OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)徹底解説!評判、取引所の始め方

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)という暗号資産(仮想通貨)取引所を見つけたけど、OKCoinJapanってそもそも何なのか、特徴などを気になっている方も多いのではないでしょうか?

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)は世界トップクラスのセキュリティ、シンプルで使いやすいデザインの取引ツールを備え、スプレッドの低さ、出入金の便利さが特徴的な暗号資産取引所です。

現在、1000円分のビットコインプレゼントキャンペーンなども行なっていて、初心者の方も口座開設しやすい取引所です。

2021年9月15日に暗号資産IOST(アイオーエスティー)の取り扱いを開始したことでも話題になっています。

IOST(アイオーエスティー)とは
・IOSTは暗号資産(仮想通貨)の銘柄の一つです。
・クレジットカードと同等の処理能力があると言われており、将来的にはその技術を金融だけでなく医療など、さまざまなサービスに活用されています。

この記事ではこれから暗号資産の投資を始めるにあたり、初心者のあなたにぴったりな取引所OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)を紹介します。

\国内初 IOSTの板取引可能/

関連:IOST(アイオーエスティー)とは?今後の将来性と価格予想、新規上場

【キャンペーン中】口座開設で1000円分のビットコインプレゼント

OKCoinJapanで口座開設することで1000円分のビットコインがプレゼントされます。

まず口座開設(無料)をしてみることをおすすめします。プレゼントの条件は1万円を⼊⾦するのみなので簡単です。

すでに暗号資産取引所を他で開設されている場合、「①〜⑤いずれか一つ」の条件でもキャッシュバックの受け取りが可能です。

① 0.01BTC(約5.5万)以上の⼊庫、② 0.2ETH(約2.1万)以上の⼊庫、③ 0.5BCH(約3.7万)以上の⼊庫、④ 2LTC(4.6万)以上の⼊庫、⑤ 15ETC(11.9万)以上の⼊庫

暗号資産取引所OKCoinJapanの特徴

OKCoinJapanが選ばれる理由

高い流動性と高速取引

OK Groupの持つグローバルの流動性を活用することで高い流動性を保っており、高速取引が可能です。

スプレッドの薄さと板の厚み

OKCoinJapanが提供する取引所取引は、ユーザー同士の注文をマッチングさせる仕組みのため、狭いスプレッドで取引が可能です。

APIでの取引環境

業界トップクラスの呼び出し制限の高さから、機関投資家やプロトレーダーによる高頻度取引にも対応可能です。

24時間365日入出金が可能

日本円、暗号資産ともにスピーディな入出金に対応。いつでもすぐに取引が可能です。

世界トップクラスのセキュリティ

ウォレットシステム

暗号資産は、100%コールドウォレットで管理されています。暗号資産のスピーディな出庫にも対応し、安全と利便性を兼ね備えています。

コールドウォレットとは
セキュリティレベルが最も高い保管方法。
ビットコインなどの仮想通貨の「財布」の役割を果たすものをウォレットと言います。
そのウォレットをインターネットから完全に切り離された場所に保管することで、不正アクセスによって仮想通貨が盗まれる危険性を大幅に下げること。

アクセス制御

OKCoinJapanのアカウントに対するすべてのアクセスには2段階認証を採用しています。

システム監視

24時間365日のシステム監視により安全で信頼できる取引環境を提供されています。

わかりやすく、快適な取引ツール

世界の190を超える国と地域で利用されてきた取引画面は、いつ、どのタイミングで、どんな注文を出せばいいのか、一目でわかります。
シンプルでわかりやすい画面と快適な操作性により、初心者からプロトレーダーまで、幅広いニーズに対応しています。

OKCoinJapanでの口座開設までの流れ

ステップ1「メールアドレス」登録

ステップ2「口座開設申し込み」

ステップ3「お取り引き開始」

【IOST】暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanに新規上場

国内暗号資産取引所OKCoinJapanはIOST(アイオーエスティー)の取り扱い開始することを発表。入庫受付開始は2021年9月10日、現物取引開始は2021年9月15日となっています。

