IEO第2弾始動!コインチェック(Coincheck)徹底解説!始め方、評判、口コミ

暗号資産(仮想通貨)

実際に国内の暗号資産(仮想通貨)取引所11社を利用した私が選ぶ初心者向けのおすすめ取引所であるコインチェック(Coincheck)を紹介します。

使いやすい取引所の選び方
・使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
・取引できる通貨の種類は多いのか
・取引手数料が「本当に」安いのか

コインチェックでは、国内初のIEOで大成功をおさめ、第2弾が実施されます。申し込みを検討している方は、コインチェック(Coincheck)で口座開設しておくことをおすすめします。(申し込みが殺到することが予想されるため)

【速報】Coincheck IEO第2号案件始動! コインチェックとフィナンシェはIEO第2弾に向けた契約を締結しました。期待したいですね!

この記事ではこれから暗号資産の投資を始めるにあたり、初心者のあなたにぴったりな取引所コインチェック(Coincheck)を紹介します。

\国内初IEOで大成功!第二弾にも期待大/

  1. 【コインチェック(Coincheck)】初心者向けのおすすめ取引所
  2. コインチェック(Coincheck)とは
    1. 東証一部上場企業マネックスグループの企業理念とは
    2. コインチェックのサービス概要
      1. 国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリのダウンロード数No. 1
      2. 国内最大17種類の暗号資産(仮想通貨)が約500円から購入可能
      3. 最短10秒スマホから簡単に購入可能
    3. コインチェックが選ばれる理由【3選】
      1. 使いやすさと安心感
      2. 取り扱い銘柄数が国内最多
      3. 初心者向けのサービスも充実
  3. 取引開始までの流れ【簡単3ステップ】
    1. ①アカウント登録
    2. ②スマホで本人確認
    3. ③最短1日で取引開始
  4. 暗号資産(仮想通貨)取引所口座を開設する
    1. メールアドレスとパスワードの設定
    2. 重要事項の確認と承諾
    3. SMS認証(電話番号の認証)
    4. 本人確認書類の提出
  5. Coincheck IEO日本初の第1弾で大成功!第2弾にも期待大
    1. 日本初「Coincheck IEO」第1弾、大成功!
    2. 速報!IEO第2弾!コインチェックとフィナンシェ、IEOに向けた契約を締結 
      1. フィナンシェについて
      2. 國光 宏尚氏は最も暗号資産(仮想通貨)に精通する経営者
  6. CoincheckでんきとCoincheckガス
    1. Coincheckでんき
    2. Coincheckガス
  7. コインチェックの評判(良い口コミ・悪い口コミ)
    1. 評判の良い口コミ
      1. コインチェックの親会社が一部上場企業で安心
      2. スマホアプリが使いやすい&分かりやすい!
      3. 貸仮想通貨(暗号資産)サービスの利率が高い!
    2. 評判の悪い口コミ
      1. レバレッジ取引に対応していない
  8. 暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な3つのポイント

【コインチェック(Coincheck)】初心者向けのおすすめ取引所

取引所
使いやすさ
銘柄数17種類
手数料無料
取引額500円
メリット銘柄取扱 国内最大
・初心者にオススメ!
・ダウンロード国内No. 1
Coincheck IEO第2弾始動/
公式サイト詳細を見る

コインチェック(Coincheck)とは

国内大手取引所「コインチェック」は、2018年に、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入っていて、金融庁に認可された安全性の高い仮想通貨交換業者です。

IOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の17種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。

また、日本初の試みとしてコインチェックでパレットトークン(PLT)のIEOが実施され、大成功を収めました。

Coincheck IEO 第一弾で大成功した理由
・日本国内初のIEOという付加価値
・将来有望な銘柄を厳選したうえでIEOを実施
当初4.05円の価格から上場後すぐに高騰
当初から23倍の価格95円を叩き出す

