パレットトークン(PLT)徹底解説!特徴と価格予想、コインチェックIEO

暗号資産(仮想通貨)

パレットトークン(PLT)という暗号資産(仮想通貨)を見つけたけど、情報が多すぎてどうしたらいいのか悩んでいませんか。

パレットトークン(PLT)は株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)がコインチェックの「Coincheck IEO」を利用して発行し、日本初のIEO事例となったトークンです。

パレットトークンは今注目を浴びているNFTプラットフォームに用いられる暗号資産(仮想通貨)で、今後もさらに注目される可能性が高いといえるでしょう。

IEOの第二弾の命運を握る重要なIEO第一弾で大成功をおさめました。コインチェック(Coincheck)のIEO第二弾に期待がふくらみます。

IEO第二弾に申し込みを検討されている方は口座開設しておくことをオススメします。

パレットトークン(PLT)は、7月29日上場後、一時は販売価格4.05円/PLTの約11.5倍となる46.1290円を記録しました。その後も需要が集まり、公募価格の23倍となる約95円に達するなど活況を呈しています。

非常に注目度の高い銘柄(通貨)ですので、今後の動向などを解説していきます。

\国内初IEOで大成功!/

関連:IOST(アイオーエスティー)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

パレットトークン(PLT)とは

パレットトークン(PLT)は日本発のアニメ・マンガ・音楽などをデジタルで楽しめるプラットフォーム「Pallet」上の公式ウォレットでもあります。

パレットトークンは、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「パレット(Palette)」で利用される暗号資産(仮想通貨)です。国内初のIEOによる資金調達を行い話題になりました。

パレットでは、独⾃のブロックチェーンであるパレットチェーン (Palette Chain)上で、デジタルアイテムをNFTとして取り扱うことができます。

パレットトークンのパレット上での主な用途は、発行されたNFTの購入費、パレットにおけるノード運用報酬の支払い、コンソーシアムメンバーへの委任、スマートコントラクトやNFT発行の手数料などが挙げられます。

パレットトークンは、NFT市場の拡大に伴って顕在している「スケーラビリティ問題」「ガス代問題」「著作権問題」などの課題解決を目指しています。

関連:【世界中で注目】NFTアートとは?基本から購入・出品の方法まで解説

パレット(Palette)とは

パレット(Palette)は、デジタルコンテンツを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワークです。

デジタルコンテンツ

日本が世界に誇る様々なコンテンツが、パレットチェーン上で流通するNFTとしてデジタル化され、誰もが簡単に所有や売却することを可能にします。NFT対応ウォレットやNFT売買プラットフォームのホワイトラベルの提供も行います。

コンソーシアム

パレットチェーンはコンソーシアムによって分散的に運営されます。コンソーシアムのメンバーによってガス価格の調整や新規コンソーシアムメンバーの加入など、チェーン及びプラットフォームに対するガバナンスが行われます。

パレットトークン

パレットチェーン上ではガス手数料の支払いに暗号資産であるパレットトークン(Palette Token/PLT)が使用されます。パレットトークンはEthereum上で発行され、クロスチェーン技術を用いてパレットチェーン上でも利用することができます。

パレット(Palette)の特徴

クロスチェーン対応

イーサリアム(ETH/Ethereum)をはじめとした複数のブロックチェーンと相互運用が可能。

手数料の安定化・低価格化

エンターテイメントに特化し、独自の手数料設計により手数料の安定化・低価格化を実現。

暗号資産が不要のユーザー体験

ユーザーは暗号資産を意識せずにブロックチェーンサービスを利用できます。

コンセンサスノードによるガバナンス

コンテンツホルダー自身もコンセンサスノードとなることでルールメイクに参加できます。

日本初のIEO第一弾で大成功!第二弾にも期待大

コインチェック(Coincheck)で実施された国内初のIEOの第一弾で大成功をおさめました。今後の第二弾にも期待が持てます。

IEO(Initial Exchange Offering)とは
IEO とは企業・プロジェクトによるトークン発行を通じた資金調達を支援することです。

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェック(Coincheck)は、2021年7月1日に「Coincheck IEO」で日本初の試みとしてIEOを実施。パレットトークン(PLT)の購入権の抽選は7月20日に行われ、コインチェック(Coincheck)7月29日上場しました。

Coincheck IEO 第一弾で大成功した理由
・日本国内初のIEOという付加価値
・将来有望な銘柄を厳選したうえでIEOを実施
当初4.05円の価格から上場後すぐに高騰
当初から23倍の価格95円を叩き出す

