【2021年6月】IOST(アイオーエスティー)の今後の価格予想と将来性

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)IOSTは、日本でも様々な分野ですでに活用されていること、将来的な活用機会、新たな仮想通貨取引所に上場する可能性もあり、さらに価格は上がっていくことでしょう。

■ IOSTの国内での活用事例
 ○ 再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験
 ○ 精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発
 ○ 様々なオンラインサービスに利用される可能性

IOSTは非常に将来性の高い通貨ですので、今後の動向を説明していきます。

暗号資産(仮想通貨)IOSTは2020年9月8日に日本で初めて暗号資産(仮想通貨)コインチェックで取り扱いが開始され、日本初上陸を果たしました。

総合格闘家の朝倉未来選手がIOSTを購入して資産1億円に増えたことが話題です。すごいですね。

日本でIOSTを取り扱っているのはコインチェック(Coincheck)ただ1つ

暗号資産(仮想通貨)IOSTがどのような特徴を持っているのか、どのような点が優れているのか、取引の参考にしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、IOSTの特徴や仕組み、メリット、購入方法、今後の将来性を紹介していきます。

関連:【ワンコイン500円で購入】コインチェックとは|3つのおすすめポイント

関連:暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクとは|おすすめポイント

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

海外の暗号通貨(仮想通貨)の大手取引所バイナンスでも購入可能です。日本より取引手数料が安いので、海外取引所ではNo. 1です。

コインチェック

暗号通貨(仮想通貨)IOSTは今後需要の増加に合わせて価格が伸びる!

IOSTは今後大きく需要が増える可能性が高く、合わせて価格の上昇が期待できます。

国内ではすでにIOSTに関する研究・開発が行われており、再生可能エネルギー電力の取引システム実証実験、精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発などに利用されているからです。

IOSTの過去の最高値の価格は14円です。

ビットコイン、リップル(XRP)など有名な仮想通貨は100倍以上の価格。
 IOSTが最高値を更新し、200円となった場合、現在の100倍以上。

■ 100万円投資の場合、1億円。億り人、10万円投資の場合、1000万円。

関連:決済カードネットワークのVISAが米ドルステーブルコイン(USDC)で仮想通貨による決済を開始|IOST採用に期待!

関連:【第2弾】IOST等のアルトコイン爆上げ⁉︎2021年に米PayPalが暗号(仮想)通貨決済サービス開始予定

関連:【第3弾】IOST等のアルトコイン爆上げ⁉︎ アメリカ大手マスターカードも「仮想通貨決済」へ2021年内に本格参入

暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後の将来性を左右する4つのポイント

ここでは暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後を左右する4つのポイントについて解説します。

ポイント①:エアドロップによる相場への影響

ISOTは過去に2度エアドロップを行っていますが、いずれもエアドロップの直前に価格が上昇しました。

2018年7月に海外の仮想通貨取引所Binanceで行われたエアドロップでは、1ユーザーに対して100IOSTが配られ、その少し前の5月に価格が一時的に上昇しました。

IOST
出典:coinmarketcap

また、2019年5月にはDappRadarにてエアドロップを実施し、総計500,000IOSTを配布。同じ時期に一時的に価格が上昇しました。

IOST
出典:coinmarketcap

今後ともエアドロップが価格に影響を及ぼすかどうかは不透明ですが、エアドロップが行われる際は注目です。

関連:IOST保有者向けのエアドロップ対象に!Donnie Finance(DON)エアドロッププログラムをサポート!

ポイント②:ブロックチェーンを導入した次世代のオンラインサービスの普及

IOSTのブロックチェーンは、様々なオンラインサービスに強固なインフラを提供できる可能性があります。

ビットコインなどのブロックチェーンでは、スピード感や柔軟性が足りず、オンラインサービスの求める環境に対応できない部分も多いと言われています。

一方、IOSTならばオンラインサービスに向けたシステムを多数揃えることができますので、様々なオンラインサービスに利用される可能性もあるでしょう。

今後、SNSやオンラインショップなど、様々なオンラインサービスでの普及が進めば、IOSTの価値が上がる可能性もあるでしょう。

ポイント③:コミュニティによる教育活動

IOSTはブロックチェーン技術やスマートコントラクト、環境構築に対する理解を深める教育活動に取り組んでおり、このような社会貢献もIOSTの価格上昇にいい影響を及ぼすかもしれません。