関連:IOST(アイオーエスティー)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:コインチェックIEO第2弾!フィナンシェトークンの仕組みや特徴、将来性、FiNANCiE

関連:パレットトークン(PLT)徹底解説!仕組みや特徴、将来性、価格予想

\最短5分で申し込み完了!/

東証一部上場企業マネックスグループの企業理念とは

MONEXとはMONEYのYを一歩進め、一足先の未来の金融を表わしています。 
常に変化し続ける未来に向けて、ネックスグループは、最先端のIT技術、世界標準の金融知識を備え、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインし、更には新しい時代の金融を再定義し、全ての個人の投資・経済活動をサポートすることを目指しています。

出典:マネックスグループ HP

コインチェックのサービス概要

コインチェックでは、取引所と販売所という2つの機能を備えています。

暗号資産(仮想通貨)取引所とは
買い手と売り手が直接板取引を行えるもので、手数料が安い代わりに最低限のトレード知識と手間がかかります。コインチェックでは取引手数料は無料です。
暗号資産(仮想通貨)販売所とは
取引所が仮想通貨をユーザーに販売するサービス。簡単かつ即座に購入可能な代わりに、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が存在します。

国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリのダウンロード数No. 1

国内最大17種類の暗号資産(仮想通貨)が約500円から購入可能

最短10秒スマホから簡単に購入可能

コインチェックが選ばれる理由【3選】

暗号資産(仮想通貨)初心者や投資家が抑えておきたい、3つのメリットを紹介します。

使いやすさと安心感

コインチェックは初心者向けに作られており、国内取引所のなかでも、販売所のデザインやアプリの使いやすさで知られ、初心者におすすめの取引所です。

専用のスマホアプリの見やすさには定評があり、特にウィジェット機能の騰落率は多くのトレーダーが重宝しているのではないでしょうか。

出典;コインチェックのウィジェット機能

販売所では、ローソク足の見方や板取引のやり方がわからない初心者でも、手軽に仮想通貨を売買可能です。

スプレッドの開きがあるものの、簡単売買の使いやすさは国内や海外の取引所と比較しても、大きく抜きん出ていると言えるでしょう。

また、コインチェックは、2018年1月に発生した仮想通貨ネムの不正流出事件を受け、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入りました。このため、国内有数の資本力と金融ノウハウを持つマネックスグループの安心感があります。

関連:コインチェック、日本初のIEOに向けエンタメ特化形チェーン「Palette」のテストネット参加

取り扱い銘柄数が国内最多

 

コインチェックは国内の取引所の中でも新しい暗号資産(仮想通貨)のアルトコインの上場に積極的です。

XLM(ステラルーメン)やIOST(アイオーエスティー)などを国内で最初に取り扱ったほか、取り扱い銘柄数も国内最多の17種類であり、今後もこの方針はつづくでしょう。

取り扱い銘柄17種類(2021年12月時点)
1.BTC(ビットコイン)
2.BCH(ビットコインキャッシュ)
3.ETH(イーサリアム)
4.ETC(イーサリアムクラシック)
5.XRP(リップル
6.XEM(ネム)
7.LTC(ライトコイン)
8.MONA(モナコイン)
9.XLM(ステラルーメン)
10.LSK(リスク)
11.FCT(ファクトム)
12.QTUM(クアンタム)
13.BAT(ベーシックアテンショントークン)
14.IOST(アイオーエスティー
15.ENJ(エンジンコイン)
16.OMG(オーエムジー)
17.PLT(パレットトークン

コインチェックではビットコイン取引所の取引手数料が無料です。指値注文で頻繁に取引を行うトレーダーにはありがたい仕様です。

また、コインチェックは新しい銘柄だけでなく、新しい資産に対しても意欲的な姿勢を見せています。ブロックチェーンゲームなど様々な業界で導入が進むNFT(non-fungible token)に関して、コインチェックは取引するためのマーケットプレイスを2021年3月に開設しています。

