チェーンリンク(Chainlink/LINK)徹底解説!特徴と将来性、価格予想

暗号資産(仮想通貨)

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は2022年1月時点で、時価総額ランキング16位と上位につけている暗号資産(仮想通貨)です。

2021年9月以降、立て続けに3社の国内暗号資産(仮想通貨)取引所で新規上場され、現在注目の銘柄です。非常に注目を浴びています。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は異なるブロックチェーンやDappsの中間処理役としても機能するため、汎用性が非常に高いです。

WebアプリケーションやPayPal、クレジットカードの銀行決済といった金融・証券・保険・貿易などの実生活のあらゆる分野で、スマートコントラクトと既存データ(市場データ・銀行システム・商品データ)を安全に管理することができます。

今回はそんな注目度の高いチェーンリンク(Chainlink/LINK)について、特徴やこれまでの価格推移、今後の見通しなどを解説していきます。

LINK(チェーンリンク)を購入できるおすすめの国内暗号資産(仮想通貨)取引所はビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)の2社です。

\国内初!ビットコインがもらえるクレカ誕生/

  1. チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは?現在の価格
  2. チェーンリンク(Chainlink/LINK)の特徴や将来性
    1. ブロックチェーンネットワークに安全に外部データを取り込める
    2. ブロックチェーン技術を外部システムで活用することができる
    3. 異なるブロックチェーン同士をつなぐことができる
    4. チェーンリンク(Chainlink/LINK)の77のユースケース
  3. チェーンリンク(Chainlink/LINK)の今後の価格予想、1万、10万、100万になる?
    1. 2030年には90,716円の見込み「cryptocurrency price prediction」の予想価格
  4. チェーンリンク(Chainlink/LINK)の活用事例(企業、大学などと連携)
  5. 取引開始までの流れ【簡単3ステップ】
    1. ①アカウント登録
    2. ②スマホで本人確認
    3. ③最短1日で取引開始
  6. ビットフライヤー(bitFlyer)とは
    1. 新規銘柄チェーンリンク(Chainlink/LINK)が上場(2021年12月中旬)
    2. ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴
      1. ビットコインFXが利用可能!
      2. セキュリティ対策や補償が明記
      3. ビットコインがもらえるサービスを展開
  7. ビットバンク(bitbank)とは
    1. ビットバンク(bitbank)の利用メリット【3選】
      1. 初心者でも簡単・便利に利用できるサービスが充実
      2. 「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供開始
      3. 暗号資産(仮想通貨)の情報収集に便利
      4. 日本ナンバーワンのセキュリティ水準で取引できる
    2. ミクシィと提携、NFT市場に参入
  8. 暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な3つのポイント
  9. まとめ

チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは?現在の価格

チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは、ブロックチェーンネットワークと外部システム(オフチェーン)とをつなぐミドルウェア(中間処理役)の機能を持ったプラットフォームです。


出典:coinmarketcap(期間:2017年9月から2021年12月まで)

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は2017年にローンチ(新規公開)され、2019年まで目ぼしい動きはありませんでしたが、2020年中頃から大きく躍進しました。

2020年1月の始値は200円前後でしたが、8月には一時2,000円台につけて、7ヶ月で10倍以上の価格になりました。躍進した要因は次の3つが考えられます。

2020年に躍進した主な要因
・多くのDeFi・NFT・ブロックチェーン技術との連携
・Chainlink2.0のホワイトペーパー発表。
・NBAのNFT参入。2021年最高値の5,600円台を更新!
通貨名チェーンリンク(Chainlink)
シンボルLINK
価格3,207.72円/LINK
注目度
取扱取引所ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットバンク(bitbank)
時価総額ランキング16位
公式HP詳細を見る
2022年1月時点

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の特徴や将来性

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は、スマートコントラクトと現実世界のデータを接続することを目的とした分散型オラクルネットワークです。

