大手取引所バイナンス決済サービス「BinancePay(バイナンスペイ)」、支払いに対応|33銘柄|暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)

Binance Payが小売店の決済に対応

大手の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンス(Binance)は2021年3月12日に決済サービス「Binance Pay(バイナンスペイ)」が、小売店の支払いに対応したことを発表した。

ユーザーはBinance Payを導入した世界の小売店で利用手数料を必要とせずに、暗号資産(仮想通貨)を支払いに利用することが可能になる。

Binance Payはバイナンスが設計した暗号資産(仮想通貨)決済の技術で、バイナンスのアプリで利用できる機能。

友人や家族に暗号資産(仮想通貨)を送ったり、受け取ることもできる。電子マネー(PayPay等)の暗号資産(仮想通貨)版と考えると想像しやすいかもしれない。

2021年2月には、このP2P形式の取引機能だけ提供を開始していた。

利用者は「Binance.com」の本人確認手続き済みのユーザーに限定している。

Binance Pay(バイナンスペイ)に対応している仮想通貨の33銘柄

BTC(ビットコイン)、BNB(バイナンスコイン)、BUSD(ステーブルコイン)、ETH(イーサリアム)、ADA(カルダノ)、ATOM(アトム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、DASH(ダッシュ)、DOGE(ドージコイン)、DOT(ポルカドット)、EOS(イオス)、ETC(イーサリアムクラシック)、FIL(ファイルコイン)、HBAR(ヘデラハッシュグラフ)、LINK(リンク)、LTC(ライトコイン)、MATIC(マティック)、NEO(ネオ)、PAX(パクソス)、QTUM(クアンタム)、TRX(トロン)、TUSD(トゥルーユーエスディー)、UNI(ユニスワップ)、USDC(ユーエスディーコイン)、VET(ヴィチェーン)、WRX(WRXコイン)、XLM(ステラルーメン)、XMR、XRP(リップル)、XTZ(テゾス)、ZEC(ジーキャッシュ)、USDT(テザー)、SXP(スワイプ)

海外の暗号通貨(仮想通貨)の大手取引所のバイナンスで購入可能です。日本語にも対応していて、取引手数料も安いので使いやすいです。

Binance Pay(バイナンスペイ)に今回、採用されなかった銘柄でも、今後チャンスはあるかと思います。

IOST(アイオーエスティー)など、時価総額の伸びが期待できる銘柄が採用された場合、高騰が期待されます。気長に待ってみましょう^ ^

IOST(アイオーエスティー)は日本でも様々な分野ですでに活用されていること、将来的な活用機会、新たな暗号資産(仮想通貨)取引所に上場する可能性もあり、さらに価格は上がっていくことでしょう。

関連記事:【価値が10倍以上】暗号資産(仮想通貨)IOSTの今後の価格予想と将来性

コインチェック

暗号資産(仮想通貨)を活用した金融サービスのデジタル化

2021年2月にベータ版をローンチしてからすでに約25万ユーザーがBinance Payを利用したという。利用できる法定通貨は豪ドル、ブラジルのレアル、ユーロ、英ポンド、トルコリラだ。

バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称:CZ)は、従来の決済インフラは手数料が高いという問題意識を抱えており、Binance Payでこの問題を解決したいと説明。

金融サービスはデジタル化が進んでいる。将来的に暗号資産(仮想通貨)はこの変化の中心的な存在になり、世界のより多くの人々が恩恵を受けられるようになるだろう。

バイナンス Changpeng Zhao最高経営責任者

ユーザーはBinance Payとバイナンスの現物ウォレットとの間で資産を即座に移動でき、現金を希望の銀行口座に出金することも可能。

Binance Payを最初に導入した宿泊予約サイト「Travala.com」では、2021年3月12日から決済に利用できるようになっており、今後は順に利用できる小売店を増やしていく計画。

【口座開設の無料はこちら】暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(binance)

【口座開設 無料】暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)

関連:コインチェック(Coincheck)とは?特徴、おすすめポイント|暗号資産(仮想通貨)取引所

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました