【エルサルバドルで法定通貨】ビットコイン(BTC)とは?特徴、歴史、買い方

暗号資産(仮想通貨)

テレビや新聞で、「ビットコイン」という単語を目にする機会もあるかと思います。「名前は聞くけど、ビットコインって何だろう?」「電子マネーとは違うの?」といった方や「所詮ギャンブルでは?」と敬遠してしまう方もいると思います。

しかし革新的なテクノロジーに対して、歓迎される一方、批判が起こることはよくあることです。今ではインフラとまでいわれるインターネット関連株も、ドットコムバブルを引き起こしてオワコン扱いされた時代がありました。

エルサルバドルという国では、2021年9月7日よりビットコインを法定通貨として正式に採用。海外居住者からの仕送りなどにかかる送金手数料を節約し、国内への投資を呼び込むための手段にも利用されています。

暗号資産は、インターネットのように世界中の人々が使うようになる可能性を持った技術です。その伸びしろを考えると、「終わっている」ではなく「これから始まる」が正しい認識です。

この記事では、ビットコインの値上がりの要因から、今年の相場の見通しまでわかりやすく解説します。

これからビットコイン投資、暗号資産(仮想通貨)投資を行おうと思っている方は是非最後まで読んでみてください。

ビットコインの特徴とは

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の一種で、基軸通貨(中心的に扱われる通貨)として世界で最も多く取引されています。

ビットコインは世界で初めて誕生した暗号資産でありデジタル資産(Asset)です。ビットコイン以外の暗号資産のことを総称してアルトコインといいます。

2008年10月に「Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)」名義で「国や銀行が管理しない分散管理型の仮想通貨(=ビットコイン)」について書かれた論文がネットに掲載されました。

そして、世界で初めての仮想通貨「ビットコイン」が作られ取引されたのです。

ビットコインの発行数は2,100万枚を上限に設定されています。希少性を持たせることでビットコインの価値を維持するためです。

法定通貨は中央組織によって発行枚数が管理されて、その通貨の価値が維持されています。

それに対してビットコインは管理者が不在なため、枚数が決められていないと無制限で発行できてしまうことになります。そうなると、市場でビットコインが余り、価値が低くなってしまうのです。

そうならないように発行枚数に上限を決めることで、ビットコインは価値を維持しています。

ビットコインはインターネット上で取引ができる「通貨」

ビットコインは円やドルと比べ、「中央管理者(中央銀行)がいない」「デジタル通貨である」などの違いなどがあります。

ビットコインには円やドルのように通貨の単位が存在し、「1BTC」などと表現されます。実際の取引では0.001BTCといった単位で少額から取引することができます。

世界中の誰とでも、インターネットで24時間365日取引することが可能で、特に海外への送金では銀行で送金するよりビットコインの方が手数料を安く抑えられることもあります。

また、基盤技術であるブロックチェーンにより取引記録は改ざんすることが極めて困難となっています。

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

政府や中央銀行に管理されていない「お金」

一般的には通貨は政府や中央銀行が発行、管理を行っていますが、ビットコインを維持するのは世界各地の有志達が、これまでの取引の全記録を保管しています。

その見返りとして、有志達はユーザーの支払う手数料や、マイニング(取引を承認する作業)を行うことでビットコインを報酬として貰うことができます。

記録の改ざん・通貨の偽造ができない

出典:経済産業省「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査報告書」(概要)

デジタルの通貨ならコピー&ペーストしたり、数字をいじったりして自分の通貨を無限に増やすことができそうですが、実際にはビットコインではそういったことは出来ません。

ビットコインの取引記録はブロックチェーンと呼ばれる技術で記録されています。ブロックチェーンは分散型台帳技術と説明されることもあります。

ブロックチェーンとは
・取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術
・データの破壊・改ざんが極めて困難なこと、障害によって停止する可能性が低いシステムが容易に実現可能なことが特徴
・銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めている

