【初心者向け厳選】登録必須のおすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所|ビットコイン・アルトコイン

暗号資産(仮想通貨)

実際に国内の暗号資産(仮想通貨)取引所7社を利用した私が選ぶ初心者向けのおすすめ取引所3社を紹介していきます。

使いやすい取引所の選び方
・使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
・取引できる通貨の種類は多いのか
・取引手数料が「本当に」安いのか

暗号資産やビットコインというと、2018年の価格が暴落した時を覚えている方も多いと思います。

その当時は、価格の乱高下も激しい状況でしたが、近年では、アメリカの大手企業のテスラやマイクロストラテジーを始めとしてビットコインやアルトコインを保有する動きが目立っています。

最近ではエルサルバドルという国でビットコインが法定通貨として承認されるなど、米国企業による買い支えが続いています。

この記事ではこれから暗号資産の投資を始めるにあたり、初心者のあなたにぴったりな取引所3社を紹介します。

【厳選3社】初心者向けのおすすめ取引所






使



    


17種類10種類12種類


無料無料無料
(※BitMatch取引手数料を除く)


500円1円数百円



銘柄取扱 国内最大
○初心者にオススメ!
○ダウンロード国内No. 1
○60種のテクニカル分析
○戦略的なトレード可能
2000円プレゼントキャンペーン
○365の安心サポート




詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コインチェック(Coin check)とは

国内大手取引所「コインチェック」は、2018年に、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入っていて、金融庁に認可された安全性の高い仮想通貨交換業者です。

IOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の17種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。

また、日本初の試みとしてコインチェックでパレットトークン(PLT)のIEOが実施され、大成功を収めました。

Coincheck IEO 第一弾で大成功した
・日本国内初のIEOという付加価値
・将来有望な銘柄を厳選したうえでIEOを実施
当初4.05円の価格から上場後すぐに高騰
当初から23倍の価格95円を叩き出す

関連:【2021年版】暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後の価格予想と将来性

関連:【価格が23倍!パレットトークン(PLT)】コインチェック(Coincheck)で日本初のIEO大成功

コインチェック

東証一部上場企業マネックスグループの企業理念とは

MONEXとはMONEYのYを一歩進め、一足先の未来の金融を表わしています。 
常に変化し続ける未来に向けて、ネックスグループは、最先端のIT技術、世界標準の金融知識を備え、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインし、更には新しい時代の金融を再定義し、全ての個人の投資・経済活動をサポートすることを目指しています。

出典:マネックスグループ HP

コインチェックのサービス概要

コインチェックでは、取引所と販売所という2つの機能を備えています。

暗号資産(仮想通貨)取引所とは
買い手と売り手が直接板取引を行えるもので、手数料が安い代わりに最低限のトレード知識と手間がかかります。コインチェックでは取引手数料は無料です。
暗号資産(仮想通貨)販売所とは
取引所が仮想通貨をユーザーに販売するサービス。簡単かつ即座に購入可能な代わりに、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が存在します。

コインチェック利用のメリット【3選】

暗号資産(仮想通貨)初心者や投資家が抑えておきたい、3つのメリットを紹介します。

使いやすさと安心感

コインチェックは初心者向けに作られており、国内取引所のなかでも、販売所のデザインやアプリの使いやすさで知られ、初心者におすすめの取引所です。

専用のスマホアプリの見やすさには定評があり、特にウィジェット機能の騰落率は多くのトレーダーが重宝しているのではないでしょうか。

出典;コインチェックのウィジェット機能

販売所では、ローソク足の見方や板取引のやり方がわからない初心者でも、手軽に仮想通貨を売買可能です。

スプレッドの開きがあるものの、簡単売買の使いやすさは国内や海外の取引所と比較しても、大きく抜きん出ていると言えるでしょう。

また、コインチェックは、2018年1月に発生した仮想通貨ネムの不正流出事件を受け、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入りました。このため、国内有数の資本力と金融ノウハウを持つマネックスグループの安心感があります。

関連:暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックの売買代金「収益の柱に成長」

関連:コインチェック、日本初のIEOに向けエンタメ特化形チェーン「Palette」のテストネット参加

取り扱い銘柄数が国内最多

コインチェックは国内の取引所の中でも新しい暗号資産(仮想通貨)のアルトコインの上場に積極的です。

XLM(ステラルーメン)やIOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の17種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。

取り扱い銘柄17種類(2021年9月時点)
ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、XRP(リップル)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、パレットトークン(PLT)

コインチェックではビットコイン取引所の取引手数料が無料です。指値注文で頻繁に取引を行うトレーダーにはありがたい仕様です。

また、コインチェックは新しい銘柄だけでなく、新しい資産に対しても意欲的な姿勢を見せています。ブロックチェーンゲームなど様々な業界で導入が進むNFT(non-fungible token)に関して、コインチェックは取引するためのマーケットプレイスを2021年3月に開設しています。

関連:NFT (非代替性トークン)の特徴と仕組み|楽天、LINE続々参入|暗号資産(仮想通貨)

初心者向けのサービスも充実

『Coincheckつみたて』サービスでは、「暗号資産を保有したいが、忙しくて手が回らない」「取引所の板取引はよくわからない」そのようなニーズに答えるため、コインチェックでは、株式でいう積立NISAと同じようなサービス暗号資産(仮想通貨)の積み立て投資のプランを導入しています。

積み立て投資とは
「ドル・コスト平均法」とも呼ばれています。
一定金額かつタイミングを分散して定期的に買い続けることで、安定して資産を増やすのに向いていることから、長期的な資産形成に向いているというメリットがあります。

