暗号資産(仮想通貨)のホワイトリストとは?登録条件や銘柄を紹介!ランキング比較

「ホワイトリストって聞いたけど、なに?」という方向けに、本記事では日本で取り扱われている暗号資産(仮想通貨)、いわゆる「ホワイトリスト」について解説します。

日本で取り扱う銘柄は全てホワイトリストに含まれています。以下の4つのポイントにわけて解説していきます。

  1. ホワイトリストとは?
  2. ホワイトリストに入る(取引所が金融庁に認可される)条件
  3. ホワイトリストの銘柄一覧
  4. おすすめの取引所4つを紹介

現在、コインチェックで暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン投資を無料で始めれるお得なキャンペーンを実施中です。

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

ホワイトリストとは?安全性や信頼性が高い暗号資産(仮想通貨)

出典:コインチェックホームページ

ホワイトリストとは、金融庁に登録されている国内取引所で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)のことを指します。 

国で改正資金決済法(2017年4月施行)によって、暗号資産を取り扱う国内取引所が金融庁の登録制になったことがきっかけで生まれた用語です。

ホワイトリストとは
一定の審査を経ていることから、他の仮想通貨と比べて安全性や信頼性が高いことから「ホワイトリスト」と呼ばれています。

金融庁が国内取引所を審査する手順や条件

改正資金決済法(2017年4月1日施行)によって、暗号資産を取り扱う国内取引所は金融庁の登録が必須になりました。

金融庁が国内取引所を登録する主要な審査プロセスは下記の通りです。

金融庁が国内取引所を審査するプロセスや条件
出典:コインチェックホームページ

審査プロセスや審査条件を見ると、実質面を重視した厳しい審査が行われた上で、やっと国内取引所として登録されることが分かります。

国内取引所としての登録条件
・株式会社もしくは国内に営業所を置いていること
・資本金の額が1000万円以上であること
・利用者保護措置がなされていること
・利用者財産の分別管理がされていること
・利用者情報管理がされていること
・システムリスク管理がされていること
・マネーロンダリング及びテロ資金供与対策がされていること、など

これらのことから、金融庁によって登録された国内取引所はある程度の安全性が担保されていると言えます。

ホワイトリストに入る(取引所が金融庁に認可される)条件

金融庁によって登録された国内取引所は、ある程度の安全性が担保されていますが、国内取引所が扱う暗号資産(仮想通貨)においては、金融庁が公開している事務ガイドラインに沿って、暗号資産の適切性の判断がされています。

金融庁の事務ガイドライン
・暗号資産(仮想通貨)の仕組みや用途、流通状況
・テロ資金やマネーロンダリング等に利用されるリスク
・暗号資産(仮想通貨)取り扱いによって生じるリスク

参考:事務ガイドライン第三分冊:金融会社関係|金融庁HP

金融庁は国内取引所に対して詳細な説明を求め、利用者保護及び業務の適正かつ確実な遂行の確保の観点から、暗号資産業者が取り扱うことが適切かを判断しています。

利用者にとってリスクの高い(匿名性が高いもの、技術公開されていないなど)暗号資産は金融庁によって国内取引所で扱うことが適切でないと判断される可能性が高いです。

これらのことから、ホワイトリスト入りしている暗号資産は、金融庁によってある程度リスク管理がなされ、ホワイトリストに入っていない暗号資産と比べると安全性と信頼性が担保されていると言えます。

ホワイトリストは金融庁が安全性を直接保証していない点に注意

金融庁が安全性や信頼性や価値が上がることを保証しているわけではないという点には注意が必要です。

金融庁はホワイトリストに関してのスタンス
・暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
・金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。
・暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。

引用:金融庁HP

初心者はまずホワイトリスト入り暗号資産(仮想通貨)の購入を

金融庁はホワイトリストに対して「直接的に価格を保証するわけでも、購入を推奨するわけでもない」という態度であることだけは、しっかり押さえておきましょう。

ホワイトリスト入りしている暗号資産は、金融庁の一定の基準を満たしているため、他の仮想通貨と比べて安全性や信頼性が高いと言え、特に暗号資産初心者が購入するのに適しています。