ビットコインは世界で2100万枚しかない

円やドルといった法定通貨は、国や政府が自由に発行可能ですが、ビットコインはプログラムによってあらかじめ発行上限が決められており、その上限が約2100万BTCと定められています。

発行上限があるという部分に関しては金(ゴールド)と共通しており、希少性という点でビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれるています。

また、最初から2100万枚全てが存在するわけではなく、金を鉱山から掘り出すように、毎日少しずつ新しいビットコインがマイニング(採掘)されています。

マイニングのペースも決められており、誕生当初は10分ごとに50BTCが採掘されていましたが、4年毎にその量が半減されます。現在の一回の新規採掘量は6.25BTCで、この半減されるタイミングは「半減期」と呼ばれます。

プログラムでは2140年に発行数の上限に到達してビットコインの発行が終了する予定になっています。

採掘(マイニング)でビットコインを手に入れる?

マイニングとは、ブロックチェーンにおける新たなブロックの生成作業を指し、同時に新たに採掘されるビットコインを手に入れる場でもあります。

マイニングに報酬(現在は6.25BTC)を出すことでより多くの人に作業に参加してもらい、結果としてデータを改ざんすることを難しくさせています。

ちなみに、マイニングは始めのうちは一般的なコンピューターでも参加できましたが、次第に競争が激しくなっているため、現在では高速な計算処理ができるコンピューターでないと採掘ができません。

先ほどビットコインを維持しているのは「有志」達と表現しましたが、現在ではマイニング企業(マイナー)に取って代わられているということです。

マイニング業者は、自分たちがビットコインを新たに入手して利益を得るために行動していますが、同時にビットコインのシステムはその人達のおかげでその存在が保たれているのです。

ビットコインのこれまでの歴史

ビットコインは何の価値もないインターネット上の通貨でしたが、徐々にその仕組みに共感する人が増え、現在では世界中で取引できる通貨として認識されるようになりました。

  • はじめは一本の論文から
  • 初めての取引はピザだった
  • ビットコインはなぜ作られたのか

はじめは一本の論文から…

ビットコインは、2008年10月、Satoshi Nakamotoと名乗る人物がインターネット上に投稿した『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』という論文によって発表されました。

この論文を簡単に要約すると、円やドルのような国や政府といった管理者が発行するといった仕組みではなく、発行主体を持たずにP2P(ピア・トゥ・ピア)の仕組みを利用して分散管理をし、それと暗号技術を組み合わせることで通貨としての信頼性を保つことができる、といった内容でした。

この考えに多くの研究者やプログラマーが次第に触発され、有志が集まって開発を行い、2009年にビットコインが初めて発行されます。ただ、この時点では実際の経済で運用する予定ではなかったと言われており、仕組みがちゃんと機能するのか試しに検証してみようといったゲーム感覚でスタートしました。

ちなみにこの論文を発表したサトシ・ナカモトは日本人名をローマ字で表していることは推測できるものの、実際に日本人なのかすらわかっていません。個人ではなくグループである説や、自分こそがサトシ・ナカモトであると名乗りを挙げた起業家などがいるものの、断定的な証拠がなく特定はされていません。

初めての取引はピザだった?

実験ではビットコインを発掘したり、送金したり、テストを繰り返し行うだけだったのでビットコインそのものに価値はなく、実験人数も小規模だったので採掘もしやすく、簡単にビットコインを手に入れることができました。

そんな中、あるエンジニアの一人が冗談で「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」とメーリングリストに投稿したところ、このジョークが面白いと思った別のプログラマーがピザ屋に注文して相手の家に届け、1万ビットコインと交換しました。

この取引が、ビットコイン史上初の商取引(モノ対BTCの取引)だったと言われていますが、現在の価値に直すと(1BTC=350万円)、このピザは1枚350億円ということになります。このように初めはジョークで始まったビットコインの取引ですが、「ビットコインが面白そうだ、通貨として使えそう。」と広がってきたことで、だんだん価値を持つようになってきました。

ビットコインはなぜ作られた?