オラクルとは
・スマートコントラクト(オンチェーン)と、外部(オフチェーン)のデータソースを接続するサービスのこと
外部データの情報源を検証して、情報の橋渡しをするレイヤーのこと

ブロックチェーンネットワークに安全に外部データを取り込める

出典:Chainlink公式サイト

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は「分散型オラクル」のミドルウェア(中間処理役)です。

上記の画像のようにチェーンリンク(Chainlink/LINK)を経由して、外部データとブロックチェーンをつなぎます。

分散型オラクルであるチェーンリンク(Chainlink/LINK)は、取り込もうとする外部データを連結された複数のオラクルで検証することにより、単一の中央管理者・システムの脆弱性を排除し、同時にデータの信頼性を向上させています。

  • 中央集権型オラクルから送られてくる外部データが、間違いなく正しいのか
  • その管理者が信用できるのか

また、これら複数のオラクル運営しているそれぞれのオペーレーターに対して、報酬として暗号資産(トークン)のLINKが支払われる仕組みとなっています。

ブロックチェーン技術を外部システムで活用することができる

出典:Chainlink公式サイト

チェーンリンク(Chainlink/LINK)を使えば、外部データをブロックチェーンに取り込むだけでなく、ブロックチェーンのデータや技術を、PayPalなどの電子決済や銀行決済といった外部システムでも利用できます。

それによってスマートコントラクトのより広い分野での活用など、既存サービスにおける多種多様なブロックチェーン技術の拡張を期待されています。

異なるブロックチェーン同士をつなぐことができる

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は、ブロックチェーンと外部(オフチェーン)を相互につなぐだけでなく、異なるブロックチェーン同士をつなぐことができます。

多くのブロックチェーンは相互に互換性がなく、例えばビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンをそのままの状態でつなぐことはできませんが、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を活用すれば、その問題を解決できます。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は、多くのブロックチェーンが抱える欠点を補い、ブロックチェーンと外部システム(オフチェーン)、またはブロックチェーンとブロックチェーンをつなぐ重要な役割を担っています。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の77のユースケース

チェーンリンク(Chainlink/LINK)のプロジェクトチームは、スマートコントラクトと外部情報をリンク(繋ぎ合わせる)する主な働きにおいて、77のユースケースを打ち出しています。

77のユースケースには、金融、送金、決済、保険、企業データベース、サプライチェーン、行政、個人情報、衛星、AI、公共事業、政府機関などが含まれています。

例えば、スマートコントラクトを既存のPayPalや銀行システムに接続し、金融プロセスの情報を切れ目なくシームレスに統合できます。金融機関の送金を利用し、国境を越えた決済機能のために国際決済メッセージング標準SWIFTを利用することもできます。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は、スマートコントラクトをスマートカーのIoTセンサーデータに接続して、自動車保険を合理化できます。

今後IoTが普及するにつれて、サービスの垣根を越えた様々なシステムやアプリケーションがスマートコントラクトに連結することで、利便性の向上と便利な新サービスの開発が可能になります。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の今後の価格予想、1万、10万、100万になる?

2021年2月、チェーンリンク(Chainlink/LINK)はブロックチェーン技術に限らず、DeFiやNFTといった今注目の技術との連携を発表に伴い、一時期3,800円台になることもありましたが、2021年12月現在は2,400円前後の価格を推移しています。

2020年1月の始値は200円前後でしたが、10倍以上の価格になっています。躍進した要因は次の3つが考えられます。

躍進した主な要因
・多くのDeFi・NFT・ブロックチェーン技術との連携
・Chainlink2.0のホワイトペーパー発表。
・NBAのNFT参入。2021年最高値の5,600円台を更新!

2030年には90,716円の見込み「cryptocurrency price prediction」の予想価格

暗号資産(仮想通貨)の価格予想サイト「cryptocurrency price prediction」は、2025年にはチェーンリンク(Chainlink/LINK)の価格が32,204円(284.99ドル)、2030年には90,716円(802.79ドル)を超えると予想しています。

現在価格を2,400円と仮定すると2030年には約40倍の価格となります。

価格予想のため、90,716円(802.79ドル)に到達しないこともあり得ますし、2022年の早々に達成している可能性もあります。1万円を投資して40倍の価格となると40万円。夢が広がる数字ですね。

チェーンリンク(Chainlink/LINK) cryptocurrency price prediction の価格予想
2022年の価格予想(最高価格)・・・ 7,802円(69.04ドル)
2025年の価格予想(最高価格)・・・ 32,204円(284.99ドル)
2030年の価格予想(最高価格)・・・ 90,716円(802.79ドル)

※2021年12月時点の価格予想(113円/ドルで試算)
参考:価格予想 (cryptocurrencypriceprediction.com)

関連:DeFi(分散型金融)徹底解説!特徴と活用方法、将来性|暗号資産

関連:NFT(非代替性トークン)徹底解説!特徴と活用方法、将来性|暗号資産

\新鮮なビールを自宅で飲み比べ!/
DREAM BEER

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の活用事例(企業、大学などと連携)

2019年にはGoogle Cloudと提携。その後2021年8月に、チェーンリンク(Chainlink/LINK)のネットワークで、Google Cloudが提供する天気データが利用可能になりました。天気をもとにした予測市場や、農業向けの保険などをDeFi(分散型金融)で提供出来るようになる見込みがあるとして、注目を集めています。

これ以外にも、日本発のパブリックブロックチェーンを開発する「ステイクテクノロジーズ」が技術的な連携を行なったり、中国の国家ブロックチェーン・プラットフォームである「BSN(ブロックチェーン・サービス・ネットワーク)」がチェーンリンク(Chainlink/LINK)のオラクルを導入するなど、ユースケースは現在でも増加しています。

取引開始までの流れ【簡単3ステップ】

取引開始までの基本的な口座開設の流れを見てみましょう。

国内取引所はほとんど同じ流れで口座開設ができますので、複数の取引所に口座開設をする場合もぜひ同じような流れになります。

スムーズに口座開設を進めるために、運転免許証などの身分証明書を事前に用意しておきましょう。

①アカウント登録

取引所のホームページより、メールアドレスを入力して、会員登録をします。

②スマホで本人確認

基本情報登録と本人確認書類を提出します。

本人確認書類の表面・裏面を撮ります。本人確認書類とともに自分が写る、セルフィー(自撮り)を送信する取引所もあります。

③最短1日で取引開始

本人確認書類の提出から最短1日で審査が完了します。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

bitflyer

ビットフライヤー(bitFlyer)は、みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けています。

ビットコイン取引量は、国内No.1の暗号資産(仮想通貨)取引所です

取り扱い銘柄14種類(2021年12月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル
6.XEM(ネム)
7.LTC(ライトコイン)
8.MONA(モナコイン)
9.XLM(ステラルーメン)
10.LSK(リスク)
11.BAT(ベーシックアテンショントークン)
12.XTZ(テゾス)
13.DOT(ポルカドット
14.LINK(チェーンリンク)2021年12月中に取扱い予定

新規銘柄チェーンリンク(Chainlink/LINK)が上場(2021年12月中旬)

2021年11月11日、ビットフライヤー(bitFlyer)はチェーンリンク(Chainlink/LINK)の新規上場を発表。

12月中に取扱開始予定です。チェーンリンク(Chainlink/LINK)はビットフライヤー(bitFlyer)の14番目の銘柄になります。

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴

ビットコインFXが利用可能!