抽選申し込みでは、開始後わずか6分で目標金額の「9億3,150万円」を調達しました。最終の申し込みの抽選倍率は24.4倍に上りました。

日本の暗号資産投資家がより安全かつ簡単に国内外の有望なプロジェクトへ参加できる環境を提供することで、暗号資産・ブロックチェーン関連のプロジェクトを支援し、暗号資産市場の更なる発展に貢献してまいります。

2021年6月24日コインチェックプレスリリースより

パレットトークン(PLT)は、7月29日上場後、一時は販売価格4.05円/PLTの約11.5倍となる46.1290円を記録しました。その後も需要が集まり、公募価格の23倍となる約95円に達するなど活況を呈しています。

今後、コインチェック(Coincheck)で実施されるであろう第二弾にも期待がふくらみます

ZOZO創業者「前澤友作」氏から4.8億円資金調達

国内初IEO実施のパレットトークン(PLT)の親会社がZOZO創業者「前澤友作」氏から4.8億円資金調達していたことがわかりました。

【全て5倍以上の価格】海外の大手取引所バイナンス(Binance)のIEO

海外の大手取引所バイナンス(Binance)のIEO事例
・IEOで発行された通貨を購入できれば全勝
・最大17倍!すべての通貨で5倍以上の価格

上場後は少しずつ価格は低下していきますので、IEOで購入して、上場後に売り抜けるという方法が最も多くのリターンを得る方法です。

世界で始めてIEOを行ったバイナンスが成功した理由は『知名度の高さ』と『初期に行った事』です。

IEO(Initial Exchange Offering)について

電子的に発行する資金調達

IEO(Initial Exchange Offering)とは、企業やプロジェクト等がユーティリティ・トークンを電子的に発行することで資金調達を行う仕組みであるICO(Initial Coin Offering)の中でも、暗号資産取引所が主体となってプロジェクト審査、およびトークン販売を行うモデルです。

従来のICO(Initial Coin Offering)と比較して、暗号資産取引所の審査を経ていることからプロジェクトの信頼性が向上するほか、新規上場を前提とした調達支援となることから流動性も担保されやすいメリットがあります。

IEOは、資金調達したい企業がトークンを発行し、その販売を取引所に委託。取引所は自社での上場・販売を前提に、発行されるトークンだけでなく、発行元企業についても十分に調査することになります。

海外暗号資産の大手取引所バイナンスなどにおいては、世界中の開発者・投資家・サービスプロバイダー等のネットワーク参加者とオープンな分散型ネットワークを構築する手段や新たなインセンティブ設計の手段としてIEOが活用されています。バイナンスでのIEO事例ではトークンの価格の高騰事例が相次ぎました。

第一弾パレットトークン(PLT)について

Coincheck IEOの第一弾として、Hashpalette社の発行する独自トークン「Palette Token(PLT)」の購入申込みを暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)で2021年7月1日実施されました。

IEO参加者は、企業・プロジェクトを支援することにより、トークンを取得することができ、取得したトークンは売買や様々なサービスに利用することが可能となります。

抽選申し込み方法(現在は終了しています)

パレットトークン(PLT)の購入申込みにはコインチェック(Coincheck)の口座開設が必要となります。パレットトークンの申し込み期間はは終了しています。

購入申込みの開始 ▶︎ 2021年7月 1日(木)12時から

購入申込みの終了 ▶︎ 2021年7月15日(木)18時まで

トークンの受渡し ▶︎ 2021年7月20日(火)から順次受け渡し(抽選)

トークン取扱開始 ▶︎ 2021年7月29日(木)12時から

まとめ

今回の記事では、パレットトークン(PLT)の今後・将来性や購入方法を紹介しました。

まだまだ発展していくNFT市場に貢献する可能性があるパレットトークンに期待です。

IEOの第二弾も実施できるかどうかの命運を握る重要な第一弾で大成功をおさめました。コインチェック(Coincheck)第2弾に期待がふくらみます

Coincheck IEO 第一弾で大成功した理由
・日本国内初のIEOという付加価値
・将来有望な銘柄を厳選したうえでIEOを実施
当初4.05円の価格から上場後すぐに高騰
当初から23倍の価格95円を叩き出す

IEO第二弾に申し込みを検討されている方は早めに口座開設することをオススメします。

\国内初IEOで大成功!/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

関連:【国内初】LINE BlockchainがJリーグとライセンス契約|NFT

関連:【メルカリが本格参入】小会社「メルコイン」設立へ、NFT市場進出も視野

関連:【初心者向け厳選】登録必須のおすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所

コメント

タイトルとURLをコピーしました