コインチェックでは、月10万円までの積み立てが可能で、500円単位で金額を選ぶことができます。

長期保有している仮想通貨を有効利用する手だてとして、貸仮想通貨サービスも行っています。

ほかにも、『Coincheckガス』や『Coincheckでんき』など、生活インフラと直結したサービスもあるので、役立つものはないかチェックしておきましょう。

コインチェックでは、ほかにも最大年率5%の貸仮想通貨(レンディング)サービスがあり、資産運用の面でもサービスが充実しているといえるでしょう。

CoincheckでんきとCoincheckガス

コインチェックは「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」というサービスも提供しています。

Coincheckでんき

Coincheckでんきは、電気料金の支払いをコインチェックを通じて行うと割引、もしくは料金の一部がビットコインで還元されるサービスです。

ビットコインで還元されるサービスは2種類(ビットコイン付与プラン、ビットコイン決済プラン)から選ぶことができます。

ビットコイン付与プランは毎月支払った電気料金の1~7%相当額のビットコインが付与されるプランです。

ビットコイン決済プランは電気料金をビットコインで支払うことで、電気料金が1~7%割引されるというものです。

沖縄や離島を除いた全ての地域で対応しており、国内外で実績のある電力会社と提携しているため安定した電気を提供可能です。

Coincheckガス

CoincheckガスもCoincheckでんきと同じく、ガス料金の支払いをコインチェックを通じて行うと、割引、もしくは料金の一部がビットコインで還元されるサービスです。

ビットコイン付与プランは、毎月支払ったガス料金の3%相当額のビットコインが付与されます。ガス料金は東京ガスと同じです。

ビットコイン決済プランは、後者はガス料金をビットコインで支払うことで、東京ガスのガス料金が3%割引されます。

コインチェック

ビットバンク(bitbank)とは

ビットバンクはシンプルで使いやすいデザインの取引ツールを備え、スプレッドの低さ、出入金の便利さが特徴的な暗号資産取引所です。そして充実のマーケット情報を得られるメディアも兼ね備えています。

取引手数料無料キャンペーンなども行なっているため、ビットバンクは口座開設しておいた方がいいおすすめの取引所です。ビットバンクは安いスプレッドで取引ができる取引所として有名で、全ての暗号資産(仮想通貨)取引で安いスプレッドでのトレードが可能です。

スプレッドはビットコインで0.07%、モナコインで0.3%と非常に低い範囲となっています。中には1円未満の注文単位からお試して購入できるアルトコインもあり、初心者の方にもおすすめの取引所です。

取り扱い銘柄9種類(2021年8月時点)
ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)
bitbank

ビットバンク(bitbank)の利用メリット【3選】

初心者でも簡単・便利に利用できるサービスが充実

ビットバンクのスマホアプリは初心者でも非常に使いやすく設計されていることも特徴です。

チャートはTradingViewがベースとなっているので、描画機能を備え、テクニカル指標も70種類ほど利用することができます。初級者から上級者まで対応している非常に使いやすい取引ツールです。

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)

仮想通貨の情報収集に便利

ビットバンクが運営しているメディア「bitbank MARKETS」では、市況・市場分析、調査レポートが1日に2~3本投稿されており、ビットバンクで取引できる銘柄を中心にマーケットアナリストによる客観的な分析を見ることができます。

テクニック分析とファンダメンタル分析を短期、中長期の視点で解説しているため、非常に有益な情報となっています。暗号資産取引をこれから始める方は、レポートに目を通すだけでも仮想通貨市場の主要なトピックを把握できると思います。 

ビットバンクのニュース速報は、暗号資産トレードのマストアイテムとなるでしょう。

日本ナンバーワンのセキュリティ水準で取引できる

暗号資産取引所のセキュリティレベル審査でビットバンクは日本ナンバーワンとなりました。ハッキングへの耐性が最も高い取引所のため、利用者は安心して仮想通貨の取引が行えます。

仮想通貨取引所の中には入出金に時間が必要な取引所もありますが、ビットバンクでは24時間体制で日本円や仮想通貨の出入金が可能となっています。

法定通貨の入金手数料は基本的に無料、出金手数料は日本円で550円、3万円以上は770円が必要となります。

ミクシィと提携、NFT市場に参入

ビットバンク株式会社は2021年9月に東証1部上場企業である株式会社ミクシィとの資本業務提携を発表しました。

ミクシィは、約70億円を出資することで株主となり、ビットバンク株式会社は、ミクシィ社とセレス社の「持ち分法適用関連会社」となります。

ビットバンクの廣末紀之社長は記者会見で、資金調達の背景について「財務基盤の強化」「新規事業への投資」の2つがあると説明しています。

新規事業への投資とは
「IEO(Initial Exchange Offering)、ステーキング、カストディ、L2(レイヤー2)決済」などを例として挙げ、新規事業の創出に意欲を示しています。

ゲーム業界とNFT市場とのシナジーの高さを強調しつつ、ミクシィのIP(知的財産)を使用したNFT市場の参入や新たなブロックチェーンゲームの開発も示唆しています。

日本を代表するIT企業との資本業務提携により、今後、これまで以上に盤石な取引所の運営体制と、上記の新規事業の開発が加速していくことが期待されます。

関連:NFT (非代替性トークン)の特徴と仕組み|楽天、LINE続々参入

bitbank

暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な3つのポイント

使いやすい取引所の選び方
・取引できる通貨の種類は多いのか
・使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
・取引手数料が「本当に」安いのか

日本の取引所は金融庁の認可・二段階認証に加えて、マルチシグ・SSL暗号化通信などを整っています。高いセキュリティ体制を構築しています。

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:【はじめての株式投資】投資をもっと身近に、もっと手軽に|LINE証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました