NFT(非代替性トークン)徹底解説!特徴と活用方法、将来性|暗号資産

暗号資産(仮想通貨)

いま注目を集めているNFT(非代替性トークン)。

これまではコピーが容易だったデジタルデータが、ブロックチェーンの技術によって数量限定や所有者を記録できるようになりました。

今までになかった大きな変化は、デジタルデータにも希少性が価値が設計できるようになったこと。

NFTについて知ることは未来の可能性を広げることにつながると感じます。

今後、NFTの利用をされる方は、コインチェック(Coincheck)の口座開設をしておくことをおすすめします。NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料は無料です。

そんなNFTについて、要点をわかりやすく解説していきます。

\最短5分で申し込み完了!/

NFT(非代替性トークン)とは

NFT(非代替性トークン)とは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で、代替不可能なトークンという意味。

世界にたった一つだけのデータ(デジタル・コンテンツ)」に価値(値段)を付けるための技術のことです。

  • デジタルデータに「たった一つ」や「数量限定」の証明が付けられる

ちなみに、現在の日本の法律ではデジタルデータなどの無物体に所有権は認められていないので、実際には「所有者や取引情報を記載したデータ」というイメージです。(ブロックチェーンにオーナーとして記載される)

NFTと暗号資産(仮想通貨)の違い

「NFTと暗号資産(仮想通貨)って何が違うの?」というギモンにお答えします。

お金や暗号資産は等価交換、つまり1万円なら1万円分の物や暗号資産を売買できます。

それに対して、NFTは普通のTシャツに有名人のサインを入れるようなものです。

Tシャツの価値は同じですが、サイン入りの場合、希少性や限定の価値があり、お金をたくさん出しても手に入れたくなるコレクターもいますよね。

その『サイン』の希少性や限定価値を暗号資産のブロックチェーン技術を使ってコピー・書き換えできなくしているのがNFTです。

NFTの活用方法

NFTは、ブロックチェーンを活用したデジタルトークンで、アート作品やトレーディングカード、コンサートのチケットなどのデジタルな作品や商品の所有権の売買を可能にします。

唯一性を持つ特性から、所有権を保護する特性があり、所有者の履歴もブロックチェーンでたどれることで、オリジナルの作品から流れてきた商品化の真贋鑑定(本物か偽物かを調べる事)も簡易化する特性があります。

人気アイドルグループのSKE48、HKT48などが次々と限定NFTを発行など日本が世界的にリードするアニメ・漫画のアートワークのNFT化を実現しています。

こうした傾向からも、主に既存のコンテンツ自体をベースとした「ファンコミュニティを中心とするマーケット」である点は、その他の国と比較しても興味深い点の一つです。

NFT(非代替性トークン)が約3.1億円で落札

Twitterのジャック・ドーシーCEOの落札されたツイート

ツイッター(Twitter)共同創業者・CEOのジャック・ドーシー氏が創業時の2006年3月に発した「Just setting up my twttr(僕のツィッター、準備中)」という史上初のツイート

慈善目的の競売にかけられたNFT(非代替性トークン)が約3.1億円(290万ドル)で落札された。この際に使われたのがNFT。

ジャック・ドーシー氏は2021年3月23日に、このNFTの販売利益を暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に変換し、50.875 BTC(約3.1億円)アフリカの貧困対策団体「GiveDirectly」に寄付しています。

関連:【IOST(アイオーエスティー)の買い方】今後の将来性と価格予想、上場

関連:ポルカドット(Polkadot)の価格予想、仕組みと将来性|Web3.0

NFTで何ができるの?何がすごいの?

作品やデータをNFT化することで「世界に一つしかない」「数量限定」といったクリエーターの収益チャンスと利益が増え、次のようなことができます。

希少性・限定価値(転売されるたびに原作者にも収益が入る)

NFT作品は転売されるたびに、原作者にもあらかじめ設定した割合でロイヤリティ収益が入る仕組み。そのため、NFT作品が転売されるたびに原作者には継続的に収益が発生していきます。

収益機会・利益 UP(NFTでなにが売れるの?)

希少性や限定性が加わることでの収益チャンスと利益をアップする可能性をグンと高めることができます。

01デジタルアート作品
・ビープルのデジタルアートが約75億円で落札
・ワンピースの尾田栄一郎氏の描いたNFTアート
が数量限定で販売開始。
02ゲーム・ゲームキャラクター・レアアイテム
・全世界で100本しか発売されないNFT証明書付ゲーム
・自分が育てたゲームキャラクター、伝説の剣、アイテムなどを取引することが可能に。
03仮想空間や仮想空間上の土地
・仮想空間上の土地取引や賃貸、そこを使ったイベント開催なども可能。
・ゲーム内のNFTを使った仮想区画が約1億6000万円という金額で売却された例もあり。
04音楽
・NFT音楽でもっとも一般的な形は、音楽作品を売買できるデジタルマーケットに出品するアーティストとその音源を使いたい利用者に分かれる。
取引が成立するとアーティストに売上の一部が還元される
05動画・VR動画
VRアーティスト・せきぐちあいみ氏のNFT作品が1300万円の高値で取引された事例あり
・今後VRアート市場はますます活況化していく見込み。
06トレーディングカード
・「全世界でひとつしかない」「100枚しかない」限定カードの発行が可能
・コレクター間での高値取引が予想される。
07電子書籍
・「原作者のサインを限定電子書籍に付与」「初版限定の電子書籍販売」「ゲームのように本編の内容を販売後に追加・変更」が可能に。
・売買のたびに原作者への利益還元も発生し原作者の収益アップが見込める。
08現実のブランド品や保証書
・リアルな洋服やバッグへNFT入りのICチップを埋め込み品質保証を行うことが可能に。
NIKE初のデジタルスニーカー“AIR SMOKE 1”は5ETH(イーサリアム)約124万円で販売。開始9分で落札。

NFTの注意点って?

注目度や期待も高まるNFTですが、話題性が先行して見落とされがちな部分も多いため、4つの注意点を紹介します。

NFT原作者の身分証明の問題

NFTで一番注意すべき点で、デジタルデータを取引するという特性上、マーケットプレイス上のアカウントが実在の人間とひもづいている必要がないという問題です。

実際にNFTマーケットではこれに関連した詐欺・詐称問題が出始めていて、各市場での対策が始まっています。

最大手のOpenseaでは、NFT化したアカウントを持つ人間が、作品やデータについての詳細説明と関連するURLを貼付することができるようになりました。

購入者はこれを確認して、本物かどうか以前に、原作者本人がNFT化したものなのかを確認することが必須になるでしょう。

法規制が未整備

2021年11月現在、NFTは資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)にはあたらないと考えられています。守るべき金融規制が整備しきれていない状態で各種事業が行われている状況です。

法整備が追いつくまでは、不正が発生する可能性も知っておく必要があります。

NFT作品を売却したときには税金がかかる

暗号資産(仮想通貨)と同じくNFTアートなどを売却して得られた収益は『雑所得』となるので課税されます。雑所得として扱われるのは、他の副業や収入源からとの合計収入で年間20万円以下まで。

20万円以上の所得を得ている、もしくは見込みのある方は、確定申告を行う必要があるので注意が必要です。

コピープロテクトではない

特に注意しなくてはならないのは、デジタルデータ『自体』のコピーは可能であるということです。

コピー・改ざんができないのは『“一点もの”や“数量限定”の証明書』の部分であって、データ自体をコピーや改ざんから保護するようなものではありません。

コピー不可能な証明書に紐づけられたデータに価値を生み出すことから、収集価値、コレクション性を守るという意味合いが強いといえます。

\最短5分で申し込み完了!/

【Coincheck NFT】2021年3月24日より提供開始

日本初のNFTマーケットプレイスを展開

コインチェック(Coincheck)は、ブロックチェーン上のデジタルアイテムであるNFTを取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を2021年3月24日より提供開始しています。暗号資産取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイスは日本初です。

コインチェック(Coincheck)の口座をお持ちの方はどなたでも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料は無料です。

取扱い商品は、『CryptoSpells』『The Sandbox』の2タイトルのゲーム内アイテムがラインナップされています。今後随時追加されています。

今後は、ゲーム分野のみならず、アートやアニメ、マンガ、音楽などの分野のNFTの取扱いにも注力し、NFT市場の拡大およびNFTによる新たなエコシステムの創出を目指していくとのことです。

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

「Coincheck NFT」の特徴

特徴・Coincheckの口座をお持ちの方であれば、NFTの出品・購入・保管がワンストップで可能
・出品・購入のネットワーク手数料(Gas代)が無料
・NFTの購入には13種類の暗号資産が利用可能
リリース日2021年3月24日
決済に利用可能な暗号資産BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ
利用手続きCoincheckの口座をお持ちの方は、手続きなしでご利用いただけます
出典:コインチェック(Coincheck)

集英社、NFT関連事業で『ONE PIECE』販売(2021年9月25日発表)

出典:集英社

国内最大手の出版社の集英社は2021年9月25日、マンガアート販売事業「集英社マンガアートヘリテージ」にて、尾田栄一郎氏の代表作『ONE PIECE』の連載1,000話・コミックス100巻発売を記念し、活版印刷作品「The Press」10点の販売を開始すると発表しました。

集英社マンガアートヘリテージとは(公式HP
・集英社が2008年からマンガのカラー原画を高精細でスキャン、撮影し、作品情報とともにアーカイブしてきた資産を「世界に向けて送り出す」事業。
・来歴を永続的に記録するために、ブロックチェーンとNFT(非代替性トークン)技術を利用している。

販売内容

 

1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した『ONE PIECE』は、2021年1月4日(月)に発売の同誌5・6合併号で連載1000話を迎えました。そしてジャンプコミックス100巻が2021年9月3日(金)に発売されました。コミックスの累計発行部数は4億9000万冊を超えています。

集英社マンガアートヘリテージでは、1話から1000話の中から名シーンを10場面セレクト。活版平台印刷機によるプリント「The Press」で作品化。

「The Press」は、現在では希少となった大型の活版平台印刷機(ハイデルベルグ社製・1960年代製造)を用いてプリントを行います。

大型の活版平台印刷機(ハイデルベルグ社製・1960年代製造)とは
・強い圧力をかけて刷られることで印刷面が凹み、独特の表情を見せる。
・用紙はドイツの製紙会社GMUND社の耐用性に優れた、コットン100%のファインペーパー「グムンド・コットン マックスホワイト」が使用される。

「The Press」の見本を見たGMUND社のシニア・マーケティング&ディベロップメント・マネージャー、マクシミリアン・フーバー氏は、次のようなコメントを寄せています。

マンガは本来、毎週のように消費されていく性質のものであると理解している。しかしマンガの粋を集めて作られたこのマンガアートは、より長期的で本質的な要素を備えている。さらにはマンガとの新たな関係性をも示唆している。

マクシミリアン・フーバー氏のコメント抜粋
出典:スタートバーン社「ブロックチェーンNFT証明書発行サービス」

マンガアートヘリテージでは、スタートバーン社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスが採用されています。

抽選販売申込受付期間

2021年9月25日(土)~10月3日(日)

購入、内容を確認するためには会員登録が必要です。

販売額

495,000円(消費税含む)

マンガアート作品にブロックチェーン証明書

販売されるマンガアート作品に、ブロックチェーン証明書「Cert.」が発行されることで、作家や版元情報をはじめ、二次流通市場における来歴も永続的に記録され続けます。

集英社はこれまで、代表作である『ONE OIECE』、『イノサン』、『ベルサイユのばら』の作品、大暮維人氏による「美人画」をテーマにしたカラープリント作品を販売しています。

楽天(Rakuten)がNFTへ参入

楽天グループ傘下のコミュニケーションズ&エナジーカンパニーは、2022年初頭にNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの立ち上げを計画し、人材募集を行っていたことがわかりました。

コミュニケーションズ&エナジーカンパニーの事業内容
ブロックチェーン技術を活用した革新的な技術をコンテンツビジネスに適用し、魅力的で使いやすいNFT市場の構築と一般化を推進すること

楽天グループ傘下の人材募集の概要

暗号資産(仮想通貨)領域の成長はもちろんのこと、セキュリティトークンやNFTなどの新しいマーケットが立ち上がり、また、各国におけるCBDCの検討や発行、サプライチェーンやIDにおける活用など、ブロックチェーンが急速にメインストリームに近づいてきています。

さらなる楽天グループ内でのプロジェクト促進のため、本ポジションを募集します。

募集の要件
・ビジネスレベルの英語力、経理・法務・営業・開発などの各領域における一般的な業務知識。
・プロスポーツ・アニメ・マンガ・アイドル・ゲーム・音楽などのコンテンツに対する関心、知識

SBIがNFT市場進出、nanakusa運営のスマートアプリを子会社化

 

SBIホールディングス株式会社は2021年9月30日、NFT(非代替性トークン)事業を運営する株式会社スマートアプリの株式を取得し、連結子会社化したことを発表しました。

これに伴い、社名はSBI NFT株式会社に変更される。SBIグループの持ち株比率は80%となる。

スマートアプリのNFT関連事業

スマートアプリは2021年3月、NFTマーケットプレイス「nanakusa」β版を提供開始しました。

nanakusa とは
・公認されたコンテンツホルダーやNFT販売事業者、クリプトアーティストが制作したNFTの販売(一次販売)
・利用者同士が所有するNFTを売買(二次販売)できるプラットフォームサービスのこと。

「nanakusa」のプラットフォーム内で発行されたNFTは、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっています。

2021年2月には、JPYC株式会社と業務提携契約を締結をしています。

まとめ(集英社『ONE PIECE』、LINE、メルカリなどの情報)

集英社『ONE PIECE』、楽天(Rakuten)やLINE、Jリーグ、メルカリなど国内でも様々な分野でNFTが活用されようとしています。

今後、新しいお金の流れが生まれそうな予感がしますし、暗号資産(仮想通貨)の更なる価値上昇に期待です。

NFTを活用した新しいお金の流れ(未来予想)
・ゲームキャラの販売
・リアル商品の証明書
・デジタル会員券の1日限定貸出し
・本がメルカリやヤフーオークションで落札された場合も著者に印税

今後、NFTの利用をされる方は、コインチェック(Coincheck)の口座開設をしておくことをおすすめします。NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料は無料です。

\最短5分で申し込み完了!/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:【登録必須の取引所】厳選4社を徹底解説|暗号資産(仮想通貨)の始め方

関連:IOST(アイオーエスティー)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:パレットトークン(PLT)徹底解説!特徴と価格予想、コインチェック国内初IEO大成功!

関連:シンボル(Symbol/XYM)徹底解説!特徴と将来性|ネム(NEM/XEM)の上位互換

関連:ポルカドット(Polkadot/DOT)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:リップル(XRP/ripple)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

コメント

タイトルとURLをコピーしました