「Lightning FX」では証拠金として、現金ではなくビットコインを預けることもできる。仮想通貨で資金効率のよい取引にチャレンジしたい場合には、適したプラットフォームといえます。

セキュリティ対策や補償が明記

暗号資産(仮想通貨)に投資する際に気になるポイントの一つとして、取引所のセキュリティ体制を誇っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)では投資家の個人情報を保護するために、すべてのデータ通信を暗号化している。

さらに、二段階認証を設定した投資家の情報が盗まれて、不正に出金された場合にも補償が用意されている。セキュリティ対策や補填がしっかりと明記されていることは、利用する際の安心感につながるでしょう。

ビットコインがもらえるサービスを展開

ネットショッピングや旅行予約などのサービスを利用する際に、bitFlyer(ビットフライヤー)を経由することで、ビットコインがもらえるサービスを展開している。

楽天やYahooショッピングを筆頭に多くのサービスが対象になっているため、お得にビットコインが得ることができる機会も多いでしょう。

\国内初!ビットコインがもらえるクレカ誕生/

関連:【日本初】『ビットフライヤー(bitFlyer)』クレジットカード開始!キャンペーン

ビットバンク(bitbank)とは

ビットバンクはシンプルで使いやすいデザインの取引ツールを備え、スプレッドの低さ、出入金の便利さが特徴的な暗号資産取引所です。そして充実のマーケット情報を得られるメディアも兼ね備えています。

取引手数料無料キャンペーンなども行なっているため、ビットバンクは口座開設しておいた方がいいおすすめの取引所です。ビットバンクは安いスプレッドで取引ができる取引所として有名で、全ての暗号資産(仮想通貨)取引で安いスプレッドでのトレードが可能です。

スプレッドはビットコインで0.07%、モナコインで0.3%と非常に低い範囲となっています。中には1円未満の注文単位からお試して購入できるアルトコインもあり、初心者の方にもおすすめの取引所です。

取り扱い銘柄12種類(2021年12月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.XRP(リップル
5.LTC(ライトコイン)
6.MONA(モナコイン)
7.XLM(ステラルーメン)
8.QTUM(クアンタム)
9.BAT(ベーシックアテンショントークン)
10.OMG(オーエムジー)
11.XYM(シンボル
12.LINK(チェーンリンク)
\業界で最安手数料/

ビットバンク(bitbank)の利用メリット【3選】

初心者でも簡単・便利に利用できるサービスが充実

ビットバンクのスマホアプリは初心者でも非常に使いやすく設計されていることも特徴です。

チャートはTradingViewがベースとなっているので、描画機能を備え、テクニカル指標も70種類ほど利用することができます。初級者から上級者まで対応している非常に使いやすい取引ツールです。

「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能の提供開始

2021年9月27日(月)より「逆指値」の注文と成行注文(2種類)の機能の提供開始を発表しました。

逆指値とは
・相場が上昇し、指定した価格以上になれば買いとする注文方法
・相場が下落し、指定した価格以下になれば売りとする注文方法
「逆指値注文」と「逆指値成行注文」の違い
・逆指値注文はトリガー価格に到達すると「指値注文」を発注できるのに対し、逆指値成行注文は「成行注文」が発注されます。
・逆指値注文は指値注文で指定した価格よりも不利な価格で約定することはありませんが、逆指値成行注文はトリガー価格と乖離した価格で約定する可能性があります。
・逆指値注文では値動きの状況によっては約定しない場合があります。

「逆指値注文」は、仕事や就寝時などチャートから長時間目を離した時でも、指定した任意の価格到達時に機械的な決済ができる便利な機能。

保有ポジションにおける利益確定ラインの取り決めや損切りラインのリスクをあらかじめ限定できるため、特に乱高下の激しい相場で役立つことが多いです。

bitbankは、板取引中心で取り扱い銘柄数も多いため、使い勝手の良い取引所として国内トレーダーから人気を博しており、「逆指値注文」の実装が待望されていました。

通常の指値注文である「指定した価格以下で買い」、「指定した価格以上で売り」と逆の注文方法であることから「逆指値注文」と呼ばれています。

暗号資産(仮想通貨)の情報収集に便利

ビットバンクが運営しているメディア「bitbank MARKETS」では、市況・市場分析、調査レポートが1日に2~3本投稿されており、ビットバンクで取引できる銘柄を中心にマーケットアナリストによる客観的な分析を見ることができます。