これまでコインチェックのみでしたが日本国内で2例目の上場となります。

このニュースを受けてコインチェック(Coincheck)ですでに取り扱いしているIOSTは価格が上昇中です。

今回のOKCoinJapanで取り扱い開始となることで上場後は更なる価格の上昇が見込まれます。

IOSTはクレジットカードと同等の処理能力があると言われており、将来的にはその技術を金融だけでなく医療など、さまざまなサービスに活用されています。

IOSTの国内での活用事例
・総合格闘技連盟 RIZIN が提供するスポーツ NFT に IOST ブロックチェーンを採用(参照)
・近畿大学とパブリックブロックチェーン・プラットフォームの研究開発勉強会を実施(参照)
・クリエイターが作成しNFT化されたデジタル・アート・コミックの販売(参照)
・プラクスと協定し、精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発(参照)
・再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験(参照)
・IOSTは処理速度、セキュリティ面から、今後も様々な分野での活用に期待されます

IOST(アイオーエスティー)エアドロップの詳細について

暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan2021年9⽉30⽇(⽊)に実施されるIOST(アイオーエスティー)のエアドロップに対応しました。

エアドロップとは
暗号資産(仮想通貨)の知名度上昇を目的として、暗号資産を無料配布するキャンペーンのこと。
今回、無料配布される暗号資産は「DON」という銘柄です。

これまでIOSTはコインチェックのみの取り扱いでしたが2021年9月15日からOKCoinJapanで国内2例目の上場を果たしたところです。

暗号資産IOST(アイオーエスティー)のエアドロップについて紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanは⽇本時間2021年9⽉30⽇(⽊)17時 時点のIOST(アイオーエスティー)保有者に対して、「Donnie Finance」のプラットフォームで使用されるガバナンストークン『DON』をエアドロップ(無料配布)することを発表しました。

エアドロップ(暗号資産の無料配布)の対象条件

日本時間 2021年9⽉30⽇(⽊)17時 時点で暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanでIOSTを保有していることが条件となります。

2021年9月30日(木)時点で「1」 IOST以上の保有が必要です。

入出金口座と取引口座(注文中のIOSTを含む)両方のIOST残高が対象です。
(入庫または出庫が保留となっているIOSTは対象外です。)

  • IOST保有者でエアドロップを受けたい方は、OKCoinJapanの開設が必要です。
  • IOSTの購入を検討している方もOKCoinJapanを早いめに開設することをおすすめします。

取引所コインチェック(Coin check)エアドロップの対応は?

国内の暗号資産取引所コインチェックではエアドロップについて非対応と発表しています。そのため、国内の取引所ではOKCoinJapanのみのエアドロップ対応となります。

コインチェックが非対応の理由は「DONの流動性および技術的安全性等が当社の定める基準を満たしていることが確認できていないため」としています。

Donnie Financeとは

「Donnie Finance」は韓国拠点のプロジェクで、IOSTのブロックチェーン上に構築された分散型金融(DeFi)プラットフォーム。

DONは「Donnie Finance」のプラットフォームで使用されるガバナンストークンのことです。

過去のエアドロップによる相場への影響

IOSTは2018年7月、2019年5月、2021年2月にエアドロップを実施しており、いずれもエアドロップ実施の発表を行ったタイミングで価格が値上がりしています。

2018年7月に海外の仮想通貨取引所Binanceで行われたエアドロップでは、1ユーザーに対して100IOSTが配られ、その少し前の5月に価格が一時的に上昇しました。

IOST
出典:coinmarketcap

また、2019年5月にはDappRadarにてエアドロップを実施し、総計500,000IOSTを配布。同じ時期に一時的に価格が上昇しました。

IOST
出典:coinmarketcap
参考:Twitter「IOST公式」より(2021年2月エアドロップ実施時)

暗号資産(仮想通貨)IOSTは、日本でも様々な分野ですでに活用されていること、将来的な活用機会や新たな仮想通貨取引所に上場する可能性もあり、期待の銘柄になりますので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)は世界トップクラスのセキュリティ、シンプルで使いやすいデザインの取引ツールを備え、スプレッドの低さ、出入金の便利さが特徴的な暗号資産取引所です。

現在、1000円分のビットコインプレゼントキャンペーンなども行なっているため、OKCoinJapanは口座開設しておいた方がいいおすすめの取引所です。

\国内初 IOSTの板取引可能/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:【登録必須の取引所】厳選4社を徹底解説|暗号資産(仮想通貨)の始め方

関連:IOST(アイオーエスティー)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:パレットトークン(PLT)徹底解説!特徴と価格予想、コインチェック国内初IEO大成功!

関連:シンボル(Symbol/XYM)徹底解説!特徴と将来性|ネム(NEM/XEM)の上位互換

関連:ポルカドット(Polkadot/DOT)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:リップル(XRP/ripple)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

コメント