ホワイトリスト入りしている暗号資産(仮想通貨)銘柄

現在ホワイトリストに登録されている暗号資産は『37種類』です(2022年2月22日時点)。

リンクがある暗号資産は解説記事がありますのでぜひご覧ください。

ホワイトリスト銘柄
1.BTC(ビットコイン
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル) 
6.XEM(ネム)
7.LSK(リスク)
8.FCT(ファクトム)
9.LTC(ライトコイン)
10.MONA(モナコイン) 
11.XLM(ステラルーメン)
12.QTUM(クアンタム)
13.BAT(ベーシックアテンショントークン)
14.IOST(アイオーエスティー
15.ENJ(エンジンコイン)
16.OMG(オーエムジー)
17.XTZ(テゾス)
18.QASH(キャッシュ)
19.HT(フォビトークン)
20.LN(リンク
21.RYO(こばん)
22.FSCC(フィスココイン)
23.NCXC(ネクスコイン)
24.CICC(カイカコイン)
25.ZAIF(ザイフ)
26.Zen(ゼン)
27.CMS(コムサ)
28.TRX(トロン)
29.ATOM(コスモス)
30.DOT(ポルカドット
31.OKB(オーケービー)
32.PLT(パレットトークン
33.ADA(エイダコイン
34.LINK(チェーンリンク)
35.XYM(シンボル
36.JASMY(ジャスミー)
37.MKR(メイカー)

» 暗号資産(仮想通貨)は資産?外貨、株式、FX、不動産投資との違い

【厳選4社】初心者向けのおすすめ取引所

おすすめ
取引所



総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
使いやすさ
銘柄数14種類17種類15種類14種類
取引所
(手数料)
無料無料無料無料
販売所
(スプレッド)
0.5%〜6.0%〜2.9%2.0%〜
最低取引額約100円〜500円〜100円〜1円〜
特徴初心者にオススメ!
・安心安全のセキュリティ体制
・初心者に使いやすいアプリ

手数料(出金手数料、ロスカット手数料)無料※BitMatch取引手数料を除く
\初心者にオススメ!/
・コインの種類が豊富(国内最大17種類)

・安心安全のセキュリティ体制(東証1部上場企業マネックスグループ運営)
・初心者に使いやすいアプリ

・ビットコイン取引量6年連続国内No.1(※)
・初心者にオススメ!
・安心安全のセキュリティ体制

・レバレッジ取引可能
60種のテクニカル分析
・安心安全のセキュリティ体制

・戦略的なトレード可能
・逆指値注文(新機能)
・逆指値成行注文(新機能)
キャンペーン
特典
2000円即時キャッシュバック(口座開設特典\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/
注目銘柄IOST(アイオーエスティー)
PLT(パレットトークン)
DOT(ポルカドット)
チェーンリンク(LINK)
XYM(シンボル)
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin(ビットコイン)とは

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、「東京ビットコイン取引所」を改名して誕生した取引所です。

動画事業などを中心に展開している「DMMグループ」を親会社に持っているのが大きな特徴です!

  • DMMグループは、ネット証券の「DMM FX」などを展開
  • セキュリティノウハウが充実していて安全性が高い

「販売所形式」を採用。簡単に操作できるので、初心者の方でも簡単に暗号資産を購入できます。

DMM Bitcoin(ビットコイン)が選ばれる4つのメリット

DMM Bitcoin(ビットコイン)が選ばれるメリットは4つあります。

  1. 初心者にも使いやすいアプリ
  2. 高機能かつ使いやすさを追求したツール
  3. 高いセキュリティ(大手ネット証券DMMグループが運営)
  4. 取引手数料・出入金手数料・送金手数料が無料

取り扱い銘柄14種類

DMM Bitcoin(ビットコイン)の取扱銘柄は次のとおりです。

取り扱い銘柄14種類(2022年2月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル
6.XEM(ネム)
7.LTC(ライトコイン)
8.MONA(モナコイン)
9.XLM(ステラルーメン)
10.QTUM(クアンタム)
11.BAT(ベーシックアテンショントークン)
12.OMG(オーエムジー)
13.XTZ(テゾス)
14.ENJ(エンジンコイン)
登録無料で即日2000円キャッシュバック

コインチェック(Coincheck)とは

国内大手取引所「コインチェック」は、2018年に、東証一部上場企業「マネックスグループ」の傘下に入りました。

金融庁に登録された安全性の高い仮想通貨交換業者です。

Coincheck(コインチェック)IEOの第1弾で大成功をおさめ、IEO第2弾を2022年夏頃に実施と発表がありました。

» コインチェックIEO第2弾!フィナンシェトークンの仕組みや特徴、将来性、FiNANCiE

コインチェックが選ばれる5つのメリット

コインチェックが選ばれるメリットは5つあります。

  1. 初心者にも使いやすいアプリ
  2. コインの種類が豊富(国内最大17種類)
  3. 高いセキュリティ(東証1部上場企業マネックスグループが運営)
  4. アプリのダウンロード数 国内No.1(2021年上半期国内仮想通貨取引アプリDL数No.1!)
  5. 最短10秒でスマホから購入できる

初心者にも使いやすいアプリ

コインチェックは4画面で完結します。わかりやすくてシンプルなデザインが特徴です。

取り扱い銘柄17種類

コインチェックはコインが豊富で、国内最大17種類の取り扱いがあります取扱銘柄は次のとおりです。

取り扱い銘柄17種類(2022年2月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル
6.XEM(ネム)
7.LTC(ライトコイン)
8.MONA(モナコイン)
9.XLM(ステラルーメン)
10.LSK(リスク)
11.FCT(ファクトム)
12.QTUM(クアンタム)
13.BAT(ベーシックアテンショントークン)
14.IOST(アイオーエスティー
15.ENJ(エンジンコイン)
16.OMG(オーエムジー)
17.PLT(パレットトークン
\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)は、みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内の大手メガバンクなどから出資を受けている優良企業です。

ビットコイン取引量 6 年連続 国内 No.1の暗号資産(仮想通貨)取引所です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤー(bitFlyer)が選ばれる4つのメリット

ビットフライヤー(bitFlyer)が選ばれるメリットは4つあります。

  1. 国内初!ビットコインがもらえるクレカ誕生
  2. ビットコイン取引量6年連続国内No.1
  3. 高機能かつ使いやすさを追求したツール
  4. 高いセキュリティ

※ 株式会社ショッパーズアイ調べ 調査方法:国内に於ける暗号資産付与のクレジットカード展開状況に関するデスクリサーチ及びヒアリング調査(2021年10月8日~20日) 調査対象:金融庁HP「暗号資産交換業者登録一覧」31社(2021年10月4日時点)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取り扱い銘柄15種類

ビットフライヤー(bitFlyer)の取扱銘柄は次のとおりです。

取り扱い銘柄15種類(2022年4月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル
6.XEM(ネム)
7.LTC(ライトコイン)
8.MONA(モナコイン)
9.XLM(ステラルーメン)
10.LSK(リスク)
11.BAT(ベーシックアテンショントークン)
12.XTZ(テゾス)
13.DOT(ポルカドット
14.LINK(チェーンリンク
15.XYM(シンボル)
ビットコイン取引量6年連続国内No.1

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットバンク(bitbank)とは

ビットバンク(bitbank)は安いスプレッドで取引ができる取引所として有名で、全ての暗号資産(仮想通貨)取引で安いスプレッドでのトレードが可能です。

スプレッドはビットコインで0.07%、モナコインで0.3%と非常に低いです。中には1円未満の注文単位からお試して購入できるアルトコインもあります。初心者の方にもおすすめの取引所です。

ビットバンク(bitbank)が選ばれる4つのメリット

ビットバンク(bitbank)が選ばれるメリットは4つあります。

  1. 使いやすい取引ツール(60種のテクニカル分析)
  2. 初心者でも簡単・便利に利用できるサービスが充実
  3. 「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能
  4. 高いセキュリティ

「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供開始

2021年9月27日(月)より「逆指値」の注文と成行注文(2種類)の機能の提供開始を発表しました。

逆指値とは
・相場が上昇し、指定した価格以上になれば買いとする注文方法
・相場が下落し、指定した価格以下になれば売りとする注文方法
「逆指値注文」と「逆指値成行注文」の違い
・逆指値注文はトリガー価格に到達すると「指値注文」を発注できるのに対し、逆指値成行注文は「成行注文」が発注されます。
・逆指値注文は指値注文で指定した価格よりも不利な価格で約定することはありませんが、逆指値成行注文はトリガー価格と乖離した価格で約定する可能性があります。
・逆指値注文では値動きの状況によっては約定しない場合があります。