テクニック分析とファンダメンタル分析を短期、中長期の視点で解説しているため、非常に有益な情報となっています。暗号資産取引をこれから始める方は、レポートに目を通すだけでも仮想通貨市場の主要なトピックを把握できると思います。 

ビットバンクのニュース速報は、暗号資産トレードのマストアイテムとなるでしょう。

日本ナンバーワンのセキュリティ水準で取引できる

暗号資産取引所のセキュリティレベル審査でビットバンクは日本ナンバーワンとなりました。ハッキングへの耐性が最も高い取引所のため、利用者は安心して仮想通貨の取引が行えます。

仮想通貨取引所の中には入出金に時間が必要な取引所もありますが、ビットバンクでは24時間体制で日本円や仮想通貨の出入金が可能となっています。

法定通貨の入金手数料は基本的に無料、出金手数料は日本円で550円、3万円以上は770円が必要となります。

ミクシィと提携、NFT市場に参入

ビットバンク株式会社は2021年9月に東証1部上場企業である株式会社ミクシィとの資本業務提携を発表しました。

ミクシィは、約70億円を出資することで株主となり、ビットバンク株式会社は、ミクシィ社とセレス社の「持ち分法適用関連会社」となります。

ビットバンクの廣末紀之社長は記者会見で、資金調達の背景について「財務基盤の強化」「新規事業への投資」の2つがあると説明しています。

新規事業への投資とは
IEO(Initial Exchange Offering)、ステーキング、カストディ、L2(レイヤー2)決済などを例として挙げ、新規事業の創出に意欲を示しています。
・ゲーム業界とNFT市場とのシナジーの高さを強調しつつ、ミクシィのIP(知的財産)を使用したNFT市場の参入や新たなブロックチェーンゲームの開発も示唆しています。

日本を代表するIT企業との資本業務提携により、今後、これまで以上に盤石な取引所の運営体制と、上記の新規事業の開発が加速していくことが期待されます。

\業界で最安手数料/

関連:ビットバンク(bitbank)徹底解説!評判、取引所の開設方法・始め方

暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な3つのポイント

使いやすい取引所の選び方
・取引できる通貨の種類は多いのか
・使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
・取引手数料が「本当に」安いのか

日本の取引所は金融庁の認可・二段階認証に加えて、マルチシグ・SSL暗号化通信などを整っています。高いセキュリティ体制を構築しています。

今回、紹介したのは、ビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)です。

まとめ

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は現実のデータだけでなく異なるブロックチェーンやDappsの中間処理役としても機能するため、汎用性が非常に高いです。

簡単にいうと電子決済や銀行口座の管理がスマートコントラクトと既存データ両方で管理できるからより簡単に使えて安全性も高い銘柄です。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)を購入できるおすすめの国内暗号資産(仮想通貨)取引所はビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)の2社です。

\国内初!ビットコインがもらえるクレカ誕生/

関連:コインチェック(Coincheck)徹底解説!評判、取引所の開設方法・始め方

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報をわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:【登録必須の取引所】厳選4社を徹底解説|暗号資産(仮想通貨)の始め方

関連:コインチェックIEO第2弾!フィナンシェトークンの仕組みや特徴、将来性、FiNANCiE

関連:パレットトークン(PLT)徹底解説!特徴と価格予想、コインチェック国内初IEO大成功!

関連:シンボル(Symbol/XYM)徹底解説!特徴と将来性|ネム(NEM/XEM)の上位互換

関連:ポルカドット(Polkadot/DOT)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:リップル(XRP/ripple)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

コメント

タイトルとURLをコピーしました