ビットコインが発明される前にも、オランダのDigiCashなど、電子通貨(暗号通貨)を作ろうという試みは存在していましたが、多くが失敗に終わっています。

失敗した理由については、様々あると考えられますが、ビットコインの考案者であるサトシ・ナカモトは、第三者機関への信頼を必要としていたことが、これまでの失敗の理由であると考えていたようです。

例えばビットコインが株式会社ビットコインによって運営されていたとすると、株式会社ビットコインが倒産すれば、ビットコインの価値は暴落するでしょう。

特に、アメリカ同時多発テロ事件(9.11)以降、匿名性のあるデジタル通貨はテロ組織によって悪用される恐れがあるため、規制が強まりました。株式会社ビットコインのような会社があったとすれば、規制される可能性が高いです。

このような電子通貨の歴史を背景としてビットコインは生まれ、また、2008年当時に生まれていた法定通貨への不信感を材料にビットコインは支持者を増やしていったと言えます。

ビットコインを手に入れるには

ビットコインは、取引所や販売所で購入する方法が今日では最も一般的な入手方法になります。

そして、手に入れたビットコインは取引所に預けておくか、ウォレットに保管する方法があります。

ビットコインを日常的な決済手段として利用できるサービスなどは増えつつあるものの、ビットコインの価格の変動が大きいことから、そういった日常生活での普及は進んでいるとはいえません。

また、決済が完了する速度がキャッシュレス決済などに比べ遅いのも、日常決済に利用されていない理由になっています。

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

アドレスと秘密鍵

ビットコインをウォレットで持つために、最低限の知識として理解する必要があるのが、アドレスと秘密鍵です。

ビットコインのウォレットにはアドレスという口座番号のようなものがあり、ビットコインをだれかに送金する場合はその人のウォレットのアドレス宛てにビットコインを送金します。ビットコインの場合、1または3から始まる27~34文字英数字から構成されています。

  • アドレスの例:1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa

また、秘密鍵(文字・数字列)というものがあり、ビットコインを送金したりするときにパスワードのように必要になります。この秘密鍵が他人に知られると、簡単にビットコインが盗まれる可能性があるため、最も秘密にすべき情報になります。

ウォレットには、ウェブベースのもの、スマホやパソコンにインストールするもの、専用の端末(ハードウェアウォレット)などがあります。

  • 取引所に預ける
  • ウェブベースのウォレット
  • ソフトウェアのウォレット
  • ハードウェアのウォレット

最も簡単なのは取引所に預ける方法です。ビットコインを取引所で購入してそのままにしておいた場合は、他の取引所やウォレットにビットコインを移したいと思わない限り、アドレスや秘密鍵という用語を覚える必要すらありません。(もちろん、覚えたほうが良いです)

ウェブベースのウォレットはChromeなどのブラウザからアクセスでき、利便性が高いのが特徴です。ソフトウェアウォレット、つまりパソコンやスマホにインストールして使うウォレットはよりセキュリティの面で安全とされます。スマホにインストールするものはQRコードが利用できたり持ち運びしやすいため、実際の店舗利用には非常に便利です。

最も安全といわれるのはハードウェアウォレットであり、紙や専用の端末で管理します。特に紙にアドレスと秘密鍵を印刷した物はペーパーウォレットと呼ばれ、初期費用が安いながらも長期保存に適しています。専用の端末を利用する場合は生体認証などセキュリティ対策も厳重です。しかし、端末、または紙を紛失してしまうと、取り戻すことは難しく、スマホや取引所など、他の方法に比べ知識が求められます。

少額からビットコインを触れてみよう

ビットコインは、日本だけではなく世界中のどこでもパソコンかスマホがあれば利用が可能です。

ビットコインは「取引所」や「販売所」と呼ばれる所で日本円交換することができます。0.001BTCといった少額から購入も可能なので、試しに少額を購入してみることが、理解する一番の近道といえます。

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

コメント

タイトルとURLをコピーしました