、ビットコインでは未承認のトランザクションをおよそ10分ごとにまとめてひとつの「ブロック」とし、それを一括して承認する仕組みを採用しています。

新しく承認されたブロックは、すでに承認済みのブロックをひとつづきにした一本の「チェーン(鎖)」の最後尾にガチャンとはめ込まれて追加され、取引が成立しています。

ブロックチェーン技術の面白い特徴とは?

ビットコインの面白い特徴は「トラストレス」「デジタルデータが唯一性を持ち、かつトレーダブルなもので資産性を持つ」という点です。

トラストレス とは
銀行のような「信頼(トラスト)のおける第三者」がいなくても、改ざんの心配なく取引を記録できる、といった意味です。

デジタルデータが唯一性を持ち、かつトレーダブルなもので資産性を持つ

コンテンツビジネスは、インターネット時代になってデータが複製可能となり、CDやDVDの価値が薄れ、コンテンツ(歌や映像、ゲーム)が売れなくなりました。

ブロックチェーンの特徴
・改ざんができない
・コピーができない

ビットコインも音楽CDのようにコピーが可能になったら、価値がなくなりますが、「改ざんができない」「コピーができない」ことをブロックチェーンが保証することで、ただのデジタルデータが資産性を持てることが非常に興味深い点です。

ゲームにブロックチェーン技術を使うと?

ゲームには様々なキャラクターが出てきますが、現状は資産性が無いですが、もしゲーム中のキャラクターが資産性を持った場合はどうなるのでしょうか。

  • RPGゲームに登場する剣
  • 鎧や銃など

これまでゲームでできなかったことは「お金を稼ぐ」ことでしたが、ブロックチェーン技術と組み合わせることで、ゲームの中に新しい経済圏を作れる可能性を秘めています。

ゲーム内アイテムに資産性が出ると、リアルで働くことが得意な人は、リアルで稼げばいい一方で、ゲームの中でモンスターを狩るのが得意な人はモンスターを狩りまくってお金稼ぎができるようになります。

今までのリアルな世界だけじゃない、ゲームの中に新しい経済圏を作っていけること、そしてデジタルデータがブロックチェーン上にあり、ユニークなものになり、資産性を持つようになることは大きな意味を持ちます。

まとめ

本記事では、次世代の社会基盤となりうる可能性を秘めた技術「ブロックチェーン」について、以下の2点について解説しました。

  • ビットコインを支えるブロックチェーンの技術
  • ブロックチェーン技術の面白い特徴

ブロックチェーン技術はデジタル時代の革新的技術ともいわれており、今や暗号資産(仮想通貨)にとどまらず、金融分野からそのほかの分野にも実用化に向けて実証実験の動きが加速しています。

ブロックチェーン技術と組み合わせた技術の革新、可能性に期待したいですね!

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

» コインチェック(Coincheck)徹底解説!買い方や始め方、評判・口コミ、手数料は?

» ビットコイン2,500円分もらえる!コインチェック(Coincheck)新規口座開設キャンペーン実施中!

コメント