関連:NFT(非代替性トークン)徹底解説!特徴と活用方法、将来性|暗号資産

初心者向けのサービスも充実

『Coincheckつみたて』サービスでは、「暗号資産を保有したいが、忙しくて手が回らない」「取引所の板取引はよくわからない」そのようなニーズに答えるため、コインチェックでは、株式でいう積立NISAと同じようなサービス暗号資産(仮想通貨)の積み立て投資のプランを導入しています。

積み立て投資とは
「ドル・コスト平均法」とも呼ばれています。
一定金額かつタイミングを分散して定期的に買い続けることで、安定して資産を増やすのに向いていることから、長期的な資産形成に向いているというメリットがあります。

コインチェックでは、月10万円までの積み立てが可能で、500円単位で金額を選ぶことができます。

長期保有している仮想通貨を有効利用する手だてとして、貸仮想通貨サービスも行っています。

ほかにも、『Coincheckガス』や『Coincheckでんき』など、生活インフラと直結したサービスもあるので、役立つものはないかチェックしておきましょう。

コインチェックでは、ほかにも最大年率5%の貸仮想通貨(レンディング)サービスがあり、資産運用の面でもサービスが充実しているといえるでしょう。

取引開始までの流れ【簡単3ステップ】

スマホで最短1日で取引開始可能。

①アカウント登録

スマホを使って会員登録をします。

②スマホで本人確認

基本情報登録と本人確認書類を提出します。

③最短1日で取引開始

本人確認書類の提出から最短1日で審査が完了します。

暗号資産(仮想通貨)取引所口座を開設する

今回は初心者に分かりやすく、数多くの仮想通貨を取り扱う『コインチェック』での口座開設の方法を解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設の流れ
1. メールアドレスとパスワードの設定
2. 重要事項の確認と承諾
3. SMS認証(電話番号の認証)
4. 本人確認書類の提出

メールアドレスとパスワードの設定

コインチェック公式サイトへ行き、「口座開設(無料)はこちら」をクリックします。

次に表示される画面でメールアドレス、パスワードを入力して「登録する」をクリック。

コインチェックからメールが届くので、URLをクリックしてメールアドレスを認証します。

これでメールアドレス・パスワードの登録は完了です。

重要事項の確認と承諾

メールアドレス認証後、以下の画面で『各種重要事項を確認する』をクリック、各項目を確認します。

SMS認証(電話番号の認証)

続いてSMSで電話番号認証を行います。

電話番号の欄に登録する携帯電話番号などを入力して、『SMSを送信する』をクリックします。
すぐに6ケタの認証コードが送られてくるので、『送信された認証コード』欄に入力して認証しましょう。

本人確認書類の提出

口座開設には以下の本人確認書類のうち、どれか1点が必要です。

本人確認に必要な書類一覧(どれか一点でOK)
・運転免許証
・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの限定)
・パスポート(顔写真のあるページと住所のページが必要)
・住民基本台帳カード
・個人番号(マイナンバー)カード
・在留カード特別永住者証明書

本人確認書類の提出には、コインチェックのアプリを使った『かんたん本人確認』が便利です。
問題なければ即日口座開設でき、すぐに使えるようになりますよ。

『かんたん本人確認』のやり方動画はこちらです。

Coincheck IEO日本初の第1弾で大成功!第2弾にも期待大

コインチェック(Coincheck)で実施された国内初のIEOの第一弾で大成功をおさめました。

国内初IEOで大成功をおさめ、第二弾が実施されます。申し込みを検討している方は、コインチェック(Coincheck)で口座開設しておくことをおすすめします。(申し込みが殺到することが予想されるため)

【速報】Coincheck IEO第2号案件始動! コインチェックとフィナンシェはIEO第2弾に向けた契約を締結しました。期待したいですね!

日本初「Coincheck IEO」第1弾、大成功!

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェック(Coincheck)は、2021年7月1日に「Coincheck IEO」で日本初の試みとしてIEOを実施。パレットトークン(PLT)の購入権の抽選は7月20日に行われ、コインチェック(Coincheck)2021年7月29日上場しました。

IEO(Initial Exchange Offering)とは
IEO とは企業・プロジェクトによるトークン発行を通じた資金調達を支援すること

抽選申し込みでは、開始後わずか6分で目標金額の「9億3,150万円」を調達しました。最終の申し込みの抽選倍率は24.4倍に上りました。

パレットトークン(PLT)は、7月29日上場後、一時は販売価格4.05円/PLTの約11.5倍となる46.1290円を記録しました。その後も需要が集まり、公募価格の23倍となる約95円に達するなど活況を呈していました。現在、50円程度を推移しています。

日本の暗号資産投資家がより安全かつ簡単に国内外の有望なプロジェクトへ参加できる環境を提供することで、暗号資産・ブロックチェーン関連のプロジェクトを支援し、暗号資産市場の更なる発展に貢献してまいります。

2021年6月24日コインチェックプレスリリースより

今後の国内IEO第二弾にも期待したいですね。

速報!IEO第2弾!コインチェックとフィナンシェ、IEOに向けた契約を締結 

2021年11月29日、コインチェックのプレスリリースでIEO第2弾に向けた契約を株式会社フィナンシェと資金調達に向けた契約を締結したとの発表がありました。

内容は2022年夏までに「フィナンシェトークン」を販売。プラットフォームトークンの活用によりファンや顧客との新しい関係構築を目指すというものです。

フィナンシェが目指す「会社がいらない”個の時代”における、ファンや顧客との新しい関係の構築」をコインチェックとして支援していくとのこと。

フィナンシェについて

株式会社フィナンシェは、ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開しており、トークン(FT&NFT)の発行、企画・運用により新しい価値を生み出すトークンエコノミーの実現を目指しています。

株式会社フィナンシェとは
会社名      フィナンシェ|FiNANCiE https://financie.jp/
代表者      國光 宏尚
設立日      2019年1月
所在地      東京都渋谷区26-1セルリアンタワー15F
お問い合わせ先  https://bit.ly/2TLINyc

現在は、J1サッカークラブである湘南ベルマーレやアビスパ福岡のプロサッカークラブやTリーグ優勝の卓球プロチーム琉球アスティーダなどのスポーツクラブのトークンを中心として、100名以上の発行者(個人、クラブ、プロジェクト)のトークンの発行・販売、企画・運用を行っています。

フィナンシェは今後、スポーツクラブを対象とする事業の他に、一定のファンを抱える映画やアニメなどのエンターテインメント事業者にも、トークン型クラウドファンディングなども検討されています。また、同社ではクラブトークンだけでなく、NFTの発行・運用も行っており、NFTの流通の面で「Coincheck NFT(β版)」との連携なども見込まれます。

國光 宏尚氏は最も暗号資産(仮想通貨)に精通する経営者

フィナンシェの代表取締役である國光 宏尚氏は、上場企業gumiの創業者であり代表取締役社長(2021年7月に退任)。これまで暗号資産(仮想通貨)関連のファンドで出資を進めてきました。

ブロックチェーンをはじめ、NFT(非代替性トークン)、DeFi(分散型金融)などのイーサリアム(ETH)経済圏含め暗号資産(仮想通貨)に精通する経営者として有名です。