日本では、関東や地方都市など様々な場所で、イベントや開発者向けのハンズオン、ハッカソンなどが実施されています。

④:DeFi(分散型金融)領域への取り組み

IOSTはDeFi用のブロックチェーンを構築しているBidao、分散型オラクルサービスを提供するChainlinkとの提携、さらにはDeFiプロジェクトを促進するための100万ドル相当のファンド「Noah Oracle Fund」の設立など、着実にDeFi分野への進出をすすめています。

2020年以降の暗号資産市場のトレンドであるDeFi領域への積極的な取り組みが評価されれば、IOSTの評価も上がることが予測されます。

関連:DeFi(分散型金融)とは?|特徴と仕組みをわかりやすく解説

暗号資産(仮想通貨)IOSTの活用について

国内において、再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験や、精密医療や患者ケアのデータ管理ためのブロックチェーンテクノロジーの研究開発などが行われており、今後さらなる活用が期待ができます。

IOSTは、独自のコンセンサスアルゴリズムの採用で高速にトランザクションを行うことができ、手数料も安く抑えることが出来るため、今後も関連サービスやユースケースが増えていくことが期待されます。

クレジットカードが利用されるのと同様のレベルで、ブロックチェーン技術が様々なサービスで活用されることを目指しています。

関連:Moonstake(ムーンステーク)|IOST(アイオーエスティー)との公式提携の発表

関連:仮想通貨(暗号資産)IOSTを利用して安全に医療情報を共有、電力取引システムの共同実験

関連:ダウンロード数14万を誇るゲーム(クロスリンク)がIOSTのブロックチェーンを活用

関連:暗号資産(仮想通貨)IOST、韓国のBloceryと提携、アグリカルチャーの流通に革命

メリット①:スケーラビリティ問題の解決を目指す技術を使用

暗号資産(仮想通貨)IOSTはスケーラビリティ問題を解決するため、Efficient Distributed Sharding(効率分散型シャーディング)と呼ばれる技術を用いています。

この技術は、取り引きにかかる時間や手数料を削減することを目的としています。その結果、ネットワークの作業速度を飛躍的に向上しました。

メリット②:非中央集権の独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」

暗号資産(仮想通貨)IOSTは、非中央集権性がより担保できる独自の「Proof of Beliebability(PoB)」というコンセンサスアルゴリズムを用いています。

PoBは、SERVIというネットワークへの貢献度をブロック生成権の一つの基準にしており、この貢献度が高ければ高いほど、ブロック生成権(さらに報酬の高い処理)を行える確率が高くなります。

メリット③:マイクロステート・ブロックを使用することでノードのストレージを削減

ノードのストレージを削減できることもメリットです。

通常、ノードになる際には過去のブロックのデータをすべてブロックチェーンに保存しなければならないため、ストレージコストがかさんでしまいます。

そうなるとサーバー側に負荷がかかり、システムパフォーマンスが低下する恐れがあるため、新たなノードが参加しづらくなります。

そこで、IOSTは特定のブロックにマイクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントを設定し、チェックポイントから最新のブロックだけを保存する仕組みにしています。

そうすることで、ノードのストレージを削減することができるのです。

コインチェック

メリット④:JavaScriptで開発できる

IOSTのスマートコントラクトのプログラミング言語がJavaScriptであることも、メリットの1つと言えるでしょう。

多くの人が使えるJavaScriptであれば、Dapps開発への参入障壁が低くなるため、IOSTのスマートコントラクト活用がより活性化する可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないために、重要な3つのポイント

  • 取引できる通貨の種類は多いのか
  • 使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
  • 取引手数料が「本当に」安いのか

この3点において10社以上の取引所のスペックを比較・検証すると、現時点でもっとも利用すべきと言えるのは、やはり『コインチェック』でしょう。

  • 取扱通貨が16種類と日本国内で最多
  • スマホアプリの使いやすさが評価され326万ダウンロード(国内1位)
  • 買い、売りともに取引所手数料が0%

という、他社には無い大きなメリットがあります。

コインチェックといえば、ハッキングによる流出事件が大きなニュースになりました。

その後、東証一部上場のマネックス証券傘下となり、金融庁の認可・二段階認証に加え、セキュリティ面を強化し、マルチシグ・SSL暗号化通信などを整えました。日本屈指の高いセキュリティ体制を構築しています。

暗号資産(仮想通貨)の取引所のおすすめはコインチェックです。口座開設も無料です。

暗号資産(仮想通貨)IOSTは、現在、日本ではコインチェックでしか取扱いがありませんので、早めの開設をおすすめします。

海外の暗号通貨(仮想通貨)の大手取引所のバイナンスでも購入可能です。日本より取引手数料が安いので、海外取引所ではNo. 1です。

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

関連:コインチェックとは|3つのおすすめポイント

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました