最大税率55%!知らないと困る暗号資産(仮想通貨)の税金や確定申告

暗号資産(仮想通貨)にかかる最大税率はなんと55%。

  • 暗号資産(仮想通貨)で利益が出たらどれくらい税率かかる?
  • 税金の申告ってどうするの?

本記事では暗号資産(仮想通貨)の利益が出たときにかかる税金について、最低限知っておきたい基礎知識をご紹介します。

暗号資産(仮想通貨)にかかる税金は?利用者を守る法制度

暗号資産(仮想通貨)の利用者を保護するため、2020年5月1日に「資金決済法」「金融商品取引法」「金融商品販売法」が改正されました。

暗号資産の事業者に対しては、暗号資産の信託義務と流出リスクへの対応などが義務化され、投資者が安心して利用できるようなルール整備を目的とした法律です。

暗号資産(仮想通貨)の確定申告は必要?

給料以外の所得がなく、今までに確定申告を行ったことがないという方であっても、暗号資産の取引で20万円を超える利益が出た場合は、確定申告が必要になる可能性があります。

確定申告とは
・1年間(1月1日から12月31日まで)に得た所得金額に応じて、税金の過不足を清算する手続き
・マイナスのイメージがある方も多いですが、還付を受けるための重要な手続き

基本的に、投資で得た利益は確定申告によって生じた収入分の所得税を納付する必要があります。

利益が所得とみられるタイミングとは
手持ちの暗号資産を手放したタイミングである点に注意しましょう。
(例)暗号資産を売却したとき、暗号資産で支払いをしたとき、暗号資産同士を交換したとき

確定申告しなかった場合はどうなる?

暗号資産で利益が出ていると、確定申告で税金を納めることに拒否感を覚える方もいるのではないでしょうか。確定申告をしなかった場合はどうなるのでしょうか。

  • 各都道府県にある税務署で各個人の取引記録を把握できる
  • 確定申告をしなかったからといって、いきなり逮捕されるわけではない?

基本的に、個人・法人を問わず収入の有無は各都道府県にある税務署で把握しています。税務署は、暗号資産の取引所に税務調査目的で各々の取引記録を閲覧できます。

「あまり稼いでないし大丈夫だろう」と思ってしまう方も多いのですが、国税庁では無申告の把握のため、定期的に重点調査を行っています。

無申告は「脱税」という犯罪に直結する行為であり、簡単に見過せるものではないからです。とはいえ、無申告でいきなり逮捕されるわけではありません。

確定申告をうっかり忘れていた場合は、修正申告によって税金を納付できます。このときには無申告加算税・延滞税といった追徴課税が課されるため、本来よりも多くの税金を納付することになります。

暗号資産(仮想通貨)に課税される所得税とは?

暗号資産には「所得税」が課されます。所得税は10種類に分けられますが、暗号資産取引で得た利益は「雑所得」という項目に区分されます。

所得税の税率は、5%から45%の7段階に区分されています。暗号資産取引で得た利益に応じて税率が分かれます。

みなさんの中には暗号資産取引で得た収入は半分ほど税金で持っていかれると思っている方も多いかもしれませんが、決してそういうことではありません。4,000万円以上の利益を得ている方は45%の税金がかかるというものです。

所得金額税率
195万円以下5%
195万円~330万円10%
330万円~695万円20%
695万円~900万円23%
900万円~1800万円33%
1800万円~4000万円40%
4000万円を超える場合45%
参考:国税庁「所得税の税率」

暗号資産(仮想通貨)の所得が20万円以上ある場合

暗号資産は「雑所得」に分類され、所得が20万円を超えると確定申告が必要になるケースもあります。

所得の計算については、国税庁から共有されている「暗号資産(仮想通貨)の計算書」を使ってきちんと確定申告を行いましょう。

暗号資産(仮想通貨)の税制の現状

現在、日本の税制では、暗号資産(仮想通貨)に関する所得は「雑所得」に分類。「総合課税」と呼ばれ、最大で55%の税率が適用されます。

一方で米国や英国といった海外の主要国は、分離課税(税率20%)のようなルールを導入。今の日本の税制には、暗号資産(仮想通貨)の投資家から不満の声も多く漏れています。

税制改正の動きとして、2021年11月、自由民主党『予算・税制等に関する政策懇談会』に日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の廣末会長、幸専務理事が出席しました。暗号資産(仮想通貨)取引にかかる利益への課税は、20%の申告分離課税にすべきとした上、根拠を添えて要望を伝えています。

» 【必見】暗号資産(仮想通貨)の税金!コインチェック(Coincheck)の売買で発生した利益計算

≫ 米国上場している世界最大手コインベース(Coinbase)の特徴を知りたい方はこちら

この記事を書いた人
ゆう

2017年からCoincheckで仮想通貨投資スタート #BTC |資金2万円から250万円 (125倍以上)📈投資を始めたとき知りたかった情報を惜しみなく発信します。|GMOインターネット関連(仮想通貨取引所グループ)所属|暗号資産/仮想通貨のブログ運営💻初心者が気をつけるポイントを分かりやすく解説します。

ゆうをフォローする
Twitterフォロー
初心者
ゆうをフォローする
くり部/仮想通貨カレッジ

コメント