「逆指値注文」は、仕事や就寝時などチャートから長時間目を離した時でも、指定した任意の価格到達時に機械的な決済ができる便利な機能。

保有ポジションにおける利益確定ラインの取り決めや損切りラインのリスクをあらかじめ限定できるため、特に乱高下の激しい相場で役立つことが多いです。

取り扱い銘柄13種類

ビットバンク(bitbank)の取扱銘柄は次のとおりです。

取り扱い銘柄13種類(2022年2月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.XRP(リップル
5.LTC(ライトコイン)
6.MONA(モナコイン)
7.XLM(ステラルーメン)
8.QTUM(クアンタム)
9.BAT(ベーシックアテンショントークン)
10.OMG(オーエムジー)
11.XYM(シンボル
12.LINK(チェーンリンク
13.MKR(メイカー)
\業界で最安手数料/

暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な4つのポイント

日本の取引所は金融庁の登録・二段階認証に加えて、マルチシグ・SSL暗号化通信などを整っています。高いセキュリティ体制を構築しています。

2016年から暗号資産(仮想通貨)相場の動きに注目し、資産を40倍にした私が取引所選びで大切にしているポイントは次の4点です。

  1. 初心者にも使いやすいアプリ
  2. コインの種類が豊富
  3. 高いセキュリティ体制(安心して取引できる)
  4. 手数料、スプレッドが安い

今回、紹介した初心者におすすめの4社はDMM Bitcoin (ビットコイン)コインチェック(Coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)です。

おすすめ
取引所



総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
使いやすさ
銘柄数14種類17種類15種類14種類
取引所
(手数料)
無料無料無料無料
販売所
(スプレッド)
0.5%〜6.0%〜2.9%2.0%〜
最低取引額約100円〜500円〜100円〜1円〜
特徴初心者にオススメ!
・安心安全のセキュリティ体制
・初心者に使いやすいアプリ

手数料(出金手数料、ロスカット手数料)無料※BitMatch取引手数料を除く
\初心者にオススメ!/
・コインの種類が豊富(国内最大17種類)

・安心安全のセキュリティ体制(東証1部上場企業マネックスグループ運営)
・初心者に使いやすいアプリ

・ビットコイン取引量6年連続国内No.1(※)
・初心者にオススメ!
・安心安全のセキュリティ体制

・レバレッジ取引可能
60種のテクニカル分析
・安心安全のセキュリティ体制

・戦略的なトレード可能
・逆指値注文(新機能)
・逆指値成行注文(新機能)
キャンペーン
特典
2000円即時キャッシュバック(口座開設特典\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/
注目銘柄IOST(アイオーエスティー)
PLT(パレットトークン)
DOT(ポルカドット)
チェーンリンク(LINK)
XYM(シンボル)
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

≫ 米国上場している世界最大手コインベース(Coinbase)の特徴を知りたい方はこちら

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

インターネットが世界中の経済・社会に大きな変革が起こしたIT革命のように、暗号資産(仮想通貨)は世界中の人が使う可能性を秘めています。

そんな将来を楽しみに待ちつつ、いまは価格の上昇が期待できる「資産」の1つとして、暗号資産投資を楽しんでみませんか。

\今だけ!2,500円分のビットコインがもらえる/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

» 【初心者必見】暗号資産(仮想通貨)の特徴や仕組み、始め方、税金など解説!暗号通貨

» 【徹底比較】初心者おすすめ暗号資産/仮想通貨取引所ランキング、キャンペーン特典|暗号通貨

この記事を書いた人
ゆう

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。趣味は山登りやサイクリングなど。スポーツ観戦も好きです。

暗号資産との関わりを少し紹介します。
2016年からCoincheckで仮想通貨投資をスタート(投資7年目)。資金2.5万円から250万円 (100倍以上)になりました。

当ブログでは、初心者に必ず知ってほしい「お🉐!キャンペーン情報や投資ポイント、注意点」を惜しみなく公開します。

これからもよろしくお願いします。

ゆうをフォローする
Twitterフォロー
専門用語
ゆうをフォローする
くり部/仮想通貨カレッジ

コメント