CoincheckでんきとCoincheckガス

コインチェックは「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」というサービスも提供しています。

Coincheckでんき

Coincheckでんきは、電気料金の支払いをコインチェックを通じて行うと割引、もしくは料金の一部がビットコインで還元されるサービスです。

ビットコインで還元されるサービスは2種類(ビットコイン付与プラン、ビットコイン決済プラン)から選ぶことができます。

ビットコイン付与プランは毎月支払った電気料金の1~7%相当額のビットコインが付与されるプランです。

ビットコイン決済プランは電気料金をビットコインで支払うことで、電気料金が1~7%割引されるというものです。

沖縄や離島を除いた全ての地域で対応しており、国内外で実績のある電力会社と提携しているため安定した電気を提供可能です。

Coincheckガス

CoincheckガスもCoincheckでんきと同じく、ガス料金の支払いをコインチェックを通じて行うと、割引、もしくは料金の一部がビットコインで還元されるサービスです。

ビットコイン付与プランは、毎月支払ったガス料金の3%相当額のビットコインが付与されます。ガス料金は東京ガスと同じです。

ビットコイン決済プランは、後者はガス料金をビットコインで支払うことで、東京ガスのガス料金が3%割引されます。

コインチェックの評判(良い口コミ・悪い口コミ)

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶにあたり、利用者の口コミは大変参考になる情報だと思います。

AppStore でのコインチェックの良い口コミと悪い口コミを抜粋して紹介するので、口座開設の参考にしてください。

2021年9月25日時点で総合評価が4.3点(評価数8.6万件)と桁違いの評価をいただいており、満足度の高い取引所となっています。

評判の良い口コミ

コインチェックの親会社が一部上場企業で安心

コインチェックのNEM流出事件では、約580億円相当の資金が外部に流出しましたが、Coincheckはなんとその全ての金額を顧客に補償しているんです!

セキュリティ面でも一部上場企業である「マネックスグループ」が親会社になった影響は大きいです。

スマホアプリが使いやすい&分かりやすい!

貸仮想通貨(暗号資産)サービスの利率が高い!

コインチェック(Coincheck)の行っている貸仮想通貨(暗号資産)サービスの評判がかなり良く、「銀行より利率が良いから、長期保有なら良いかも!」という声が多くありました。

銀行の場合、利率は微々たるものですが、コインチェックの貸仮想通貨サービスなら、年利換算すると非常に高いです!

評判の悪い口コミ

レバレッジ取引に対応していない

レバレッジ取引で大きなリターンを狙いたいユーザーにとっては不向きです。

悪い口コミを見ると、ほとんどが口座開設時の本人確認や、アプリのバージョンアップ後のログインに関連することが見受けられました。

参考までですが、私は2017年からコインチェック(Coin check)アプリを利用して5年目になりますが、上記のようなログインや表示に関して使いにくさを感じたことはないです。

使いやすさの評価基準は人それぞれなので、複数の暗号資産取引所で口座開設し、自分に合ったアプリを見極めるのも1つだと思います。

関連:登録必須!暗号資産/仮想通貨取引所【厳選4社を徹底比較】

暗号資産(仮想通貨)取引所選びを失敗しないため|重要な3つのポイント

使いやすい取引所の選び方
・取引できる通貨の種類は多いのか
・使いやすく出金・送金がスムーズに行えるか
・取引手数料が「本当に」安いのか

日本の取引所は金融庁の認可・二段階認証に加えて、マルチシグ・SSL暗号化通信などを整っています。高いセキュリティ体制を構築しています。

\最短5分で申し込み完了!/

当ブログでは、投資や暗号資産(仮想通貨)などの役立つ情報ををわかりやすく解説しています。

他の記事もあわせてご覧いただけたら嬉しいです!

関連:暗号資産(仮想通貨)は資産?外貨、株式、FX、不動産投資との違い

関連:IOST(アイオーエスティー)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:パレットトークン(PLT)徹底解説!特徴と価格予想、コインチェック国内初IEO大成功!

関連:シンボル(Symbol/XYM)徹底解説!特徴と将来性|ネム(NEM/XEM)の上位互換

関連:ポルカドット(Polkadot/DOT)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

関連:リップル(XRP/ripple)徹底解説!特徴と価格予想、将来性

コメント

タイトルとURLをコピーしました